☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
石井隆

yokosukarokku

  インタビュー記事やDVDの音声解説及び対談、そこから透けて見える私生活。これらをマイナス・イメージで表現すると、愚痴っぽい、コンプレックスが強く粘着気質、後悔の人。

  自作のDVD特典映像において「いかに不本意な映画であったか」、その顛末を語る監督なんてこの人ぐらいじゃないでしょうか。新作宣伝のために受けたインタビューで身内の遺産相続を巡る争いに言及したこともあります。「エロ劇画家」と呼ばれたことへの積年の思いを語ったこともあります。お世話になったお礼にと自分の本を贈呈したところ、「あんなものを自宅に送ってもらっては困る」と言われたと、その悔しさを語ったことも。
エロ劇画家と呼ばれつつ高収入を得ていたこの人が長年の夢であった映画の道へ進んだ経緯についてこう語っています。大学3年のときに学生結婚した奥方を亡くした直後のインタュー。
「ロマンポルノから『天使のはらわた』の誘いが来たとき、実は三日前に東映からも来てたんだ。でも、東映は名前……タイトルと名美と村木を貸してくれ、後はこっちでやるから、と。でもにっかつは「原作を全く変えません」って言ってくれたんですね。それでにっかつでお願いしますとなったんだ。ギャラは全然東映の方がよかったのにね。つまり映画に関しては、お金よりも何より自分の意志を尊重することに先ず徹する事にしたんです。でもこのお金にこだわる事を潔しとしない性格が最愛のひと(妻)を結果的に不幸にしてしまったんです。カッコイイシィのオオバカもんですよ、俺は。」
奥方は小学校時代の初恋の人だったといいます。先立たれた淋しさを紛らすために毎晩酒を飲み続けたともいいます。

  「男尊女卑の壁を打ち破って自立していく女を描いて来た。男の暴力がいかに女を傷つけるかを描いてきたのに、原因としての男の性的暴力を描いたらエロ劇画としてしか見られなかった。」
粘着気質のロマンティスト。であればこそ、村木と名美のあの濃密なドラマが生まれる。おしゃれで軽い関係なんてお呼びじゃありません。わからない人には徹底的にわからない。日本映画らしさの極に位置する作家。

石井  この人が関わった映画の中で個人的なベストは、相米慎二監督の『ラブホテル』。続いて曽根中生監督の『天使のはらわた 赤い教室』。「村木と名美なんか知ったことか。」の人にも人気の高い『GONIN』をもってしても、これらの脚本作を超えてはいないように思います。
これだけ素晴らしい絵の撮れる監督をこのままにしておくのは、あまりにももったいない。制作後に愚痴の出ないような環境を整え、いつか自身の監督作で自身の最高作を撮り上げて欲しい、と切に願っているんですが、、、、、。

ということで、次回からは石井隆監督特集。ただし『天使のはらわた』シリーズは別途『天使のはらわた』特集として採り上げます。その他の脚本作も機会を改めて。とりあえずは監督作品の特集です。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



 
スポンサーサイト

テーマ:映画監督 - ジャンル:映画

TOP
望月六郎
  小説家にしても映画監督にしても、賞味期限は10年がいいとこだと聞いたことがある。クリエイターとしてのピークはそんなもの。もしそれ以上その世界の第一線で生き残れたとしたら、名匠・巨匠。、、、、、、、あるいは重宝される職人芸。

望月

  望月六郎。この監督の始まりはピンク映画の脚本家。1983年と1984年だけでも8本の脚本(大手にっかつ制作、あるいは配給作品も含む)が採用されています。1984年に1本だけ助監督を経験したのち、1985年には監督デビュー。1986年のにっかつ配給作品『愛奴人形 い・か・せ・て』まで4本の映画を監督。これを最後にア●ルト・ビデオ界(コメント欄に悪戯する人たちの検索にひっかかりたくないので伏字にします。申し訳ありません。)に転進します。120本ぐらい作ったらしい。
とりあえずは金になったからでしょう。でも気持ちは、、、、、、。この辺のことは1991年の自伝的自主映画『スキンレスナイト』に詳しく描かれています。この作品が評判を呼び、それ以後一般映画の世界へ(低予算のOV含む)。『極道記者』でブレイクしたのちはしばらく好調。
しかし何とか観られるのは1999年の『皆月』 あたりまで。 それ以後はどうしちゃったの?状態。『スキンレスナイト』から10年ってとこですか。引き出しなくなっちゃたんでしょうかね。
2004年あたりからは再び精力的にア●ルト・ビデオを制作している様子。パッケージに《望月六郎作品》と謳って。うーん。
この監督も「一般映画だろうとピンク映画だろうと何も変わらない」という監督ではありますけどね。『スキンレスナイト』の中で「映画もアダルトもどっちもやるんだよ。」とは言ってますけどね。でも、ことア●ルト・ビデオに関しては不満とするところを語り、事実として一般映画への転向を果たしていたわけです。一般映画で名を上げたおかげで何の制約もなしにア●ルト・ビデオ作れるようになったんでしょうか。もしそうであるなら、一般映画業界におけるその後のいきさつを『スキンレスナイト2』で語ってほしいものです(笑)
 ま、私にとっては『スキンレスナイト』、『極道記者』、『新・悲しきヒットマン』、『鬼火』、『恋極道』の5本だけで名匠と呼べちゃう人なんですけど。

  ってことで、次回からは海外での評価が高い望月六郎の特集です。

  ピンク映画ファンの目に触れると馬鹿にされそうですが、その手の映画を1本も観たことのない方々のために説明しておくと、
「ピンク映画とア●ルト・ビデオって全くの別物」ですので。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ




テーマ:映画監督 - ジャンル:映画

TOP
黒沢清

KurosawaKiyoshi


  黒沢清。不条理で放りっぱなしな(幾つかの)作品で高名な映画監督。哲学的・観念的に映画をとらえる観客からはおおむね評価が高い。一方で、「何が言いたいのか。」が明解であることを良しとする観客や、道徳的健全性を良し悪しの評価基準とする観客からは「わけわからん。」のそしりを浴びている。

  「じゃ、お前はあれらの映画をわかっているのか?」と言われれば、実に心もとないです。だからと言って、楽しめないわけでもありません。何が言いたいのかを類推するのりしろが大きい映画があってもいいですし、、、もっと言ってしまうと、「何も言いたいことのない映画」があっても構わないだろうと。
例えば「言いたいことなど何もない。ただ単にこのシーンでは、こういう風に撮ってみたかった。この映画は頭から終わりまでそんなもの。」だとして、それを観た観客が「ああでもない、こうでもない。」
その反応を楽しむために作った、実はそれこそが製作意図である映画、なんてのもあっていいなと思うわけです。

  黒沢監督作品に関して個人的なことを言えば、「何が言いたいか」はあまり気にしていません。それより、この監督が作り出す空気感が好きで、毎回それを堪能させてもらっています。それがどんな空気感であるかを説明するのはとても難しいんですが。
以前、この監督が 『ダンス・ウィズ・ウルブズ』 をクサす一方で 『ワイルド・アパッチ』 を絶賛していて、その言葉一つ一つを目にした時に「あぁ、この監督、心のどこかに絶望が棲んでるな。」と感じたことがあり、、、、、
ま、ご同類のニオイがしただけで、確かな根拠はありませんけどね。

ということで、次回はこの監督の作品。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ




テーマ:映画監督 - ジャンル:映画

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。