☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
荒ぶる魂たち その2

荒ぶる魂たち2


  要するにどこの社会にも見られるパワー・ゲーム。
少人数で組織される組の集合体である一家。一家の傘下にあってこそ、自分たちの食い扶ちが保証されます。俗に言うシノギが許される。であればこそ、一家の中にあって、他の組より鼻差であろうと先んじていたい。そもそも非合法団体であるからにして、そこには犯罪の香りが立ち込める。いざとなりゃそれが総長(ミッキー・カーチス)であろうと、ヒットマン(白竜)使って消しちまう。そんなことすれば抗争が始まるのはわかりきっているわけで、実はその収拾策まで用意してあったというお話。裏工作に根回しにでっち上げ。しまいにゃ一緒に陰謀の絵図を描いた仲間であろうと、そいつが(遠藤憲一)下手をうてば「所詮それだけの男だったのよ。」と見捨てる、、、、他人を利用して生きるヤクザ屋さんの面目躍如。

  総長に心酔していた樋口組組長に竹中直人。その子分(と言うより弟分)である剣崎役に加藤雅也。彼らは純粋ですからね。陰謀臭のする強引且つ理不尽な手打ちに反旗を翻します。逆らったら生き残れないであろう大親分(松方弘樹)が出張っているわけですが、、、
ま、昔の任侠映画なら、ここで思いっきりウェットになるところ。「恩義がどうの。やれ仁義だ、筋目だ。」 あからさまな台詞が飛び交っていました。あるいは 《仁義なき戦い》 以降であれば、それら(恩義・仁義・筋目等々)が格好の建前と化していて、空疎な響きのするお題目でした。
この映画の場合、任侠道とやらについて多くを語りません。樋口と剣崎の少年時代に遡る縁(えにし)を提示し、二人で温泉に入るシーンやその後に続く会食シーンで全てを説明してしまう。
そしてこの樋口までをも殺された剣崎は復讐の鬼と化す。任侠もへったくれもなく、暴走に次ぐ暴走。樋口組の若頭である兄貴分(美木良介)が「このままでは、、、」と説得にあたっても、剣崎の返事は「そんなこと、知ったこっちゃねぇ。たかが人生。ギラッと光って終わりゃいいじゃないすか。」
次第に、こんな剣崎の生き方に恐怖を感じる仲間も現れる。ついにはほんの数人を除いて彼の元を去っていく。残った数人に剣崎が「お前ら、行かないのか。」と聞くと、「俺、行くところないすから。(それより)兄貴、風呂沸きますよ」 無言の剣崎、、、、、、「どこまでも着いていきます。」てな、ごちゃごちゃしたことは言わんのですよ。

  男はこうでなければ、、、とか、仁義が廃れば、、、とか、そんなもんどうでもいい。
剣崎の行動原理はいたって単純。「気に入らねぇものは気に入らねぇ。」
そう、まさにアウトローです。このアウトローがバイオレンスを伴って全ての権力を蹴散らしていく爽快感(?)こそが本作品の最大の魅力。犬死に上等。破滅への道まっしぐら。
てな具合に真のアウトローだからこそ、加藤雅也に尋常じゃないオーラが漂うんですね。
極道映画嫌いの女性の皆様、一度観てやってください。きっと惚れますから。これがマリリンででくの坊だったあの加藤と同一人物だとは。

  出前のお兄ちゃんが組事務所に出前届けに来て、なぜか失神させられてしまう。その間に刺青入れられて、その挙句に「墨入れちゃったんだから堅気には戻れない。わしらの仲間になれ。」という、とんでもないエピソード。単なるサイドストーリー、あるいはギャグかと思っていたんですが。ラストのラストではっきりしますね、その意味が。この意気地なしが剣崎の横でギラッと光ってましたからね。うーーん、うまい!!!

  最後に役者について。
儲け役は敵方ヒットマンの白竜。ちょっと変ですけど、かっこよろしい。
竹中直人のハードボイルド演技は定評のあるところ。変な役引き受けずにこの路線で、、、と言ってしまったら、それ専門の役者になっちゃうか、、、、。
遠藤憲一は相変わらずの怪演。切れ者だったはずなのに、最期は哀れと笑いを誘います。
美木良介は好演。哀しき中間管理職。ただ、この人ナルちゃんなので、何を演じてもちと趣味じゃない。
松方弘樹は一人浮きまくり。周りの役者と芝居のテンション違いすぎ。つまり、臭い。

90点  

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

荒ぶる魂たち@映画生活



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/64-be659658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。