☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
風の輝く朝に



  第二次大戦下の香港。日本軍は4年近くもの間、この場所を占領支配したわけですから、当然邪悪な存在として描かれます。この映画を観た香港の観客に反日の感情が芽生えたり、尚一層その思いが掻き立てられたとしても何の不思議もありません。
日本人の中には「当時の世界情勢を考えればやむを得なかったんだ。」とばかりに、こういう映画を「史実と違う。」と批判する向きもありますが、それは日本人が作る映画にも多々言えることで。
要は事の真偽ではないのですよね。どんな世界情勢であろうと、たとえどれだけ友好的で平和裏にであろうと、軍隊を伴った他国に統治されれば屈辱を感じて当たり前なわけですから。

この映画は、日本軍の残酷さを描く以上の熱心さで、暴動時の香港警官や日本軍の手先となった街のボスの醜悪な愚劣さを描いています。“それもこれも日本のせいだ”と結論付けず、同胞への厳しい視点をも持った人間ドラマになっています。苛烈な状況下での人間の業とか性とかの。

、、、、と、実はここまでが前置き。単なる前提で、この極めて優れた青春映画を観る上で考慮しておくべき時代背景に過ぎません。
男二人に女一人。誰もがお互いを思いやる三角関係。その理想的なまでの優しさは、この時代背景があってこそ尚一層得心できるものです。

  三者三様の微妙な心の揺れ。繊細で丁寧な描写が素晴らしい。恋人アレックス・マンがいながらチョウ・ユンファに惹かれていくセシリア・イップ(この当時はイップ・トン)。積極的で、決して女々しくはないこの女性の心情も、言葉を用いず些細な出来事の積み重ねで表現されます。
対するユンファはひたすら寡黙。イップとの間に一定の距離をとり続けます。マンとイップの幸せを願う気持ちにも嘘はない。イップを思う切ないまでの心情が痛いほど伝わってきます。

心身ともに傷つけられたイップの肩に、自分の着ていたシャツを掛けるユンファ。
痛みに苦しむマンに口移しで阿片を与えるイップ。それを見ていて身の置き所のない思いになるユンファ。
酒に酔ったイップに唇を求められて戸惑いためらうユンファ。ユンファが自分の思いを発露するのはこの激しいキス・シーンだけ。それとて直後には苦悩の表情に変わります。
ユンファの肩に頭を乗せて眠るイップ。その頭をそっとマンの肩に戻すユンファ。気が付いたマンがユンファと目を合わせ微笑み合う。
なんという奥ゆかしさよ。でもそんな奥ゆかしさこそがこの作品には似つかわしい。

  自己犠牲を伴うヒロイズムを見せ付けてユンファは去ります。ストイックで男気があって友情に厚い男性像。それでも出来過ぎの感を与えないのは、苛烈な状況下での心のきらめきを丁寧に描くことで優れた余韻を残しているから。そして何よりも、この時のユンファはやはり素晴らしかった。

kazeno

  11年後にユンファとイップは再共演を果たします。作品は『大陸英雄伝』。二人にとっても、我々観客にとっても、幸福な再会にはなりませんでした。この二人が共演するにふさわしくない映画の出来に失望させられ、ユンファは見る影もなく太り、イップは・・・・・やさぐれてしまいました(笑)

95点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/31-57469229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。