☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
復讐 消えない傷痕



  哀川翔演じる主人公の名前も素性も前作と一緒。かつての上司役を大杉漣が演じるのも一緒。つまり後日譚を語る続編なんですが、、、、多少の無理矢理感があります。前作で復讐は終わっていなかった。まだまだ黒幕が存在していて、実は前作事件の裏に闇資金ルートの暗躍。再び執念の鬼となった元刑事安城は、、、、というお話。
でもさ、前作でそんな含み全くなかったじゃんかい!(爆

  もっとも、今作においては、物語など大して重要なものではありません。
前作は比較的ストレートに物語を語ろうとする作品。悪役連中も不気味なキャラを際立たせることでサスペンスを盛り上げる役割を果たすだけ。気弱な長兄にしても型通りの人間でした。
それにひきかえ、今作における黒沢監督の興味は、「人間、この不可思議なもの。」  だから物語の骨子なんてありきたりでも構わんのでしょう。

  最も魅力的(?)に描かれているのが、安城と友人付き合いする弱小暴力団の組長(菅田俊)。組長とはいっても、なんとも情けない男。気まぐれで計画性まるでなし。行き当たりばったり。根無し草。子供っぽい。ペラペラよくしゃべるが中身がない。威張りたがり。ケツの穴の小さいやきもち焼き。
この男の行動を復讐という本筋とは全く関係ないところで風変わりに描き続けます。脱線、あるいは監督のお遊びととる観客も多いでしょうね。この男の最期にいたっては「相変わらず不条理。」との声も聞こえそうです。でもですね。それ、ちょっと違います。
「なんなの、こいつ。」と感じさせる行動一つ一つで、ある種の人間の、、、、、いや、あらゆる人間が抱え込んでいるであろう弱さ・不安を描写しています。
満たされない思い、充足感の持てない毎日、不透明な明日。
凡庸な監督なら思い入れたっぷりに語るであろうこうした思い。それを乾いた笑いをもって描いている。私にはそう思えます。そして、その思いはこの映画の主人公にも通底するものだろうと。
組長の無茶苦茶な最期にしても、心に絶望が棲んでいる観客、あるいはその心情にシンパシーを感じる観客には、とても笑い事ではないはずです。
ヤクザといえばスモーク貼った黒塗りのピカピカ外車。ところがこの組長、スポーツタイプのオープンカー。それもドロドロに汚い。子分に運転させていますが、
「おい、これ道違うだろ。、、、、、、、俺と運転代われ。」
走り出し、しばらくすると、
「俺、今どこ走ってんだ? ここ何処だ?」
何と優れた人物描写でありましょうや。破滅型の人間をわかってらっしゃる黒沢清。

  安城はある男(逗子とんぼ) を殺しはしますが、真の復讐は果たせない。同じ事件を追いかける若手刑事(井田州彦)の顛末がそれを暗示します。結局この主人公は未だに救われない。いや、もしかしたら、真の復讐を遂げたとしても、何も変わらないのかもしれない。
、、、、、、、満たされない思い、充足感の持てない毎日、不透明な明日。

90点

  あ、そうそう。「なんてことない。」と言われそうな、好きなシーン。  
安城が闇資金ルートの謎を探るべく、同じアパートに住む女の子(服飾の専門学生)に学校資料の持ち出しを頼みます。女の子は「男物のスーツを作る課題がある。協力してくれるなら引き受ける。」
そして採寸。女の子が部屋に入ろうとすると「俺の部屋じゃ駄目だ。外で。」 女の子がメジャーで安城のあちこちを計るわけですが、、、、
この一連の流れ。黒沢監督ったら、観客にほのかなエロスを感じさせることで、女の子が安城に好意を持ってしまったことを見せちゃうんですね。、、、、、言葉なんて要らないのだよ。


☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
黒沢らしい秀作
こんばんは^^

前作 『運命の訪問者』 で、とても普通にサスペンスを撮っていた黒沢清。あくまで、哀川翔の主演を当て込んだビデオ購入者と映画会社を納得させるため・・・とは言いすぎになるでしょうかね(笑)

なんと言っても黒沢らしさは、続編である本作に溢れております。
一ヶ月でこの二本を早撮りするわけで、一本は真っ当に撮れば、次はやりたい放題がある程度は許されるようです(笑)
この後の 『蛇の道』 では、見事なスリラーを撮っている黒沢ですが、続編の 『蜘蛛の瞳』 には、いよいよ幽霊が登場しちゃいますしね^^;

ご指摘の通り、本作の最大の魅力は菅田俊が演じる組長の破滅型な人物造形でしょう。何を考えているのやら、さっぱりわからない軽佻浮薄さ、胡散臭さ。どうやってあの人物像を役者に伝えるのか不思議で、やっぱり黒沢組の菅田俊がバツグンに巧いのだと思います。

ラストの殴り込みシーン。組の門構えを固定カメラの長回しで撮影し、音だけで全てを物語るあのスークエンスは本当に見事だと思いました。あれって・・・どう観てもアンゲロプロスですよね(笑)

同じアパートに住む女の子の採寸シーン。私も大好きなんですよ、あのシーンが!
エロスを描くのが苦手なはずの黒沢清なのに・・・あれエロチックですよね~。
ほのかに・・・どころか、「乳揉みてぇ~!」 と、露骨な欲望に萌えて観ていた私は、本当に不届き者なのでした^^;
【2007/04/18 19:28】 URL | 優一郎 #rq.2RHBs [ 編集]

お若いですねぇ
>優一郎さん

同じ哀川翔を使って『極道恐怖大劇場 牛頭』撮っちゃう人もいますけどね(笑)
私は黒沢の熱烈なファンというわけではないので、ファンの方ほど黒沢作品に黒沢色を期待してはいないんです。一本一本それぞれに対峙させてもらう、って感じかな。
『運命の訪問者』はまずまずでした。『勝手にしやがれ』シリーズよりは間違いなく面白かったですね。

どういうわけかですね、、、、、あの組長を理解できちゃう私なんですよ(笑) もしかしたら菅田俊という役者さんもそうなのかもしれませんね。

アンゲロプロスかぁ。そうかもしれません。でもその割りに眠くならなかったけどな(爆

あはは。まだまだお若いですねぇ。飽きたというか、枯れてきてますから、私(笑
ポルノやピンク映画観過ぎたかな? 
【2007/04/19 01:18】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/69-18117032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。