☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ターンレフト・ターンライト



映画に突っ込み入れるの好きな人、挙手!
たくさん居そうですよね(笑)
多くの場合リアリティや説得力を問題にするわけでしょうか。でも、これって今ひとつよくわかりません。
例えば娘(10歳)の好きな『小さき勇者たち ~GAMERA~』についてのいちゃもん。
「敵の怪獣が何の説明もなく出現するのが納得できない。その背景を語らなければ説得力に欠ける。」ってのがありました。
う~む、説得力って言ってもねぇ。そもそも亀の化け物が火ぃ吹いて闘う時点で何のリアリティも説得力もないなぁ、と思うんですけどね。万々が一このありえないパニックが現実に起きたとして、逃げ惑う人々や闘う人々は怪獣出現の背景なんて問題にするんですかね。その方がリアリティないと思うんですが。

要するに、映画って“リアリティを問われるべき作品”と、“そういうことを問題にしては野暮な作品”とに別れると思うわけです。もう一つ言うなら、登場人物の心の動きに整合性(リアリティ/説得力)があるのであれば、その舞台や小道具にどんな嘘があっても構わないんじゃないかとさえ思います。
「木を見て森を見ず。」 どうも舞台や小道具の不備にいちいち突っ込み入れる人が多いような・・・。

さて、このジョニー・トーの『ターンレフト・ターンライト』。
「もし・・・・・だったら」が前置きの、シチュエーション・ドラマとかシチュエーション・コメディと呼ばれる種類の映画。明らかに突っ込み入れちゃ野暮な作品。
頭から尻尾までありえねぇ話の連続。
物語の基本的な骨子はカビの生えたようなメロドラマ。心ではなく物理的なすれ違い。。。古典的過ぎて今どき誰も手を付けない題材を今風にアレンジしたところへ適度な笑い振りかけて。。。とどめは金城武とジジ・リョンの組み合わせ。
かくして夢見る夢子さん仕様のラヴコメ一丁上がり、てな感じ。

香港ではなく台北を舞台にしたのは町並みのせいですかね。非常に小洒落た映画になってます。
劇中引用されているポーランドの詩人、ヴィスワヴァ・シンボルスカの詩とか、黒傘だらけの中の赤と緑とか、、、まぁ実に効果的。
いゃーー驚くほど上手いわ、ジョニーさん。ホントに『城市特警』撮った人?確かにラストじゃ同一人物らしきオチがあって口あんぐりですけど。まったく呆れるというか、ありゃぁ反則でしょう(爆
この映画、ワイ・カーファイとの共同監督となっていて、どっちがどこを演出したのか気になるところです。想像ですけど、胸キュン系がジョニー・トーで、お笑い担当がワイ・カーファイではないかと。あのひどい映画『大陸英雄伝』の監督にこの胸キュンは荷が重いでしょう(笑)

他愛のないおとぎ話ですからね。目くじら立てたり分析するような映画じゃありません。
自分にどれだけ必要な映画だったかということで

70点


ジジ・リョンかぁ。我ながらなんで香港の女優に惚れっぽいかなぁ。韓国の女優には全く惚れないんだけど(笑)

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:映画かってに評論ww - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
ラストに驚愕!!
ラストには開いた口が塞がりませんでしたが、この映画の中に流れる空気、凄く好きです。
【2006/07/07 15:11】 URL | micchii #mQop/nM. [ 編集]


>micchii さん

何しろ 穴 ですものね。『ドラゴン危機一発』じゃないんだから(笑)
私も好きですよ。おとぎ話らしく清廉なところが。
このブログで70点以上ついていたら上等の評価と思ってやってください。
【2006/07/09 10:52】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/23-aed17e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ターンレフト ターンライト』

向左走、向右走(2002/香港・シンガポール)【監督】ジョニー・トー/ワイ・カーファイ【原作】ジミー・リャオ【出演】金城武/ジジ・リョン/ラム・シュージョニー・トー第13弾。まず一言言ってもいいですか? 愛すべき映画たち【2006/07/07 15:10】

ターン・レフト・ターン・ライト

2003年 香港監督 ジョニー・トー、ワイ・カーファイ原作 ジミー・リャオ(絵本)出演 金城武/ジジ・リョン/エドマンド・チェン/テリー・クワン学生時代にお互い思い合っていたにもかかわらず、学生番号を交換しただけで離れ離れになってしまったジョンとイブ。会いたい to Heart【2007/05/17 00:44】
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。