☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
死んでもいい
  「ありふれた三面記事の映画化」というご意見を目にしました。その通りで、これは西村望の原作を映画化したもので、その西村望は実話を取材して小説化しています。同じ原作者で同じような成り立ちをした映画にロマンポルノの『母娘監禁 牝〈めす〉』がありますが、あちらは酷薄な描写に胸を衝かれる作品でした。
  「ありきたりで陳腐な三角関係」とか「ドロドロした愛憎劇」といった批判をするのは簡単。
「観客動員狙って“初めからセックスありき”の映画」ですって? もう少し色恋勉強してからあれこれ言いましょう。

死んでもいい  死んでもいい2

  不倫の果ての修羅場ともなれば「自分は悪くない」とばかりに逆ギレし、「原因は貴方にある。あの人は優しい。」などと口走る女性も多いようです。自己保身と不倫相手の美化が絡み合い、たとえ夫に何の責任もなかったとしても、あらぬ言葉を発します。この状態をラリと言うようです。“ラリってる”からきてるんでしょうね。
  この映画の主人公、土屋名美(大竹しのぶ)は修羅場において自己を主張しません。唯一それらしき言葉は、二度発せられる「違う。違うの。」ぐらいなもの。それにしたって何が違うのかを語るわけではありません。自我の強いことを誇りとする女性が見れば、イラつく同性であり、その態度は単なる優柔不断でしかないのかもしれません。また面目を重んじる男性から見れば、相当にふてぶてしい女ということになるのかもしれません。
恐らくは、何が違うのか自分でもわかっていないのでしょう。夫・土屋英樹(室田日出男)と若い男・平野信(永瀬正敏)、それぞれに対する自分の気持ちさえつかめていないのです。
別に観客の歓心を買うために“初めからセックスありき”なわけではないでしょう。パンドラの箱が開けられてしまったことによって始まる愛もあるのです。

  石井隆監督、3作目にして本領発揮です。役者に長回しによる緊張感を強いることで、濃密な人間関係のテンションを高め、一方で、折々に奇抜な構図の画面が登場します。その配分の絶妙なこと。電車の中で寝入る信、名美と信の駅での出会い、雨の中家に帰り着く名美。この冒頭の数分間だけで、いやが上にも後の展開に期待を持たせます。
小説家監督の無残な映画とは異なり、さすがに漫画家・劇画家の作る絵は一味違います。これだけねちっこい物語を描いていながら、その絵力が作品を俗物趣味に終わらせず、良質なセンチメンタリズム&ロマンチシズムへと昇華させてしまう。



特に冒頭の出会いにおけるスローモーション。それと、名美と信が木場の流木の上を歩いていくシーン。この二つはこの映画の白眉です。

  演技力よりも柄という点で疑問符が付く大竹しのぶ。でもこの映画における彼女のなんと艶やかなこと。石井マジックにはまり込み素晴らしい化学反応を起こしています。旦那の経営する不動産屋をクビになった信を探し当てた彼女。ラスト・シーンで煙草をくゆらせる彼女。そして頬をつたう一筋の涙。、、、、上手すぎる。もう、性悪女バンザイ!です(笑)

  唯一好きではないのが夫殺しのシーン。力のこもった演出が見られるんですけど、ちょっと引っ張り過ぎかな。ほんの心もち。

85点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
はじめてオジャマいたします。
「シネマ蟻地獄」さん宅でお世話になっております
viva jijiと申します。
僭越ながら拙記事「死んでもいい」をTBさせていただきました。
石井監督の描く男と女に興味をそそられて観続けています。
「花と蛇、Ⅰ・Ⅱ」=杉本彩でなければ
こんなに売れないのはわかるのですが、個人的に思うには
彼女には華はあるかも知れませんが、色気はどうでしょう、
脱いでナンボ、喘いでナンボ・・・私にはそういう風にしか
観えませんでした。・・・すいません、「死んでもいい」記事に
オジャマしたはずなのに、別の話をしちゃって。(^^;)
【2007/07/28 19:11】 URL | viva jiji #kzLu3bv6 [ 編集]

申し訳ありません
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます。よろしくお願いします。

杉本彩。色んな意味でたくましいですよね。
「実像と異なるイメージを持たれてもいい。虚像上等。それが私の生きる道。」てな感じかな。
そのたくましさゆえなのか、個人的には色気感じないんですけどね。
【2009/01/28 08:58】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/100-d2d3843c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

死んでもいい

いい映画には“引力”がある。この頃の石井作品にはそれがあった。「アルゴ・プロジェクト」という表記があってすぐ映画が・・・始まる午後の電車の中、乗客もまばらな座席にカラダを長々と伸ばし惰眠を貪る若い男。この映画からなのだろうか出演者.... 映画と暮らす、日々に暮らす。【2007/07/28 18:53】
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。