☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ミネソタ大強盗団 その1

ミネソタ大強盗団


  この西部劇、日本においては唯の一度もビデオソフト化されていません。こんな映画について書いても読む人いるんでしょうか。当ブログへ幾度となく訪問してくださっている方々(アクセス解析で大体掴めます)。。。。皆さんシャイなのか、覗くだけで書き込みしてくださいませんからね。なんやら、ようわかりません(笑)

  西部史に名高いジェシー・ジェームズ強盗団の物語。南北戦争後の北部ではお尋ね者だったものの、ミズーリでは義賊であり英雄だったとも言われる強盗団。ジョー・ウォルシュやトミー・ボーリンが在籍していたことで知られる JAMES GANG のバンド名はここから採られました。

  冒頭ナレーションの一節。
《南北戦争の傷跡もまだ癒えぬうちにミズーリに鉄道が伸びてきた。鉄道敷設の名目のもと、貧しい人々は家を追われた。だが或る日、一陣の風が吹いた。ジェシーとヤンガー兄弟が故郷の農民を助けに来たのだ。土地を奪い返したその日から彼らは゛無法者゜になった。だがミズーリの人々には恩人だ。、、、そんなわけで1876年、ミズーリ州議会で異例な会議が行われた。》、、、、、つまり、ジェームズ強盗団に特赦を与えようという話し合い。
さて、彼らはならず者だったのか、それとも英雄だったのか。。。。。
史実に忠実に描いた実録物・実態暴露物? いえいえ、そういうんじゃありません。それよりは「いかにして伝説は生まれるのか」がこの映画の視点。時代が移り変わり文明が押し寄せることで生き辛くなる無法者たち。西部という時代の挽歌でもあり、西部劇映画の挽歌を奏でた作品でもあります。

  制作年度が1972年。当然アメリカン・ニューシネマのふりかけがかかっています。とはいえ、それほどの悲愴感、絶望感、虚無感で占められているわけではなく、作り手がどこか登場人物を突き放している趣があります。単純明快なヒーローではなく、さりとてアンチ・ヒーローという名のヒーロー像でもない。客観視された登場人物たち。絵に描いたように明快な人物像にはなりません。作品の中に時代性をことさらに、あるいは象徴的に描き込んでいる成果でしょう。
これはある時期のフィリップ・カウフマン監督がお得意とするところです。非行グループ群像劇『ワンダラーズ』(日本では今いちの評価ですけど、本国では真逆)のような作品でも、国民的大事業の英雄たちを描いた『ライトスタッフ』のような作品でも。アンチ・ヒーローにしろ、ヒーローにしろ、個の話に矮小化させないんですね。古いニュース・フィルムを効果的に使用した『存在の耐えられない軽さ』なんてのもありました。

DISCASやぽすれんのユーザー・レビュー見ると、登場人物に感情移入しようとする映画ファンって多いですよね。感情移入可能かどうかが絶対的な価値基準で、それができないと、即「駄目映画」呼ばわりする方。、、、、そういう方にはこの映画、向いていないのかもしれません。

  前置きが長くなりましたが、異様に眠い。この続きはその2で。
尚、この作品のあとに同工異曲の『ロング・ライダーズ』、そのあとに後日談『荒野のアウトロー』。ジェシー・ジェームズ強盗団映画を3本続ける予定。『ワイルド・ガンズ』と『アメリカンアウトロー』はパス。古典として名高い『地獄への道』や『地獄への逆襲』をはじめとした幾多のハリウッド版もパス。きりがないので。

洋画だって観ますよ(爆

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
「ミネソタ大強盗団」いいですね
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では一度もビデオソフト化されていないというのはびっくりです。
カウフマン監督は好きなのですが、「ライトスタッフ」は日本公開時に無断でカットされたし、色々不遇な感じがしてしまいます。
【2009/05/10 09:59】 URL | きさ #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/70-276fb7d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。