☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
過ぎゆく時の中で



  ジョニー・トー監督作品。
『ターンレフト・ターンライト』が全編あり得ない話だったのにひきかえ、この作品は特に後半部分につるべ打ち。ちょっとひどいです。その結末を考えた時に、これをおとぎ話と片付けるわけにもいかず、どうしても手厳しくならざるを得ません。おとぎ話ではなく、あざとい作り話。

  チョウ・ユンファの役どころは、レース事故による引退後肉体労働で生計を立てている元オートバイ・レーサー。失意の日々を送っているわけでもなく、なかなかに賢い息子とそれなりに楽しい毎日。
ある日、仕事バリバリのキャリアウーマンに変身したかつての恋人シルビア・チャンと10年ぶりに再会。実はアメリカから仕事で戻ったこの女性が息子の母親で、実家の母親からは死産だったと聞かされていた。
というのがこの物語の前提。

  アジア系わけありドラマの典型ってところでしょうか。
中盤まではいいのです。ありがちな人情ドラマではありますが、台詞に頼らない感情描写や達者な子役のおかげでかなりの善戦をしています。
ところがユンファとチャンの関係性に目を移すと、少々現実味に乏しい。この映画の作者たちは「子はかすがい」であると信じたいようです。壊れかけた男女間になら、それもありえるでしょう。でもこの二人は既に壊れてしまっています。それも10年も前にあんな事情で。更に彼女には結婚を考える恋人さえいる。そして決定的なのが、もはやお互いの棲む世界が違い過ぎるという点。
「覆水盆に帰らず」じゃドラマになりません?(でもやりようはあると思いますけど)
環境が激変しているのに10年間変わらない女性、あるいは10年前に戻れる女性なんてお目にかかった事ありません、残念ながら。

いっそこのまま終わってくれれば、おとぎ話として「良かったね」と笑えたでしょう。あいにくなことに、更に困ってしまうラストが待ち受けています。

  ユンファはレーサーとして復帰します。男の再生ドラマここにあり、です。
トレーニングの場面などは一切なく(ランニングのシーンはありますが)、いきなり決勝レース。10年もブランクがあって足に針金入っているのに、です。
先頭集団にいたものの、もらい事故で転倒。懸命にオートバイを引き上げて再スタートしようとしたところ、後方からきたオートバイに・・・・・。ヘルメット内出血。それでも何とか再スタートして・・・・・。この間一体何秒、いえ何十秒の時間が経過しているんですか。コンマ何秒を争うレースなのに先頭に追いつくなんてあり得んでしょう。まして頭から血ぃ噴き出しながら。
この先の結末は書きませんが、あのような結末にするのであれば、その暗示や予兆を描いておかなければ。

最後の10分があまりに唐突なんです。おまけに現実離れした出来事の連続。とって付けたようなラストで唖然とするしかありません。
あざと過ぎて泣けるかい!

45点

  ☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/35-71d86a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『過ぎゆく時の中で』

阿郎的故事(1989/香港)【監督】ジョニー・トー【原案】チョウ・ユンファ/シルヴィア・チャン【出演】チョウ・ユンファ/シルヴィア・チャン/ウォン・コンユンジョニー・トー第7弾。ラブ・ストーリーは初体験。 愛すべき映画たち【2006/07/18 13:02】
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。