☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ワイルド・ブリット

wild

  香港映画としては珍しく2時間を越える長尺。ストーリーを書くのは面倒なので、どこかで探してみてください。

結婚式、ダンスシーン、ベトコンのサディストぶり、親友が廃人になる悲劇。ジョン・ウー版 『ディアハンター』 とは言い得て妙。もっとも『ディアハンター』 はベトナム戦争に従軍した米軍兵士の物語。
この作品の3人組は、警察に追われて、あるいは一攫千金を夢見て香港からやってきた異邦人。当然ですが、戦争当事者の被害者意識(及び加害者意識)や感傷を持ち込んだ映画にはなっていません。

  ここで描かれるのは「狂気」そのものです。戦時下における狂気を通して戦争の非人間性を糾弾するというよりは、極限状況の中で狂っていく個々人の顛末。その情念とでもいうか、熱くて息苦しいまでの人間関係(友情と裏切り)が振り切れんばかりのテンションで描かれています。こんな重いテーマを内包しながらも、しっかりと娯楽映画してしまうあたりが、やはりジョン・ウー。。。ジョン・ウー節(香港時代)の究極形。

  私の中では間違いなくジョン・ウーの最高傑作。
心血を注ぐというのはこういうことを言うんでしょう。一瞬たりとも気を抜けないシーンの連続で、テンパリっぱなし。そして、どうにもこうにもやるせない。
折りしも映画制作時と天安門事件とがシンクロしていたこともあり、作品の中に込められたメッセージ性は彼の他のどの作品よりも強く、作家性を押し出した、一段高い志(?)を持った出来上がりになっています。
ハリウッドへ渡った彼の表向きの成功は、香港映画の地位向上に貢献した形になってはいますが、翻って彼自身のここ数作の仕事振りを見てみると、、、、、、恐らく、もうジョン・ウーには二度とこんな映画は撮れないのでしょう。



  この映画の原案はそもそも『男たちの挽歌3』用のもの。ということは、トニー・レオンの役をチョウ・ユンファが演じるはずだった? となると、だいぶ印象の違う映画になっていたはずです。
このままの映画を作りたかったのだとすれば、トニー・レオンで正解でしょう。彼のどこか幼さの残る顔立ちが恐怖にひきつり、怒りに震え、その目に哀惜の涙を潤ませることで、救いのないテンパリ・ドラマが魂のドラマに浄化されています。
「何の恨みもない人間を殺せない。」と、狂うことに抗ったジャッキー・チュン。3人の中で最も優しくお人好しだったこの男が文字通り狂ってしまう残酷さ。一世一代の名演です。
裏切ることでその引き金を引いてしまうレイ・チーホン。狂気が宿ってしまった目で「命よりも金が大事だ。」と繰り返すこの男。一体その過去に何があったのか。
できることなら、3人の生い立ちや関係性がもっと明らかだという3時間超の完全版を観てみたいものです(日本版のDVDは131分とあり、香港版は126分とあります。実際に尺が違っているのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃれば、是非教えてください。バージョン違いや尺違いを楽しむ趣味があるもので。)。

  儲け役は心優しい殺し屋サイモン・ヤム。終始一貫徹頭徹尾カッコいい存在です。この部分がちょっと出来すぎというか、“お話”っぽいんですが、、、、、ま、そのくらいカッコよろしい。
それと、ベトコンを『ディアハンター』同様、“気味の悪い連中”扱いしているのが減点。

wild2

  観終わった後にドッと疲れる方、ズンと重苦しさを感じる方、ガーンと感動する方。色々だとは思います。そのくらい強烈な作品。もし何も感じないとすれば、不感症の疑いありかと(笑)

95点

  ☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
私は・・・
どっと疲れた派でした。
もともとジョン・ウー監督の映画は銃撃戦が凄いので、見終わった後、疲れるのですが、この映画は、さらにストーリーが重く、ますますどっと来たのだと思います。
男の友情に感動し、サイモン・ヤムのかっこよさにホレボレした映画でした。
【2006/07/19 14:32】 URL | hi-chan #4DfygId. [ 編集]

救い
>hi-chan さん
私はジョン・ウー映画の中で《感動という意味では》唯一の作品ですね。

本当にこの映画のサイモン・ヤムはカッコいいですよね。それがこのやるせない映画の救いの一つになっていると思うんですが、どうせなら救いがないほうが好き、、、、だったりして(苦笑)
【2006/07/19 19:17】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

こんばんは。
コメントどうもありがとうございました!
はじめまして。
この映画好きです。
かなり心に残る作品です。ジャッキーが最高でした。
【2006/07/19 23:57】 URL | ゆうこ #- [ 編集]

ドンパチ好きでも
「重い」と言う方が多い中、この映画を好きだとおっしゃる方に巡り会えるとは。HPはともかく、ブログではあまりお目にかかれません。探してみるもんですね。
ジャッキー・チュンって脇で光る役者なのか、作品に恵まれないのか。主演作になるとパッとしないのが残念です。

TB試みましたが、出来ませんでした。もしかして、リンク・タグを含む記事のTBをはじいておられますか?
【2006/07/20 11:24】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

香港版について
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせて見えるほどの名作だと思いますね

香港版をYOUTUBEで見たことがあるのですが、
エンディングが大きく異なります。
ベンがポールを会議室で殺します。
しかも、ポールのスーツを彼の頭に被せるという
皮肉にもフランクと同じ殺し方……
命乞いして散々泣き喚くポールに銃を突きつけながら、
ベンは引き金を引くことを戸惑います…
しかし、フランクがポールに撃ち殺された瞬間が
フラッシュバックし、フランクの頭蓋骨を見つめながら
ベンは引き金を引きます
そこで、あのEDテーマが流れてエンディングロールです

↓これです
http://www.youtube.com/watch?v=bm1v65O41o4&feature=related



【2011/07/01 21:18】 URL | バーホーテン #6r4riRbo [ 編集]


はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前で射殺して唐突にエンディングというモノだったそうです。
新宿のビデオマーケットで売られていたビデオCDには店員の手書きでその旨が記載された紙が貼られていて、その後同じような話を文献などでも読んだ覚えがあります。
香港の映画祭などでは日本公開版同様にカーチェイスと一騎打ちのある131分版が上映されたそうです。
この結末、私も気になっていましたがユニバーサルから発売されたデジタルリマスター版DVDに特典として収録、本日パラマウントから再発売された廉価版にも入っています。
(かつてジェネオンから出ていたデジタルリマスター版DVDには未収録)
香港版のLDは2時間を超える本作をなんとディスク1枚に収録、十数分をカットしたモノでした。
【2011/07/08 22:08】 URL | 芳忠LOVE #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/36-e1f30b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワイルド・ブリット

トニー・レオン、ジャッキー・チュン、ワイズ・リー出演。ジョン・ウー監督作品。90年。67年、香港。スラム育ちのベン・フランク・ポールは、ある事件をきっかけに追われる身となり、ベトナム戦争下のサイゴンへ逃げる。しかし、そこで彼らを待ち受けていたのは、想像をはる Movies!!【2006/07/19 14:33】

ワイルド・ブリット

 1990年 香港 出演:トニー・レオン レイ・チーホン ジャッキー・チュン サイモン・ヤム 他 製作・監督・編集 ジョン・ウー ベトナム戦争を背景にしたアクション映画。 ジョン・ウー監督が自ら製作と編 カルト・ビデオ・ショップ<もぐら屋>【2006/08/20 22:47】
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。