☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Color of Pain 野狼
  日本人俳優が香港映画に出演するケースはかなりあります。しかしながら、多くの場合作品の出来が芳しくありません。
特に日本人を“善人”として描くとろくなことがない。
ブルース・リーの昔から日本人は悪役が常識であったわけで、それを今更。。。



  この作品の場合、厳密に言うと合作。
金を出したのは日本人。主役も日本人。舞台は香港。現場のスタッフは香港人。
嬉しいことに、この主人公は善人ではありません。何しろ殺し屋ですから。

  しかしここで大問題。
殺し屋が主人公のバイオレンスってことは、日本人をかっこ良く描かなきゃならない。
ちょっと待てよ、こりゃただの善人より始末が悪い。
・・・・ってなスタッフの声が聞こえてきそうな映画になってます。
作り手のやる気が全く伝わってこないんですね。
単にサム・レオン監督の技量が情けないだけならいいんですが。

  ホテルの一室で部屋の前を通るターゲットを待つわけですよ。ドア越しにターゲットを吹っ飛ばそうということなんですが、こうこうと電気点けたままの部屋でドアに向ってショットガンだかなんだか構えられてもね。緊迫感まるでなし。ここは一つ電気でも消して、“光と影の工藤栄一”を気取るとこでしょ。

  この時のドンパチで主人公の脳内に手術で摘出不可能な弾丸が残され、後遺症として彼の目は色を識別できなくなります。ところが、ある日街の中でチンピラ銀行強盗に出くわした時、その一瞬だけ色を取り戻す・・・ここからこのタイトルがつけられたわけですね。

  銃を向けられるような緊張感の中でだけ、生(色)を実感する。「金は要らないから仲間に入れろ。」とチンピラ銀行強盗団に加わるあたりまでは普通に納得できます。でもその後がいけない。
上記の出来事がその後の行動原理であるにも関わらず、キレまくって暴走するわけでもない。“俺はいつ死ぬかわからない”とニヒリスティックな台詞をポツポツ吐き続けてしまう。でもですね、困ったことにこれがちっともニヒリスティックに聞こえないんですよ。原因は澤田謙也の生硬な芝居。
脳内の弾丸が引き起こす頭痛。それによる死の恐怖に怯えるシーンがあるんですけど、単に頭を抱えて「ウォーッ」。。。ただでさえ生硬な芝居なのに、こんな陳腐な演出で見せられては困ってしまいます。

  主人公に恨みを持つ日本人少女と主人公の友人(日本人)の存在に至っては、「これって何?」てなエピソード。噴飯物です。
過去に傷持つ若い警官の話もありきたり。チンピラ銀行強盗団に至っちゃただのデクノボウ。
とにかくどれもこれも底が浅すぎる上に、あまりにも『物語が転がっていく連鎖性』に欠ける。この連鎖性というテーマだけで作られたジョニー・トーの『PTU』でもじっくり観てから映画を撮って欲しいものです。

  香港側の俳優は豪華です。テレンス・イン、サム・リー、トニー・ホー、レイモンド・ウォン、ジョシー・ホー。この顔ぶれで、何でこんな映画になっちゃうの?
日本人の澤田謙也をかっこよく撮らなくっちゃ、という命題がなければ、もう少しいい映画に出来たのかも。スタッフにとっては制約の多い仕事だったのかも知れません。

私は映画を観る時、どこか誉めるべきところを見つけたいと思っています。けなすために映画を観た事は一度もありません。
その私でもこの映画には

10点


☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:映画かってに評論ww - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/11-15364195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。