☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ミネソタ大強盗団 その2

ミネソタ大強盗団2


  この映画の主人公はジェシー・ジェームズではなく、彼より3歳年上のコール・ヤンガー。1866年に結成されたジェームズ強盗団に1868年から参加。1876年ミネソタ州ノースフィールドのファースト・ナショナル銀行襲撃に失敗し捕らえられるまでの8年間、ジェシーと行動を共にしています。この映画はそのファースト・ナショナル銀行襲撃の顛末に題材をとったもの。
コールを演じるのがクリフ・ロバートソン。南北戦争勃発時から15年。その間に14発の弾丸を浴びつつも生き延びた男。その武勇伝を自身の最大の自慢とする男でもあるんですが、実はとても目端の利く男。特赦の動きが耳に入るにつけ、そろそろ銃を捨てるべきだと考え始めます。時代は変わりつつある。。。。。
一方、全く対照的な男。強盗団結成のきっかけはどうであれ、今や筋金入りのならず者に堕している人物として描かれるのがジェシー・ジェームズ。演じるはロバート・デュバル(演技力どうこうではなくて、キャラ的に違うかな。)。

  史実によれば、南北戦争終了時、ジェシーは降伏するところを北軍の不意射ちに会い重傷を負っています。ただでさえ北軍をヤンキーと呼び毛嫌いしていた生粋の南部人。この時の恨みが総勢12人にもおよぶ強盗団結成の動機だとされています。そして、鉄道会社による用地買収が彼らの故郷にも。鉄道を襲うのは第一に金品目当てであったはずですが、私怨重なる強盗団にしてみれば格好の言い訳にもなっていました。この映画でもジェシーは次のように語ります。
「俺たちがいつ堅気の人間を襲った?何が特赦だ。裁くのは俺達の方だぞ。南と北の戦いはまだ終わっちゃいねぇよ。」
ところが、この男は映画の終盤で何の罪もない(それどころか恩を感じるべき)堅気の人間を殺し、仲間を見捨てます(これが史実であるのかどうかはわかりません。でもこの映画の作り手が問題にしているのは、そういうことではないでしょう。)。
度重なる強盗に業を煮やした鉄道会社は、ピンカートン探偵局を雇います。ピンカートンの部下がジェームズ兄弟の家を爆破。8歳の異父弟が殺され、母親も片腕を失う重傷を負います。映画においてこの件はジェシーの台詞のみで語られるんですが、ほぼ史実通りです。この事件以後、ジェームズ兄弟に同情が集まる事となり、次第に英雄化されていくわけです。

      以下ネタバレあります。ご注意ください。

  今や特赦が降りようかというその時、鉄道会社は州議会の決議をワイロで覆します。一度は足を洗おうと考えたコールも、それなら今ひとたび州議会を金で覆してやろうと考えることに。つまりファースト・ナショナル銀行を襲ってやろうと、、、、
ノースフィールドへ着いたコールは、牛の買い入れ業者をよそおって銀行家を信用させ、なんと銀行警備まで引き受け、金を奪うチャンスを伺います。遅れてやって来たジェシー一派とも合流。果たして彼らの計画は、、、、、、

  ノースフィールドでコールが目にしたもの、それは文明でした。蒸気自動車に蒸気オルガン。そしてベースボール。自動車が出てくる西部劇は他にもありますが、ベースボールは珍しい。それもこのシーンだけで5分以上にも渡ってコミカルな描写が続きます。「あれは何なの?」と面食らう人もいるようです。「時代は移り行く。もはや、、、、」という、この映画のキモを感じ取っていないと理解に苦しむかもしれませんね。
機械に強いコールが好奇心から蒸気オルガンの故障を直す。そのことが銀行襲撃失敗の原因にもなるという皮肉。やはり、もはや無法者の生き易い時代ではない。

  仲間3人を失い、自らも何発もの銃弾を浴びたコール。檻でできた車で町の中を護送されます。檻の中を覗き込む人々。「気味の悪い顔。」「盗人どもめ。」
そしてナレーション。《コールはこの町で11発撃たれた。生涯の合計は26発である。、、、、》
防弾チョッキをまとっていたとはいえ、何発もの銃痕から血を流しながらコールは立ち上がります。
「立ったわ。」「コール・ヤンガーだ。」「すごいわ。見て。」「信じられない。」「頑張れ。」「いいぞ。」 拍手喝采する人々。その様子にうなだれるピンカートン。
かくして新しい英雄伝説が誕生します。このラストは、この映画の言わんとしている事を端的に表現していて見事です。
自分の直したオルガンの蒸気の向こうにデジャ・ヴを見るコール。そこにナレーション、《刑務所の入口まで人々の拍手喝采で見送られ、彼らは25年の刑に服した。コールは1916年まで長らえ新時代の幕開けを見たが、無法者の日々はこの町で終わった。。。。。。。》
一方、からくも逃げおおせ、更に伝説の中に生きようとしたジェシーは、その6年後に仲間に撃たれて絶命。

  無法者が闊歩する時代の終焉を描きながら、ニューシネマを体験した映画界において、カッコいい無法者を描く西部劇映画の時代が終わってしまったことを語ります。もちろんそこには、この映画が作られた当時の時勢が大きく影を落としています。・・・泥沼化するベトナム戦争に傷つき疲弊するアメリカ。。。。。何が正義なのか?英雄とは何か?英雄はいかにして作られるのか?
ジェームズ強盗団を描いたたくさんの映画の中、私はやはりこれが一番好きですね。12月にブラッド・ピット主演のジェシー・ジェームズ物が公開されるようですが、その時にはこの作品も思い出してもらえるんでしょうか。ついでにDVD化されたら嬉しいんですがねぇ。

さて、次回は『ロング・ライダーズ』

90点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

こんばんは^^

viva jiji様のサイト「映画と暮らす。日々に暮らす。」でのコメントを拝見いたしました。
viva jiji様が本作を観たい! と書かれている気持ちは、私もまさにそうでして、本作の評判を耳にするにつけ、観たくて観たくてしょうがない作品なのであります。
カウフマンのファンは、これが観られない! と嘆いている人が多いのではないでしょうか^^;

普段は、未見作品のレビューは読まないでおくようにしているわけですが、ちゃっかり読んでしまいました(笑)
失われていく時代と、取り残されていく男たちの晩愁・・・硬派な西部劇ファンの私にはたまりません。
そもそも私は「ロスト・ウエスタン物」が大好物なものでして、近頃では「ブロークバック・マウンテン」やら「メルキアデス・エストラーダ」にまで、涙してしまう始末^^;
バブルの時代に重ね合わせて涙するお父さんたちもいるかもしれませんが(笑)

こうした名作がDVD化されることを願わずにはいられません。
【2007/04/23 17:04】 URL | 優一郎 #rq.2RHBs [ 編集]

ロスト・ウエスタン
>優一郎さん

いやーー、TB先を探したんですけどね。とうとう見つかりませんでした。

この映画、アメリカでもVHSしか出てないんですよ。DVD化は望み薄かもしれません。
私が持っているのは、その昔WOWOWで放送した時に録画したVHS。これをDVD-Rに落として観ているわけですが、まずまずの画質ですね。

ロスト・ウエスタン、、、、もしかすると同じような嗜好をしているのかもしれません。いずれ『モンテ・ウォルシュ』と『夕陽の群盗』について書いてみたいんですが、後者の方はだいぶ忘れてしまっていて。手元にあるビデオテープも再生不可で、_| ̄|○
【2007/04/23 23:19】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/71-bfc80c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。