☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
夢翔る人/色情男女



  作った映画がヒットせず、恋人メイ(カレン・モク)に食べさせてもらうヒモのような生活を送っている映画監督のシン(レスリー・チャン)。ある日、プロデューサーからきた仕事の依頼はポルノ。一度は断ろうとしたシンだったが、、、、

この仕事を請けるきっかけとなるタクシー内のシーン。
シン「ポルノを撮れと、、、チャンに頼まれた。」
メイ「ポルノ映画を?」
運転手「映画監督かい?俺もやったが売れなかった。ポルノも悪くない。『七人のセックス狂』は良かった。俺たち悶々としたもんだよ。」
メイ「いいわ。やるのよ。」
シン「いいのか?」
運転手「あんたはいい仕事をするだけよ。」
メイ「面白い映画を作って。」
気乗りしないポルノ作りを請けるための、ある意味言い訳めいたシーン。でもここにこそ映画屋さんたちの思いと心意気が端的に表現されていて、いいシーンです。

  ポルノも一般映画も変わりやしない。世間の見る目が違うだけ。それを感じて少しばかり卑屈になってしまうだけ。時にはやる気も失せているかもね。仕方ないよ、人間だから。クサることもあるさね。
でもひとたびスタッフの気持ちが一つになれば、みんなの願いは「もっといいカットを撮りたい。いい映画に仕上げたい。」 作る映画がポルノだって何も変わりやしない。
気持ちが通じてからの主演女優モニク(スー・チー好演)の変わりよう。芝居の進歩だけでなく、嫌っていた相手役男優の人間味にまで気付く成長振り。
そう、これは同じ夢に生きる者たちの友情と成長の物語。

  映画を作る舞台裏といえば、『アメリカの夜』。ポルノ映画の舞台裏といえば、『ブギーナイツ』あたりが連想されるでしょうか。
でもこの『夢翔る人/色情男女』はその後味からいっても、森崎東監督がピンク映画の作り手たちに題材をとった『ロケーション』に近いかもしれません。もっとも、こっちのほうがだいぶウブですけど。レスリー・チャンなんて、その容姿と相俟って、まるで映画青年。

  “コメディとしてのノリについていけない”という批評を目にしましたが、これコメディですか? 遊び(スー・チー演じる女優の大根ぶりとか、自殺するラウ・チンワンとか)はあっても、無理に笑わせようとはしていないでしょう? 香港特有の脱力系でもありませんし。至極まっとうな映画だと思いますけど。
もしコメディだと感じるとすれば、それは映画作りという作業そのものに起因するんでしょう。実業という言葉に対して虚業という言葉があるとすれば、映画の現場スタッフたちは明らかに後者でしょうから。実業に携わる多数派の人たちから見れば「いい大人が何やってるんだよ。」の世界。
勲章貰ったり、「政府はもっと映画に援助すべき。」などと発言できるお偉いさんにでもなりゃ別ですけど(笑)
監督イー・トンシンもそういう世間の目や自分たちの習性をよくわかっていて、時として自虐的な表現を用いているんですね。

  日本におけるポルノより香港におけるそれのほうが、明らかに社会的地位が低い。そんなことを百も承知の面々が、そこを舞台に自分たちの心意気を語っているわけです。冷遇されているそこを舞台にしてこそ語りたいわけですよ。観客の気を引くための覗き見趣味/艶笑喜劇だと思ったら大きな勘違い。

  この作品の弱さは、劇中で作られている映画が一体どんなものなのか我々観客に提示されないこと。「ポルノを作れ。」ということ以外に監督に大した制約がないこと。。。。ぐらいですかね。でもこの二つの要素が物足りないためにストーリーの起伏が乏しくなってしまってます。惜しい。

65点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
ほとんど・・・
この映画の記憶が残っていなくて、断片的にタクシー内のシーンや、冒頭のベッドシーン、スー・チーが演技上手くなるのとかを思い出したりします。
自分のレビューを読み返すと、あまり面白くなかったようなんですが、レスリーのファンの方には好評のようで、もう1回見てみた方がいいかな~とこの間思った所でした。
【2006/07/14 13:46】 URL | hi-chan #4DfygId. [ 編集]

“面白さ”の意味合い
何に面白味を見出すかは、その時々の気分に大きく左右されますよね。年齢を重ねて色々経験することで“面白さ”の意味合い自体も変わってきますし。
ポルノ映画のスタッフたちを描いた香港映画、、、これだけで「しょうもない」とイメージするような人(何人か見かけました)は、幾つになろうとどんな経験しようと・・・ですけど。
【2006/07/16 06:27】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/32-ba047695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

色情男女/夢翔ける人

レスリー・チャン、カレン・モク、スー・チー、ラウ・カーイン、ラウ・チンワン出演。イー・トンシン監督作品。レスリー・チャン主演、売れない映画監督の周囲で巻き起こる悲喜劇を描くコメディドラマ。本意ではないポルノ映画を撮ることになった映画監督・シン。尊敬する監 Movies!!【2006/07/14 13:46】
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。