☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
前サイトからの転載 2005年12月分 その1
運命の銃爪

DVDレンタルしてきました。1週間100円。
運命の銃爪(ONE FALSE MOVE 91米)監督 カール・フランクリン
日本劇場未公開です。どうやらインディペンデント作品らしい。
そのためかこの作品に関する情報は非常に少ない。
ああだこうだのネットにおいてもこの作品を批評している人はほとんどいません。

結果は・・・・・良かったですねぇ。手ごわい映画ですよ、これ。
無理にジャンル分けするならサスペンス。いや、フィルム・ノワールの肌触りかな。
犯罪者(男2人に女1人)の逃避行。そこに田舎町の上昇志向の強い若き警察署長がからんで・・・。(詳しいことは書きません)
「ありえねぇだろ」のハラハラドキドキが味わえる訳でもないし、息つく暇もない展開とはほど遠かったりする訳です。・・・でもねぇ、いい映画です。人の世の無常を感じることしきり。
ラストにしたって「ああ、こうなるのね。」って事で、意外性がある訳ではない。
でもですね、ここで一気に豊穣なる人間ドラマが噴出するんですよ。
観客が登場人物に安易な感情移入をしないよう、そういうことを許さないように作られている映画なのに。
なんだろうか、胸に残るこの愛おしさは。

こういう痛切な愛のドラマを「暗い。」と片付けるようじゃ困っちゃいますわ。

色んな映画に対し「人物像が好きになれない。」って批評をよく見かける。
なんというべきか、なぜにこうも常識人が多いかな。
映画の主人公って清く正しいか、かっこいい不良じゃなくっちゃいけないわけ? 
ヒーローにせよ、アンチ・ヒーローにせよ、なんで自分好みの人物像じゃなくちゃ困るわけ?
大体どうして感情移入しなくちゃいけないわけ? そういう映画の見方しか許されないわけ?
そもそもアンタのためにだけ映画作ってるわけないし。
へたすりゃ人間のクズを描くことで語れる世界もあるだろうに。
なんでこうも予定調和の道徳的なもの求めるかな、映画に。
・・・の私にはハナマル作品でありました。

色々調べてみたところ、以下のようなものを見つけました。
アメリカで最も有名な映画評論家ロジャー・エバート氏の1992年年間映画ベスト10ランキング(だからどうって事はないんですが)

運命


  1 マルコム X         6 ダメージ
  2 運命の銃爪         7 髪結いの亭主           
  3 ハワーズ・エンド      8 ザ・プレイヤー
  4 恋愛天国          9 許されざる者
  5 クライング・ゲーム    10 バッド・ルーテナント 


「バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト」って救いようのない大バカを描いた作品でしたね。

# by junec1 | 2005-12-12 16:04 | 映画 | Comments(0)


ビデオとネット時代の映画批評。。。なんてね

映画って観る人を選ぶものだと思います。
多くの人は自分のほうで “映画を選んでやってる”と思ってますけど。

わかりやすく作られているハリウッド映画。世界中がマーケットですから。
興行的な成功を収めるには幅広い観客層の動員を狙わなければならない。
当然ながら昔も今もハリウッドまんせーの人多いですよね。

誰が何を好きかなんて私の知ったこっちゃないです。でもそういうフィルターを通してそうでない映画を強引に批評するのはどんなものかと・・・・。

(自分にとって)「わかりづらい。」
(自分にとって)「後味が悪い。」
(自分にとって)「納得がいかない。」
(自分にとって)「テンポが悪い。」
(自分にとって)「退屈。」
(自分にとって)「暗い。」
『だから観る価値のない映画』と公言している人の何と多いこと。
「おいおい、待てよ。」って言いたくなることしばしば。

「頭の悪い奴は映画観るな。」なんて傲慢かつ短絡的なこと言いたいわけじゃないです。
観る人それぞれに得意な分野があって、その人の思考的な偏りもある。
何をどう語っているか(批評しているか)で、「この人、そもそもこういう映画得意じゃないんだろうな。」とか、「こういう思いをしたことない幸せな人なんだろうな。」とか、「こういう映画を批評するには若すぎるんじゃない?」って感じますもん。
つまりですね。底の浅さが見えてしまう批評は読む気がしないんですよ。
ビデオとネットの時代になってからますますこの手の批評が顕在化してしまいましたね。

過去の ある時期の世相を色濃く映し出している映画があったとします。(これは「西部劇だから開拓時代の世相」という意味ではなく、同じ西部劇でありながら時代によってスタイルの異なる映画が生まれてくる。それはそれらの映画が制作されたその時々の世相が作品に大きく投影されるから・・・という意味の『世相』です。)
その時代を体験していない世代が本から得た知識程度で「つまらん価値観」と斬って捨てようがアンタの自由ってなもんですが、
しょせんわからんものは「わからない。」と言ったほうが正直で、しかもその単純で正直な言葉こそが見事に深い時代批評と作品批評になっていると思うわけです。
本から得た知識なんぞではわからんのですよ。その映画を取り巻いていた時代の空気までは。
時代や文化の違いがそういう映画を作らせたんだってことを抜きにして過去の遺産を笑うとすれば、現代ハリウッド映画に相当頭をやられているんではないかと・・・・。

皮肉を言ったりけなすことであたかも批評眼があるかのように振舞ったり、自分が映画にいかに詳しいかを語りたいだけだったり、テクニックについてしか語らなかったり。。。。。まぁ色んな人が居ますけどね。
重箱の隅をつっつくような批評(突っ込み)をする人にとっちゃ、映画なんてしょせん作り事。既に観る前から、いや、それより以前にその人自身の人となりが白けてるんですね。
こういう人が感動する映画ってどんなものなんでしょう? いや、そもそも感動することなんて?
まぁ、感動って言葉に拒否感しか抱けないような、感動って言葉からある種のジャンルの映画しかイメージできないような、そういう人は何観たって・・・ですけど。

映画って観る人を選ぶものだと思います。

# by junec1 | 2005-12-09 12:44 | 映画 | Comments(0)


DVD化計画 (映画編)

手持ちのLDからDVDへコピーしておきたい映画 (五十音順)

グレイ

  if もしも・・・
  いちご白書
  愛しきは、女 ラ・バランス
  ウディ・ガスリー わが心のふるさと
  戒厳令 (DVD廃盤)
  カイロの紫のバラ (DVD廃盤)
  カメレオンマン
  グレイフォックス
  恋する女たち (日本映画)
  荒野のアウトロー (TVムービー)
  殺人課
  スノーリバー 輝く大地の果てに (日本劇場未公開)
               ソドムとゴモラ
               ハッスル
               評決
               ヤング・ゼネレーション
               夕陽に向って走れ (輸入盤・字幕なし)
               ローリング・サンダー
               Z (DVD廃盤)

手持ちの市販VHSからDVDへコピーしておきたい映画 (五十音順)

夕陽のス

  男の出発
  北国の帝王 (LD買っておくべきだった)
  クワイヤ・ボーイズ
  ザ・アマチュア (確かLD出ていた)
  サンチャゴに雨が降る
  ソルジャー・ボーイ
  フリスコ・キッド
  ブルージーンズ・ジャーニー
  夕陽のストレンジャー (日本劇場未公開)
  ロンサム・ダブ (TVムービー)
  ワイルド・ギース (確かLD出ていた)
  われに撃つ用意あり (日本映画)

手持ちのエアチェックVHSからDVDへコピーしておきたい映画 (五十音順)

夕陽の群盗

  アメリカを斬る (未ビデオ化)
  エディ・コイルの友人たち (日本劇場未公開・未ビデオ化)
  影の軍隊 (DVD廃盤) ジャン・ピエール・メルヴィル監督
  ギャング
  シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛
  ハリーとトント (せめてLD買っておくべきだった)
  真夜中の戦場/クリスマスを贈ります (日本劇場未公開)
  ミネソタ大強盗団
  最もイギリス的なクーデター (TVムービー)
  モンテ・ウォルシュ
               夕陽の群盗
               冷血 (LD買っておくべきだった)


これらすべてが大好きってわけじゃないんですけど、とりあえずDVD手に入らないんで。

なんかねぇ。ようわからんマイナーめな映画が並んじゃいました。
私、脳天気に明るい映画好きじゃないんですよ。
よく「後味が悪い。救いがない。ラストが納得いかない。」などとのたまう映画ファンいますよね(こういう人たちへの反論をそのうちブログに書くかも)。
私、むしろその手の作品に魅力感じます。

こうやってみると西部劇好きなのかな。
ジョン・ウエインとかの黄金期に作られたものではありません。面白おかしくインディアンが死んでいくのはどうもね。
とは言いつつ、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」みたいのも嫌いなんですけど。
どちらかというとマカロニ・ウエスタンやアメリカン・ニュー・シネマの影響受けた西部劇が好みですかね。 “時代に取り残されていく男の悲哀”を描いていたりすると弱いです。

好きな映画監督はロバート・アルドリッチ、ジャン・ピエール・メルヴィル、セルジオ・レオーネ、ジョニー・トー、コスタ・ガヴラス、サム・ペキンパー、ジョン・カサヴェテス、鋭かった頃のジョン・フランケンハイマー。
まだまだ他にもいるなぁ。

上記の映画。DVD化を進める中で再見し、思うところがあれば色々書いてみたいと思います。

# by junec1 | 2005-12-08 00:46 | 映画 | Comments(0)



スポンサーサイト

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/3-7b166237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。