☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
復讐 運命の訪問者



  黒沢清の一発目がこの作品。
《劇場公開もされたVシネマ》 というのが正確なところでしょうか。そもそもがレンタル・ビデオ・ファンを当て込んで作られているため、のちの難解さは見られず、ごく普通のサスペンスとして楽しめます。
それでも黒沢監督ならではの作家性(ホラー嗜好・笑)が垣間見え、暇つぶしのBGV化する凡百Vシネマとは一線を画しています。

  自殺したシャブ中の謎を追いハードな捜査を進める安城刑事(哀川翔)。闇の暗殺一味(ヒットマンなんて代物じゃなくて、もっと泥臭い)の存在を突き止めますが、、、、、、
捜査の過程で巻き込まれ犠牲になる人々。虫けらのように殺される姿が哀れです。ていうか、「金のためなら、自分の身を守るためなら」何のためらいもなく唐突に人を殺していく連中が不気味です。こいつら、恐ろしく壊れてます。あからさまな挑発と報復を重ねる異常者役に六平直政。酷薄な無表情ぶりで他を圧する姉役に小日向文世。
尋常じゃないこいつらを相手に自らも鬼となって復讐を遂げていく。その様が様々な不安を引っさげながらクールに描かれます。

  全編に漂う不安感はどこからくるのか。実はこの主人公、幼い頃に拳銃で家族を皆殺しにされています。ある意味、その時点でこの主人公も壊れてしまっていたんだろうと。
車の助手席に無造作に置かれた相棒の拳銃を見つめる微妙な表情。逮捕のためにシャブ中のアパートへ赴きます。防弾チョッキは着けるものの拳銃は持たない。
相棒「お前、相変わらず持たないのか。巡査の頃は毎日提げていただろ。」
安城「いやだったよ。」
家族を皆殺しにされた男の拳銃に対する恐怖? いや、むしろ突然の暴力で全てを失った男だからこそ感じる暴力への憧憬。自分の内に 《拳銃の誘惑・快楽への誘惑》 を潜在的に感じているからこその恐怖。
「人を撃つのがいやだからじゃないんだ。、、、、撃ちたいんだよ。」 
そう語ったこの男は、復讐を遂げた後も救われはしない。ラストの独白がそれを象徴します。

存在感ということで言えば、脇役の六平直政や小日向文世に食われ気味ではあるものの(もっとも、この映画での六平直政や小日向文世は強烈過ぎて、もはや人間ではありません。脇役の人物造形ということで言えば、続編とも言うべき次作『復讐 消えない傷痕』の方が勝っています)、主人公が抱えてしまった絶望という一点に関しては極めて優れた形で映像化されています。

  ひたすら重そうな映画に聞こえます? いえいえ、普通にサスペンスしている部分もホラー風味の味付けで秀逸。なかなか見応えあります。妻(大沢逸美)と小日向文世のすれ違うシーンとか、、、、これは観てのお楽しみですね。

さて、次回は当然 『復讐 消えない傷痕』

80点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/67-8246d3fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。