☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
GONIN

gonin

  暴力団の金庫から現金を強奪することで、かすかな出口を見つけようとした男たちの顛末。
何を見てもどこを見てもトップに出てくるのは佐藤浩市の名前。確かに画面に露出する頻度で言えば、5人の中でダントツ。現金強奪の発案者として当然といえば当然で、ま、要するに狂言回し。5人の中で突出した存在なわけでもありません。
未公開シーンを加えたリアル・エディション版によれば、そもそもは5人それぞれに見せ場を用意した群像劇。竹中直人と椎名桔平の部分をそこそこカットした劇場版では、そのことによって本木雅弘が一躍キャラ立ちすることに。彼のエキセントリックな登場で始まり、彼の静かな眼差しで終わるという対称法も、より鮮やかになっています。

  本木の実年齢(当時29歳)よりかなり若めのアンちゃん風で、しかも同性愛者というキャラ。この辺、好き嫌いが分かれるところだと思います。特に後者は、だからこそ佐藤浩市の復讐のため殴り込みをかけるというドラマが成立するわけですが、、、、たとえそこんところがこの映画のように魅力的に描かれていたとしても、男の友情を安直に同性愛に結び付けているようで、個人的には好かんですね。対するヒットマンのビートたけしと木村一八の関係にしてもあれなわけです。たけしの凶暴性と不気味さを際立たせる効果は果たしているものの、木村一八のパンツ脱がす以外にもやりようはあると思いますが。一八を撃たれたことで突然取り乱すたけしの感慨を思えば、その異常性によって話が繋がっていく効果を認めもしますが、それでもやっぱり好かんですね。
それとも男同士の絆なんて代物はとうの昔に消え去っていて、かろうじて繋ぎとめる手立てが同性愛しかない、、、そういう時代だとでも?
洋の東西を問わず、やたらと同性愛を描く映画が多いですけど、映画界においては同性愛って一大テーマなんですかね。真摯な映画がある一方、俗な笑いを得るための道具だったり、安易な動機付けとして利用されたり。どうかと思う映画が多すぎませんか?『狼たちの午後』の頃なら新鮮でしたけど、もうあれから何年経ってます?食傷気味なわりに、個人的にはとんとご縁のない世界なんですけど。
私個人としては、本木のキャラが立つことでハードでタフな映画という妙味がそがれてしまう結果に。その意味では、根津甚八が終始カッコよろしい。男なら根津を観ろ!!

  いつも通り突っ込みどころもあって、、、なんでたけしと一八は佐藤と本木の居場所がわかったわけ? なんで根津は本木がバッティング・センターに居るってわかったわけ?
なんで本木はあの時たけしを撃たないわけ?一八を失って狂乱するたけしの姿に自分の気持ちが重なった?(とすれば、無理のある感傷だな)
なんで本木はあえて当初の予定通りバスで佐藤の田舎目指すわけ?佐藤の遺骨抱えて感傷旅行? 佐藤を遺骨にしたってことは、本木は遺体の引き取りに警察に出向いたわけ?それでなんも疑われなかったわけ? 当然事件から何日か経っているはずだけど、どうやってたけしはあのバスに本木が乗ることを知ったわけ?
、、、、と、まぁこれはいちゃもんです(笑)

  5人が1人ずつ消されていくその過程はホラー風味のバイオレンス。
ボクサー崩れでパンチドランカーの金髪・椎名桔平は、陵辱されて殺された恋人・横山めぐみ(タイ人女性のナミィー)の血だらけの洋服を身にまとった上に彼女の頭の皮を剥ぎ、自らがそれをかぶってしまう。復讐のためにそのいでたちで暴力団事務所に現れるという猟奇さ。
リストラ・サラリーマン竹中直人は根っからの暴力人間だったわけではなく、実は既に壊れていたのだという事実。その狂気ぶりがハエの羽音だけが耳につく静まり返ったスイート・ホームで明らかになる驚き。リアル・エディション版ではより濃厚に描かれていて強烈ではあります。
根津甚八が家族とやり直すべく食事するレストランで、ふいに店のBGMが止み、いつの間にか店員も他の客も姿を消し、店内が無人になっているシュールさ。不吉な予兆を感じた根津の焦燥感はいやがうえにもサスペンスを盛り上げます。
佐藤浩市と本木雅弘がヒットマン・たけしの銃撃から身をかわすべく逃げ込んだトイレ。ドアの隙間に銃口を差し込み容赦なく発砲してくる恐怖。
本木と根津が殴りこみをかけ暴力団掃討に成功した次の瞬間、そのすぐ背後でビニール傘を片手にさし、灰色スウェットの上下を着たたけしが無表情で拳銃を構えている唐突さ。
、、、、これら全てがハリウッド・アクションの甘ったるさを感じさせない、実にウェルメイドな出来上がり。



色々な不思議さを隅に追いやるほどに語り口の上手い映画。こういうウェットなバイオレンスをこういうキメキメの映像で見せてくれるのは、石井隆をおいて他には見当たりません。

どうか、この監督にアクションを撮らせてやって!!!
潤沢な制作費で、妙な制約なしに。

90点

  妻に贈ったカセット・テープがちあきなおみの『紅い花』で、これを聴きながら巻き添えで死なせてしまった妻子の写真を見つめる根津。覚せい剤の注射器を雨の車外に捨てる男心が泣かせます。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/105-a28b585b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。