☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
蛇の道








    黒沢清作品、2本だけで中途半端のまま。
    なので、少しばかり特集してみようかと。
    次回の作品はこれ。
     記事投稿まで
      しばらくお待ちください。







☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
花と蛇2 パリ/静子



著名な美術評論家、遠山隆義(宍戸錠)の最愛の妻、静子(杉本彩)。互いに確かな愛情で結ばれた2人だったが、年老いた遠山に35歳年下の静子を充たす夜の生活を送ることは叶わなかった。そんなある日、遠山は死んだ画壇の長老(品川徹)が秘かにCGで描いていた春画を目にする。それはすべて、妄想で描いた静子がモデルの緊縛絵だった。その絵に触発された遠山は、静子の内面に潜む熱い性愛の情をこの目で確かめたいとの倒錯した欲望に囚われる。一計を案じた遠山は、才能がありながらパリで不遇をかこつ若き画家、池上亮輔(遠藤憲一)のもとに静子を向かわせるのだった…。

  つまり夫の宍戸錠は根っからのS趣味ではない。妻の杉本彩もそんな夫の望みを叶えるべく陵辱に耐える。
うるわしい夫婦愛の話ってわけなんですが、、、、。お二人の顔を立てた物語、あるいは杉本彩を再び裸にするための言い訳と言えなくもない。
というのも、杉本彩が清純で貞淑な妻という、既にその一点に無理があるんですね。普段のキャラが強烈過ぎるし、そのキャラを無きものにできるほどの演技力もない。脱ぐ気満々の貞淑妻って感じかな。あり得んでしょう。
前作よりストーリー性を持たせたばかりに、その辺の弱さがかなり気になります。
というか、遠藤憲一の妹役で出演している不二子のほうが魅力的(役柄はアホですが)。早速『肌の隙間』と『煙が目にしみる』をレンタル。

  絵ヅラはいつもの石井隆調で、志の低いそのものズバリのAVなんかとは比べ物になりません。そこが一番の見所であることは前作と同じ。
うんざりするほど女の裸を観たい方にお薦めします。。。。。。。。私は文字通りうんざりしました(笑)

  喜多嶋舞を主役にして新作を撮るらしい石井監督。当然裸ありで、そこだけ注目浴びることになるんでしょう。もうそういう映画しか撮れないんでしょうか。志高く自らのプロダクションを設立したものの、存続させなくちゃなりませんものね。作品的には裏目に出ているようで悲しい。

35点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ




テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
花と蛇



  ウ~ン 困った。私にこの映画について語る資格があるんでしょうか。

  ①基本的にSMとやらに興味がありません。陵辱はともかく、羞恥心を失う(あるいは捨てる)ことで女として開発されるというのは理解できるものの、、、、、ただ、それでもやはり、基本的に痛いのは嫌なんですね(笑) 
そこまでいくと私の理解を超えてます。

  ②SM映画にも興味がありません。
ロマンポルノの昔まで遡れば、石井隆が脚本を書いたSM映画が3本あります。
『団鬼六 少女木馬責め』、、、、、、、主人公の男女の名前が村木名美
『縄姉妹 奇妙な果実』、、、、、、、、主人公の男の名前が村木
『赤い縄 ~果てるまで~』、、、、、、主人公の女の名前が名美
一応全部観てますけど、どれもこれも「なんだかなぁ。」 石井隆の映画に陵辱はつきものですが、それとSMはまた別個のもので、どうもこの人に向いている分野だとは思えません。

  ③うさぎの耳をつけて歌っていた頃(古ッ!)の杉本彩ならともかく、現在の彼女を辱めてみたいとは思えず(爆)。男気のあるイメージで売る現在の彼女が陵辱に耐える女というのは、どうも。。。。。
ドッカーンと裸体をさらけだされた瞬間には「おぉっ」ときますけどね。もうそれ以降は「さあ見て。もっと見て。」と言われているようで、スケベ心が萎えてしまう。テレビでおなじみのダンスを披露したり、おいらん道中よろしく高下駄履いて登場してきたり、刺青彫られちゃったり、馬に乗せられて罪人のように扱われたり。もう杉本彩の一大プロモーション・ビデオと化すわけです。
おまけにDVDにはインタビュー映像まで。ここでの彼女の論旨に耳を傾けると、「なかなかしっかりした賢い女性だな。」とは思うんです。女性論・芸術論など、言っていることそのものに破綻はありません。ただ、この間抜けなプロモーション・ビデオを引き合いに出して「芸術」を連呼されると、それはいかがなもんかと。
感性が変なのか、見上げた商売人なのか。

  杉本彩自身が、「石井隆監督なら出てもいい」と指名したことで実現した映画だそう。雇われ仕事ですね、やっぱり。

35点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ




テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
TOKYO G.P.

TOKYOGP

クラブで踊るHIROのもとに、男が近づいてくる。振り返るHIROの目に映ったのは、長年の仲間である ZEEBRAだった。ZEEBRAはHIROに、自分たちがあるゲームに巻き込まれたことを伝える。そのゲームとは、倒産した新宿の病院に隠されたテディ・ベアを、行く手を阻む敵の攻撃をかわしながら、東京タワーの展望台で待つ女に夜明け前までに届けるというものだ。もし失敗したら仲間の女が殺されるか売られてしまう。その話を聞いていきり立つHIROは、当然のごとく危険な賭けに挑戦することを決める。



  その手の音楽が好きで、その猿真似をしている日本人のことまでカッコいいと思える人だけが楽しめる映画。いや、映画と呼べるかどうか。 主役2人のプロモーション・フィルムの域を出るものではなく、「いい気なもんだ。」の言葉が口をついて出てしまいます。石井隆監督が脚本も担当していますが、どう見ても雇われ仕事でしょう。あれだけ自分の作品を語るのが好きな人なのに、この作品のDVDではメイキングにも顔を現わさず、音声解説もありません。ご本人とすれば、アラン・スミシーとしたいところなんでしょうか。
一応絵ヅラだけは石井隆の体裁で見られるレベルのものですが、それだけではこの洋物かぶれの陳腐さは如何ともしがたい。

  出演者のクレジットに片岡礼子の名前がありますが、どうしても発見できません。

20点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ




TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。