☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
フリーズ・ミー

freeze_me3

  女性から総スカン食うだろうレイプ映画。

3人の男(北村一輝・鶴見辰吾・竹中直人)にレイプされたちひろ(井上晴美)が、忌まわしい悪夢を振り払うように田舎から東京へ出て5年。事件がトラウマにもならず、結婚間近の恋人(松岡俊介)もできた。ところがそんな彼女の前に居場所を知った奴らが現れる。再度の陵辱と過去を明かされる恐怖から逃れるため、ちひろは奴らを一人ずつ殺し、その遺体を大型冷凍庫の中で凍らせていく。

  女性がこのストーリーを嫌悪するとすれば、その何パーセントかは男に対する潜在的な恐怖心・嫌悪感の表れなのかもしれません。デリカシーがなくて下品で暴力的で、女をあたかも物扱い。常日頃のこうした男どもへの不満。それがこうも露骨に描かれていることへの嫌悪。
登場する3人の男たちは、女も男と変わらない性意識を持っているはず、という身勝手な思い違いをしています。「感じてるくせに。」とか「待ってろ。今抱いてやっから。」とか、まあ言いたい放題。
誇張して描かれてはいますが、こういう身勝手な思い違いをしている男はリアルでも思いのほか多い。例えば、ノンアダルトのライブチャットであるにも関わらず、WEBカメラに自分の局所を映し出し「ほら、すごいだろ。」とか、「早く脱ぎなよ。君が脱がないと僕も脱がないよ。それでもいいの?」などとのたまう、訳わからん男たち。彼らは女も目で興奮すると確信しているんでしょう。好きでもない男の局所など小汚いだけだし、時によっちゃ好きな男であってもそんなもの見たくない、、、という女性の性意識などお構いなし。

freeze_me2  ただ、これも演じている役者によって女性たちの感想にニュアンスの違いがあるのも事実。
北村一輝に関して「すごい演技力」と好意的である一方、「竹中直人、うざい。」の声が目立ちます。これって女性側の思い込みを端的に表しているかもしれません。
若い女性、時々はかなり年配の女性でも「からっきし男をわかってない。」と感じさせられることがあります。その最たるものが「他の男はともかく、私の好きなあの人はそんな男ではない。」という思い込み。あるいは「女と同じような感性の男もいるはず。」という願望。残念ですが、オスはオス。理性的であるかどうかの違いはあっても、女性と同じ感性であるわけはなく。第一、自分を律しているその理性だっていつ崩れるかわかりません。
ラスト近く、ちひろの彼氏が謝罪に訪れるシーン。自分の勘違いを詫び、「やり直そう。」と告げます。優しく抱き寄せて涙のひとつもこぼせば美しき純愛ってところでしょう。でも、あろうことか、彼はちひろを抱きしめながら彼女の豊満な胸を揉みしだく。それでも有頂天になるちひろ。もしかすると、この映画の中で最も優れたシーンかもしれません。
♪ 男と女の間には暗くて深い川がある ♪♪ と歌うのは『黒の舟歌』でしたっけ?

  この映画に更に嫌悪感を感じるとすれば、それははけ口が用意されないことへの不満からでしょう。ちひろは警察に届けるでもなく、自らが殺人を犯すことで袋小路に追い詰められていきます。「なんて馬鹿な女」。 さっさと警察沙汰にしろ。「自分には何も非がないのに暴力で犯された過去」が彼氏の耳に入ったとしても、それでつべこべ言う男なら別れちまえばいい。男なんて幾らでもいる。一体お前はいつの時代を生きてるんだ?! (まあ、世の中、利口な人間ばかりじゃありませんけどね。)
いつもの石井隆とでもいうか、この映画最大の突っ込みどころです。
とにもかくにも救いがない。カタルシスもない。

freeze_me
  何でも石井監督は「ブラック・ユーモア」を意図していたとのこと。「フリーズするのって、キレイ。」、「お風呂に入ってくれれれば汚さずに済んだものを。」といった台詞はもちろん、竹中直人を殺してもいないのに次の冷凍庫を注文したり、死体の入った冷凍庫でアイスクリームを冷やしたりといった描写は観客の笑いを誘うつもりであったらしい。でも笑えません。「いよいよ狂ってきたか。」と感じさせるだけです。ブラック・ユーモアにしては殺しのシーンが生々し過ぎるのですよ。



  かくして「石井隆は、女優を脱がせて苛めるのが好きな映画監督」という悪評がはびこることに。フェミニズムの敵であるかのごとく語られることもしばしば。この人ほどのフェミニストは滅多にいないにも関わらず。
品良く優しく正論を吐くのが受け入れやすいフェミニズムだとすれば、この監督は正反対。男の薄汚い暴力を容赦なく描くことで「男が女をいかに傷つけているか」を語ります。前述した男の思い違いがいかに身勝手で醜悪なものであるかを語ります。と同時に、女の危うい思い込みにも警鐘を鳴らします。
ところが、啓蒙的でもなければ説教臭くもない石井作品。エロを期待する多数派の男と純愛を期待する多数派の女には、その趣旨が非常に伝わりづらい。

55点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/109-55168811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。