☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
お誘い
  このブログのアクセス解析でサーチワード( 訪問者がどのような単語で検索してアクセスしてきたか)を調べてみました。
ダントツに多いのが『香港ゾンビ』。続いて『つきせぬ想い』、そして『ソウル攻略』。
で、この方たちの共通した特徴は、アクセスしてきた作品以外の作品や他のページにはアクセスしない、という点。

これらの結果から言えるのは、「新作映画、新作DVD、女性読者は無視できない。」、あるいは「お前の文章はつまらない。」てなことになるんでしょうか。求めておられるのは情報であって、読み物ではないのかもしれません。
新作情報、それどころか撮影情報まで先取りして、どなたが読んでも無難なあたりさわりのない論旨でまとめ上げれば、もうちょっと訪問者のカウントが稼げるのかもしれません。
肝心の『香港ゾンビ』に20点ですから、私(爆

  うーむ。そもそも流行り物情報の発信源としてブログを書くことに興味がないんですね。
新作情報とか興行ランキングとかにまるで興味がありません。映画って「どれだけ詳しいかより、どう感じるか。」だと思っていますし、新しくてお客の入る話題の映画こそ価値があるとは考えていないんですね。

  私がブログランキングに登録したのも、ランキング上位にいきたいとか、訪問者数を増やして自己満足に浸りたいとか、そういうことではなくて、、、、、
多少硬派なウェブリングが作れたらいいかな、程度のことなんです。そのためには、今どき珍しい硬派な人々の目に触れる機会を作らねばならない。

  ブログやSNSが幅を利かせて個人運営のHPが消滅していくにつれて、「あまり面白くなくなってきたなぁ。」と思うわけです。
ブログ出現以前は、慣れないHTMLを勉強しながら、「そんな面倒な思いをしてでも何かを語りたい」という熱い思いがあったような。多少論旨が偏っていたり HPの造りがちゃちだったとしても。
たとえ全く正反対の意見であっても、それを読むことで「そういう見方もあるのかぁ」と新たな発見をしてみたり、ってなことが多々ありました。情報ではなく読み物として面白かったです。

  他人に披瀝する日記だからでしょうか。コメントやトラックバックといった機能で手軽に反応が返ってくるためでしょうか。ブログ隆盛の昨今では、あたりさわりのなさがどうも気になります。悪く言えば、同好の士だけによる仲良しクラブ。
例えば、コメント欄に「私は・・・・と思いましたけど、貴方はそう思いませんか?」てな書き込みがあったとします。それに対する返事が「そう・・・・かもしれませんね。」だったとします。 でも第三者が管理人の本文を読む限り、とても本気では同意していない様子が見えてしまうみたいな。。。。。
ま、この場合は同意を求めるような書き込みをした人に問題がありますけど。とは言っても、この管理人の対応を日本人の美徳とするのもどうだかな。。。

  私、自分の大好きな作品をコテンパンにやっつけている記事を読んでも、またはそういう書き込みをされても全く気になりません。作品を批判している記事やコメントであって、「こんな映画を好きな奴の気がしれない。」と言っているのでなければ。
上のケースの場合なら、「私はそう思いません。」ってコメント返しをされても気を悪くはしませんし。

できれば、そういう硬派なウェブリングが作れたら嬉しいな、と思っているわけです。

取り上げる映画のジャンルや記事の内容が硬派か軟派かは問いません。あくまで書き手の姿勢としての硬派。この一点で私と繋がれそうな方がいらっしゃいましたらご連絡ください。リンクを貼り合ってみませんか。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
こんにちは
興味深く読ませていただきました。

自分のところは、自分にとっての「愛すべき映画」しかUPしない、つまりつまらないと思った映画はUPしないので、「同好の士だけによる仲良しクラブ」になっている感はありますが、「新しくてお客の入る話題の映画こそ価値があるとは考えていない」というのは全く同感です。

『狩人の夜』や『ハドソン河のモスコー』、あとたくさんUPしているルビッチ作品などなど、他ではなかなか見かけませんしね。

あと、ブログランキングについての考え方も同じです。
『狩人の夜』にコメントをいただいた時も、ブログランキングの最新記事のタイトルを目にして来ていただきました。自分からこのタイトルをGoogleで検索しようなんて人はまずいないでしょうから、ブログランキングで目に触れる機会が生まれることは貴重なことだと思っています。

書き手の姿勢としてとても硬派とはいえませんが、今後とも宜しくお願い致します。
【2006/08/07 14:30】 URL | micchii #mQop/nM. [ 編集]

硬派とは
硬派って響きがちょっと伝わりにくいでしょうか。
簡単に言うと
同好の士と仲良くするのが第一目的でブログ書いてるわけではない方。
「八方美人でいることは意見を持たないことと一緒」とお考えの方。
その意見が違うことで「話が合わない」と不機嫌にならない方。

もっと具体的に言うと、
コメントとして書きづらければ、
正反対の感想(レビュー)であってもトラックバックしあえる関係を築ける方、ということになるでしょうか。

こちらこそ宜しくお願い致します。
【2006/08/09 04:04】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

木を見て森を見る・・・。
こんにちは、コメント遅くなって申し訳御座いません。
私の場合「アクセス数」は気にしてなくて、どういう「コメント」が付くのかを楽しみにBLOGってますw・・・。

BLOGですが色々な「スタンス」や「スタイル」があるのが面白いです。
特に「映画」に関しての《見解》の違いを発見(発掘)するのが楽しみです。

私の場合、あまり他の人が触れない部分を掘り下げたり、「一つの作品」に対してでなく、
「一つの作品」を基に「複数の作品」を絡ませて、
『一つの物事』を語るという《手法》に最近固まってきました・・・。
「木を見て」尚且つ「森を見れる」ようになりたいです・・・。
では、これからも宜しく御願い致します。
【2006/09/16 02:32】 URL | lomo #nKBDKouo [ 編集]

こちらこそ
コメント返し遅くなって申し訳御座いません。

そうですね。見解の違いがあって当然ですものね。違う意見を持つ人を疎んじたり、全否定することのないようにしたいと思います。
ま、相手の出方次第だったりもしますけど(笑)
「こんな映画を好きな奴の気がしれない。」といった全否定をされる方相手には手厳しくならざるを得ないというか、、、、

映画のテクニックばかりをああだこうだ言いたがる人多いですね。簡単に言えることを小難しく語ってみたり。
私としては
、、、、映画を語りつつも、話があっちへ飛びこっちへ飛びすることで『ほぅ、この人そっちのほうにも詳しいんだ。』と感じさせてくれるような、、、
そういう映画評の方が好きです。
頭でっかちで映画のことしか見えていない映画オタクにはない幅広い視点と教養。そういうところにそこそこの人生経験が表れてしまうだろうと。

もっとも自分ではなかなかできないことなんですけど。
【2007/04/01 15:04】 URL | junec1 #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/50-0ab062c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。