☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
恋極道

恋極道2


  リージョン1のアメリカ盤です。日本ではDVD化されていません。望月六郎監督作品では、このほかにも 『新・悲しきヒットマン』 と 『極道懺悔録』 がアメリカのみでリリースされています。

  極道といえば、【汗臭い色黒男たちの目ん玉ひんむいた怒号芝居】、ってのが通り相場。
「男の世界」を謳い文句に暑苦しい宇宙が展開するわけですが、(それはそれで面白かったりもするものの)どうにもこうにもパターン化されてしまった感が強く、陳腐な作品も山のように。
このDVDの特典映像に収められた望月六郎監督のインタビュー(英語字幕付き)によれば、「そういう映画にはしたくなかった。気持ち悪いでしょ、男同士が。ホモ映画になっちゃう。」
そう、大方の女性に不評の例の極道物ではなく、むしろ女性にこそお勧めしたい恋愛映画。ボーイ・ミーツ・ガールです。外国では女性客の反応が良く、インタビューの申込みも女性ジャーナリストからのものが多かったそうな。

  ヤクザ(奥田瑛二)と女子大生(夏生ゆうな)の恋物語、、、
さては『泥だらけの純情』の二番煎じ? いえいえ、そんなきれいごとじゃありません。
情には厚いが教養のかけらも持ち合わせていない関西ヤクザ。片や埼玉から東京の大学に通う女子大生。喫茶店で働くその姿からは不器用そうな真面目ささえ伺える。そして、年齢差が23歳。
この2人が結びつくきっかけといったら、男の押しとセックスしかないわけですよ。シャブと媚薬混ぜたカクテル飲ませて・・・・味わったことのない・・・・ですからね。その挙句に「一緒に大阪行こ。」 この辺、ほとんど拉致。
ろくなもんじゃありません。自らシャブに手ぇ出してるヤクザ。推して知るべし。

  恋愛映画とはいっても、そこは極道の世界。やはり裏切りと義侠の軋轢。無念(爆笑?)の最期を遂げた親分(チャンバラトリオの南方英二)の恨みを晴らすべく、主人公は憎き大組織幹部(火野正平)の殺害を図ったりするわけです。ま、大した親分じゃないんですけどね。余命幾ばくもない体で入院していながら、点滴の中にシャブ入れちゃうんですから。南方怪演!
暗殺に失敗した主人公は友人(原田芳雄)を頼って女子大生や舎弟(松岡俊介)と共に覚醒剤の売人を始める。
なんでこんな男とそこまで、、、ってのが疑問ですわね。
どうやらこのヤクザは多重人格者で、時折死んだ母親が乗り移る。映画の中では1回だけしか現れないんですが、これが効果的。女子大生のせいで暗殺に失敗して荒ぶるヤクザ。暴力的な怒りの直後に母親の口調で女子大生に語りかけ始めます(奥田名演!)。元々が優しく母性的な女の子。あんな哀感迫る言葉を聞かされちゃ、、、、、反則ギリギリの設定ですけど、「なんでこんな男と?」の関所を越えることに成功しています。
次第に離れられなくなる2人。女子大生は実家に電話をかけ、「もう帰らない。今までで一番幸せ。」とまで言う。その直後に「私、シャブでおかしい。」とか言いながら小屋の陰で青カン。この辺うまいですね。
  決して愛情に恵まれてはいなかっただろう女の子が全く知らなかった世界で刺激的で苛烈な体験をする。でもそこには人間同士の情、肌のぬくもりがある。何のてらいもなく「お前はわしの天使や」と気持ちをぶつけてくる男。誰でも人は人を求めずにはいられない。そして、誰もが必要とされることで今までにない至福を感じる。

  ラストは友人(原田芳雄)の「シャブは切れかかりが一番危ない。」 という台詞が伏線として活きる結末。奥田演じるヤクザの生まれ育ち、人となりが一気に明らかになります。
「西成区萩ノ茶屋4丁目3番地はどこでっしゃろか。」 
この繰り返しが痛切で胸に沁みます。奥田の名演ともども見事です。

  話の筋だけを追うとろくでもないわけですが、ここにはたくまざるユーモアがあります。笑わせようという種類のユーモアではなく、ひどく人間くさい登場人物たちのたたずまい。その生々しい人間くささが笑いを誘います。人間てやつは、なんでこうも、、、、、

恋極道


  いゃあ、大人の映画ですねぇ。
傑作とか名作とか、一般的にはそういう冠を戴く作品ではないんでしょうね。『愛すべき秀作・佳作』ぐらいが丁度いいんでしょうか。でもですね、そういう秀作・佳作こそ最も愛着を感じられる、私にとっての傑作なんです。

110点

追記
実は、序盤における奥田瑛二の演技にかなり違和感を感じていました。その原因は、恐らくテレビ。日本の役者は映画だけじゃ食べていけない。必然的にテレビで顔を売るわけですね。ドラマに限らず、バラエティとかトーク番組とか。そこで見かけた姿が邪魔をするというか、「奥田瑛二が極道ねぇ・・・・・」ってことになる。
麻生久美子が婦人警官を演じる軽そうなドラマがあって、その番組宣伝に彼女が現れたとき、ハタと気がついたわけです。「こんな番宣観ちゃいかん。」って。
そう、これって、こっちの問題でもある。
以来、バラエティやトーク番組に限らず、安手なテレビ・ドラマも観なくなりました。おかげで、邦画に出てくる最近の俳優さん、皆新鮮。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
こんにちは^^
初めまして^^
拙宅へのコメント、ありがとうございました。

「棒の哀しみ」、「極道記者」、「恋極道」・・・
私も一時、奥田瑛二主演の極道物にハマったことがございます。奥田アニキ・・・なんとも色っぽいのですよねえ。
ちょっと腹の突き出したリアルな中年体型が 「ジム通いしてマッチョにしました的ハリウッド俳優」 とは一味も二味も違うところ。
地獄の釜の上に薄板を敷いて生きているようなギリギリの生き様ってのが、ヘタレな私には染みちゃうのです。

リンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いします^^
【2007/04/14 15:07】 URL | 優一郎 #rq.2RHBs [ 編集]

情けない奴への愛
>優一郎様(初回なのでやはり 様付けで)

コメント有難うございます。
「ジム通いしてマッチョにしました的ハリウッド俳優」で感じることなんですけど、
ハリウッドを好む方って、基本的に駄目な奴とか情けないキャラクター好きじゃないですよね。
どうしようもない奴に対する共感とか、共感までいかなくても、その駄目さ加減のなかに自分自身を見つけて心揺さぶられる、、、なんてことは少ないらしい。
その意味では、邦画って、情けない奴への愛にあふれていると思うんですけどね。

リンク有難うございます。こちらも早速。
こちらこそ宜しくお願いします。
【2007/04/14 21:09】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]


はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒にいます。

まあ、女もほれないとね・・・

かなりお勧めの一枚です
【2008/01/14 11:52】 URL | のの #- [ 編集]


私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作っていた。職人。それだけに余計彼の動向が気になります。
【2008/02/18 20:49】 URL | okada ichiro #- [ 編集]

申し訳ありません
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。
うらやましいような、こわいような。

> 薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
> 家族と離れ今の旦那と一緒にいます。
>
> まあ、女もほれないとね・・・
ご馳走様、です(笑)

極道映画嫌いな女性にこそ観て欲しい、優れた恋愛作品ですよね。
【2009/01/28 10:45】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

申し訳ありません
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね。
『JOHNEN 定の愛』も怪作でしたし。
このままでは、第二の石井隆?
【2009/01/28 14:32】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/62-059fac91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。