☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
花火降る夏



  『メイド・イン・ホンコン』に続くフルーツ・チャン監督「香港返還三部作」の2作目。返還をめぐる香港人の思いを前作より遥かに直截的に描いています。

  主な登場人物は、中国への返還に伴って解雇された香港駐留英国軍中国人部隊の退役軍人トニー・ホーとその部下たち。トニー・ホーの弟で極道社会をノンシャランと生きるサム・リー。狡猾な親分とその親を嫌っている不良娘。。。。などなど、とてもご立派とは言いがたい人物たち。
生活臭の強いあまり豊かでない香港が描かれるのは前作同様です。

  この監督が見せる香港は何とも美しい。きれいな景色を撮っているわけでもないのに、、、、、バスに一人乗ったトニー・ホーの背後に流れる景色も、退役軍人たちが語り合う橋の欄干も、見上げた空も、窓越しに見える花火も、、、、、非凡な構図、絵作りの勝利です。
多くの香港映画の場合、劇映画の舞台としての街並みを映し出します。どこか人工的で、ごみごみした街さえ絵葉書のようにも見えます。あの痛切な『ワンナイト イン モンコック』でさえ、その感は拭いきれません。
この映画はもっとリアルです。例えば退役軍人たちがチラシ配りをするシーン。役者たちの周りにスタッフや機材を置かず、遠く離れた所からズーム・カメラで狙います。映画の撮影であることに気付いていない人々は無関心に街を行き交うだけ。そう、まるでドキュメンタリーのよう。
言い換えれば、この作品は劇映画でありながら極めて優れたドキュメンタリー(ドキュメンタリー・タッチでありながら極めて優れた劇映画)でもあります。

hanabi3

  再就職もままならない退役軍人たちの苛立ちは、単に経済的な不安のみに起因してはいません。英国に尽くしてきた自分たちはこれから先・・・・という、アイデンティティーそのものの喪失感。そしてこうした喪失感や閉塞感が実際に多くの香港人が抱いていた思いであったとすれば、時として八つ当たり気味でさえある彼らの発言は、他人事でしかなかった我々に生身の言葉として強く響いてきます。
時代の流れに呑み込まれ社会からはじき出される人間たち。実は至って普遍的な物語です。

  返還前に海外へ脱出したくても事情が許さない多くの香港人は、中国の約束に疑心暗鬼のまま返還を迎えることになります。「歓迎中国」の意思を表示した香港人にしても、天安門事件を忘れるほど脳天気じゃないはず。それでも閉塞した状況の中で未来を信じようとするなら、中国に期待するしかない。。。。戦車に乗って香港入城してくる人民軍を前にすれば、その感を強くする香港人が多かったとしても何の不思議もありません。

  この映画にはもう一つのキーがあります。アイデンティティーの喪失を感じる世代。そんなことどこ吹く風の若い世代。この両者の間に横たわる大きなギャップについてです。
その象徴として、バスの中であたり構わず大声でしゃべる少女たち、タクシーの中に使用済み生理用ナプキンを置いていく少女たち、食事中に因縁をつけてきた挙句に抗争を始める少年グループが登場します。前二者は驚愕のオチで笑わせ(バスでのサム・リーの行動にはびっくり。そのシーンを引きの絵で撮っていて、これにもびっくり。)、もう一つは悲壮な対決として容赦のない描写が待っています。
どこの国でも若い奴はたくましい。脳天気で無関心で傲慢とくれば怖いものなし?

  さて、この退役軍人たち。彼らはいかなる行動で閉塞した状況を打破しようとしたか。
返還式典前に彼らの選んだ手段は、銀行強盗でした。果たしてそれで未来は開けたのか。その答えはその後の彼らの行く末、そしてラストのトニー・ホーの表情をご覧ください。

  『メイド・イン・ホンコン』とこれ、どちらが好きかということで、

100点

  ☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/42-eeaa890b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。