☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
黒の天使 Vol.2
黒の天使2b

黒のママ(鶴見辰吾)の指令を受けて、東陽組二代目(小林滋央)を暗殺すべく地下駐車場に赴いた「黒の天使」と呼ばれる女殺し屋・魔世(天海祐希)。ところが、もう一組のヒットマンの出現によって彼女の計画は狂い、通りすがりの若い夫婦(片岡礼子・野村祐人)の夫が流れ弾にあたって命を落としてしまう。更に魔世は、東陽のボディガード・山部(大和武士)が10年前、暴漢から自分を救ってくれた男であることに気づき、ひどく動揺する。魔世は、山部が誤って暴漢のひとりを殺害したことで、自分が彼の人生を転落させてしまったとずっと罪悪感に苛まれていたのだ。夫を失った若妻・すずに「夫を殺したのは東陽だ」と吹き込む東陽組乗っ取りを秘かに企む東陽の兄弟分・矢崎(伊藤洋三郎)のまわし者(寺島進)。その言葉を信じたすずは、東陽への復讐を誓う。。。。。

黒の天使2
  
  3人の男に暴行されそうだった天海祐希を助けるため格闘となり、もみ合いの中、暴漢の1人を刺殺してしまうのが大和武志。彼はその後警察に捕まることとなり、新聞報道により天海祐希もそれを知る。大和の母親は事件を苦にして首吊り自殺。未来を失った彼を拾ってくれたのが東陽組の先代組長。かくして心優しき青年はヤクザとなり、、、。
という論法でいけば、恐らく服役したということなんでしょう(映画の中では説明なし)。さて、彼の罪状は何?殺人?傷害致死?過失致死? まさか!  刃物を出したのは暴漢の方で、大和は高校生の天海を助けようとしただけですよ。正当防衛じゃないですか。
刺された仲間を連れて現場から逃げた暴漢2人が、警察でデタラメしゃべった?そりゃそうでしょうね。婦女暴行なんて言えるわけないですから。その結果、警察は大和の話より札付き2人の方を信じたってことですか。口裏合わせても暴漢2人の話には矛盾点が出てくるはずですけどね。

  一方、天海はこの件について10年もの間「全部私のせい」と悩み続け、今やアル中(あんなアル中いるか!)。ってことは、大和の正当防衛を証明するために名乗り出なかったってことになります(映画の中では説明なし)。恩人が無実の罪で裁かれようとしているのに、ですよ。なぜ?
暴漢のお礼参りが怖かった?忌まわしい恐怖が甦った?暴行について衆人の前で証言するのが恥ずかしかった(でも未遂ですよ。裸にされたわけでもない)?面倒なことに関わりたくなかった?

ところがです。
そんな神経の細い彼女が10年後には大変身。屈強なヤクザどもの銃弾をかいくぐりながら、涼しい顔でターゲットを仕留めるプロの殺し屋だってんだから大笑い。いったい整合性のない話を幾つ重ねるんですか。『GONIN2』のような「なんか変」ていうレベルなら笑って済ませますけど、「トラウマと贖罪の念を抱える人間たちが数奇な運命に踊るマジ物語」の大前提がこれじゃ。

  それと、、、ヤクザたちはなぜ片岡礼子の花屋にダンプ突っ込ませるのか?
あそこに天海がいることをヤクザは知らなかったはずだし。大和と片岡を追いかける意味もないわけだし。
確かに、片岡を救い出すために大和は何人かのヤクザを拳でKOしてますけど、殺したわけではない。一人射殺されてますけど、それは大和の弟分(山口祥行)がやったことで、ヤクザにばれて既に始末されている。片岡の狙った標的が自分ではなく、自分が天海に暗殺させた東陽組組長であることは伊藤もわかっている。ただ単に片岡の銃弾が少しそれただけ。全て伊藤はわかっている。とすれば、大した恨みもないどころか、目的は一緒だったわけで。しつこく追いかける意味がない。なのに、なんでかたぎの店にダンプ? 暴対法が厳しい中でそんなことしたら、警察に組潰されちゃうでしょうに。ヤクザは自分の得にならないことはやりません。
、、、、、大体「電気点けるとヤバイ。」とか言いながら、そんな家にのこのこと帰ってくるのはなぜ?

  恐らく石井監督の中には元々幾つかの優れた演出アイデアがあったんでしょう。それらを映像化することにばかり傾注し、その場面の理由付けがおろそかになってしまった。そんなところでしょうか。ダンプが突っ込んでくる直前に室内が明るく照らし出されるところとか、ラストで天海がヤクザたちを一気に始末するところとか。そこだけ観れば完璧な映像演出なんですが。
思うに、石井監督一人で脚本書かずに、どなたかと共同執筆されたらいかがなもんかと。思いが先走ることもなくなるんではないかと。



  天海はミス・キャスト。颯爽とした役柄とか、『女王の教室』で見せた無表情でクールな役柄とか、その辺がこの人の持ち味だと思います。ですから、クールなアクション・シーンでは、実に絵になります。上背もあり、身のこなしにもキレがあります。拳銃を構えても様になります。前作の葉月里緒菜とは雲泥の差。でも、この人に贖罪の念に苦しむ人間は似合わない。石井作品に共通する、傷つきながら奈落の底まで堕ちていくヒロイン像。それを表現できるタイプの女優ではありません。少なくとも本作が作られた当時の彼女には荷が重い。

  個人的にはこの映画、片岡礼子に尽きます。って、この人の出ている映画は大抵この人に尽きるんですが(笑)
ええ、『北京原人』だってこの人に尽きるんです(爆)

Vol.1とどちらが好きかということで
55点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/108-a209b10d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。