☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ヌードの夜

ヌードの夜2

広瀬(小林宏史)にプロポーズされた土屋名美(余貴美子)は、ホストクラブの支配人行方(根津甚八)との腐れ縁を立ち切るためにある計画を思いついた。まず、身元を偽って、“代行屋”紅次郎こと村木哲郎(竹中直人)を訪ね、都内の高級ホテルに帰った後、計画を実行に移すべく、行方を部屋に招き入れ、殺害するつもりだった。しかし、隠していたナイフを行方に見つけられてしまい、さんざん殴られ、犯されることになってしまった。殺意が頂点に達した名美は、彼をシャワー室で刺し殺しす。何も知らない次郎は、次の日、ホテルに行き、行方の死体を見つけた。旅行バッグに死体を入れ、いったんは事務所まで運び込んだものの、翌日には、名美の勤務先をつきとめ、バッグごと死体を返すのだった。、、、、、、

  突っ込みどころは多いです。
留守電のテープは残ってないの?なぜ警察に届けないの?竹中直人、やくざ信用し過ぎ。世話になった男の目の前で、しかもその男の車使って自殺しようって、そりゃアンタ幾らなんでも。余貴美子と根津甚八が同級生?
最後のを除けば、多少ののっぴきならない事情を作り上げ、序盤で竹中直人に明らかな一目惚れに近い感情を持たせてしまえば、それで済む話だとは思うんですけど、、、、、。
  石井隆監督の描く村木は、いつだって実年齢より純にできている。それでこそ村木。男のロマンティシズム(純情バカぶり)を体現する存在です。“聡明さや要領のよさとは真逆の名美の哀しさ”に惹かれるのがこの男。
「なんで(私みたいな)賢い女がもてないの?なんであんなバカ女に惹かれるわけ?見る目のないバカ男たち!」てな女性には理解しがたい話なわけです。救いのない話ではあるけれど、男目線ではあるけれど、その実、女性への応援歌であったりもする。言ってみりゃ、男目線で描く腐れ縁のファンタジー。

  前作『死んでもいい』同様に名シーン・名カットが幾つかあります。
まずはオープニング・タイトル。夜の街。ガード下に貼られた「何でも代行 あなたのお役に立ちたいのです。お電話お待ちしています。」の貼り紙。降り続く雨に手書きの文字が滲んでいます。ガード下を車が走り抜けると、ヘッドライトに浮かび上がる、、、傘を差し佇む女の、、、小さい影。ガードの橋脚に映し出されたこの影。車の走り去る効果音と共に画面左から右へサーッと流れ、右隅で大きな影となったところでストップ・モーション。一拍あって官能的なアルトサックス。その調べに呼応するように「a Night in Nude」と出て、次に「ヌードの夜」。上写真のロゴ・タイトルが白抜き文字で現れ、文字の横の曲線がネオン管のように赤く発光します。



痺れます。ハードボイルドです。官能です。狂おしいほどのロマンスです。

村木が同級生のオカマ・ケンゾー(田口トモロヲ)から拳銃を手に入れます(このくだり、かなり感傷的ですが、好きです)。夜明け前の新宿ゴールデン街。傷ついた体で地べたに座りながら試し撃ち。拳銃を肩の高さで水平に構えた瞬間のカット割り。発砲と共に閃光が走り、残響音のようにパッ、パッ、パッと引きの絵になる。
すごいです、このセンス。14年前に映画館のスクリーンで観た時の感動。映画館でこそ味わえる感動です。

小雨もよりの港。村木の車に村木と名美。外へ出て、歩きながら自分の過去を語る名美。ひとしきり語った後、海の中にポチャリと小石を投げ入れます。その次のカットから思いっきり引きの絵で2人の姿を捉えるカメラ。台詞のない長回し。「ケンケンパッ」、、、名美は村木から離れていきます。鈍色の空と海。寄る辺ない2人の寂寥感が胸に迫ってきて秀逸です。

ヌードの夜3

  名美のイメージに一番近い女優として石井監督念願の起用であった余貴美子。いい女です。単に容姿がどうこうではなく、佇まいというか、儚げで、愚かで、哀しくて。あと2キロ体重を落としてくれていたら名美として完璧でした。
竹中直人も押さえ気味の芝居で、後年の臭みは影を潜めています。ハードボイルドこそがこの人の真骨頂。『月下の蘭』のDVD特典映像の中で、この映画の出演時に“楽屋でもやくざになりきっていた根津甚八の怖さ”が語られています。なるほど。異様なテンションで、目がいっちゃってます。
この映画でブレイクした椎名桔平も同様。『アニィはどこだ!』と狂った目をギラつかせる不気味さ。現在のこの人からは感じ取れない負のオーラ。
オカマのケンゾーを演じた田口トモロヲも出色の演技。ヤクザ役は最低でしたが、こっちは最高!

  これらの登場人物が寄ってたかって演じる死臭ハードボイルド。あるいはフィルム・ノワール。余貴美子による囁きのような、あえぎのような歌声(『I'm A Fool To Want You (恋は愚かというけれど)』)が流れるラストまで、どっぷりと、ハードに、切なく、石井ワールドに浸らせてもらいました。
  
95点

  確かこの映画を観たのは93年の12月25日。旅行先の大阪から和歌山へ出てフェリーに乗った。東京へ着くと靖国通りを走り、混んだクリスマスの神田を抜け新宿へ。南口にあった映画館だったと思う。田舎へ帰る前にどうしても観ておきたかった。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

TOP
この記事に対するコメント
お久しぶりです。
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。
【2010/06/18 23:35】 URL | もりゆき #O3QePs4g [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/101-8d289bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。