☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
前サイトからの転載 2005年12月分 その2
DVD化計画 (映画編その4)

生き残る

  手持ちの市販VHSからDVDへコピーしておきたい映画 (五十音順)
生き残るヤツ












手持ちのエアチェックVHSからDVDへコピーしておきたい映画 (五十音順)
セックス・ピストルズ/グレート・ロックンロール・スウィンドル
ハーダー・ゼイ・カム
バック・ビート

今回は音楽に関する映画が何本か出てきました。
これらの音楽に興味のない人にはあっけなく「つまらない。」と言われがち。
いえいえどうして。映画としても優れた作品です。色眼鏡なしにチャレンジしてみましょう。

現在手持ちのコレクションを整理中。主にエアチェックVHS。ほとんどWOWOWとスカパー。
連日バカバカ捨ててます。
テープにカビの生えてしまったもの、DVDで買い直したもの、ある程度の年齢になって見直してみるとアホらしいもの、その他色々。・・・・・ま、惜しげもなくって感じです。
逆に「あ、こんなの録画してたんだ。」っていう嬉しい発見も結構。放ったらかしだったので、かなり忘れているんですよ。

全部チェックしてみないと何とも言えませんが、DVD化されていない私好みの映画がまだまだ出てきそうです。

整理をしていくと自分の好みがかなりはっきりしてきますね。
次回はその辺のことについて書いてみます。

# by junec1 | 2005-12-21 14:29 | 映画 | Comments(0)


カッコーの巣の上で

たとえば「カッコーの巣の上で」をめぐる批評。

カッコー

  この映画の感想として “日本の精神病院の実態を論評するだけ”、の人がいたことに愕然。
もしそれだけしか感じなかったんだとしたらヤバイです。情操教育やり直す必要あり?

  それと、よく目にするのが「自由」の大連呼。
この映画を賞賛する人と批判する人。どちらもこぞって「自由、自由」とおっしゃる。
現代人の特質でしょうか。権利意識の強さがモロに出ている感強し。

  そういえば先日深夜にNHKで放送していたドキュメンタリー。少年院に収監されている少年たちのミーティング見せてもらいました。
彼らの共通した特徴は、大した根拠もないのに肥大化してしまった権利意識。すさまじい自意識のかたまり。図体のでかい幼児です。
恐らく、世の中には“理屈じゃない”ことがあるって学習していないんでしょうね。
と言ったって大したことじゃありません。親や教師や年上の人間は敬え。その程度のことです。
  
もし本当にあるなら味わってみたい《際限のない自由と平等》
こんな風に書くと、まるで私がこの映画の精神病院擁護派のようですが、断じてそんなことはありません。・・・・・
ラストでチーフが誰もが不可能だと思っていたことをやってしまうでしょ。物音に起きた入院患者が歓喜の声を上げて狂喜する。
あれ観て、私体が震えましたからね。恥ずかしくもカタルシス感じてしまいました。

この映画をめぐる批評を読ませていただいた結果、そこで目にした「自由、自由」の大連呼に首をひねってしまった、という、ただ単にそういうことなんです。あえて言えば、それらの批評に通低している盲目的な自由賛歌に気味悪さを感じた。少年院の少年たちに持ってしまった感想と似てないこともない。
そりゃぁ束縛されるよりは自由がいいに決まってる。快適ですしね。でもこの映画に関してそれを論じることって、微妙に視点がズレているような。
この映画ってその程度のことを描いてます?
なんていうのかな、もっと根源的なもの。人間としての「尊厳」について考えさせられたんですけど、私の場合。
ジョン・フランケンハイマーの「フィクサー」やジュリアーノ・モンタルドの「死刑台のメロディ」と同じ種類の感動でしたね。

# by junec1 | 2005-12-17 19:17 | 映画 | Comments(0)


DVD化計画 (映画編その3)

更に以下の映画が出てきましたので追加(今後も更に追加あり)。

手持ちの市販VHSからDVDへコピーしておきたい映画 (五十音順)

真夜中

真夜中の刑事 PYTHON357

イヴ・モンタン主演の寡黙なフィルム・ノワール。





それにしても、ここに映画のこと書くようになってから訪問者数激減。
別に数はどうでもいいんですけど。
ただ・・・
俳優のゴシップ・ネタに終始するか、それとも作品を斬って斬って斬りまくらないと記事として面白くないですかね。
前者は私の不得意なところだし、後者は「お前、何様?自分で映画作ってみいや。」だし。
やはりお勧め作品の熱っぽいご紹介、
あるいは「お前、何様?」の評論家もどきを斬りまくるしかないかな(笑)

# by junec1 | 2005-12-17 04:04 | 映画 | Comments(0)


DVD化計画 (映画編その2)

段ボール箱の中から以下の映画が出てきましたので追加。

デリンジャー

  手持ちのLDからDVDへコピーしておきたい映画 (五十音順)
狼は天使の匂い
殺人者たち
ストーミー・マンディ
ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー
デリンジャー
デンバーに死す時







手持ちの市販VHSからDVDへコピーしておきたい映画 (五十音順)
狼の流儀
風にバラは散った
殺人捜査
J&S さすらいの逃亡者
ホールド・ユー・タイト

手持ちのエアチェックVHSからDVDへコピーしておきたい映画 (五十音順)
生きているうちが花なのよ、死んだらそれまでよ党宣言 (日本映画)
愛しのハーフ・ムーン (日本映画)

なんですかねぇ、埋もれさせておくには惜しい作品がDVD化されてませんねぇ。

# by junec1 | 2005-12-15 05:23 | 映画 | Comments(0)
スポンサーサイト

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/4-e30b02e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。