☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
スティル・クレイジー



  店頭で見つからず、わざわざ取り寄せてもらってまで購入したDVDは、後にも先にもこれだけ。

以下、DVDジャケより転載。
1977年、伝説の「ウィズベック野外ロック・コンサート」を最後に人気ロックグループ“ストレンジ・フルーツ”は解散した。それから20年後、ただのオヤジとなったメンバーが「ウィズベック'98」を目指して再結成をもくろむ。挫折感の底に埋もれていた゛まだまだやれるぜ゜精神。果たして彼らは夢を、伝説のサウンドを、自信を、失われたチャンスを、逃したロマンスを取り戻せるのだろうか・・・?

  ショボイ仕事で食いつないでる奴、地道な職人で平穏に暮らしている奴、過去の栄光にすがって売れないソロ・シンガー続けてる奴、離婚して借金取りに追われてる奴、まっとうなビジネス界で忙殺されているキャリア・ウーマン(元裏方)。
再結成のために彼らに投げかけられる口説き文句、、、、、「今の自分に満足しているのか?」 グサッ!
そしてもう一人。かつてバンドのローディーを務めていた男で、今やエアロスミスとも仕事をしている大物が再結成話になぜか加わります。彼の動機は「俺はイカれた人間が心底好きでね。」 
そう、彼らは今でもイカれてる(Still Crazy)。

  コメディーです。といってもイギリス産。脳天気で可愛らしい『ロック・スター』などとは違い、笑いのツボが辛らつです。ちなみに私、イギリスでもアメリカでも一人旅しているんですけど、風景も国民性も音楽も絶対的に圧倒的にイギリスの方が好きです。

  今どきのお兄ちゃんを新ギタリストとしてメンバーに迎え、ヨーロッパ・ツアーに出るストレンジ・フルーツ。一筋縄にはいきません。ツアーと言ったって小さなライブハウスにバス移動。過去から引きずっているメンバー間の確執はあるし、技量はなまってるし、何よりも体力が衰えてる。こうした前途多難な現状をかなりシニカルな笑いで見せます。であるがゆえに身につまされ、冴えないオヤジたちに哀感が漂います。滑稽でいて切ないんです。
特にビル・ナイ。スター意識が抜けず、誰も覚えてないのにサングラス。ピザの受け取りに往年のサインかまそうとする貴方。俺は天才だと自惚れていたかと思うと、次の日にはもう駄目だと自暴自棄。泣かせて(笑わせて)くれます。

スティル・クレイジー
  ロック・バンド内にありがちな小ネタを綿密に取材してます。上っ面ではなく、自堕落の裏に潜む反骨の精神性まで。
ライブでの演奏が上手くいったときの高揚感。それによって深まる絆。最初はオヤジたちをなめていた新ギタリストのお兄ちゃんでさえ、無遠慮な質問を浴びせる記者たちにこう言い放ちます。
「あんたらはサイテーだ。仕事はタダ酒と人を叩くこと。少しは(オヤジたちに)敬意を払えよ。、、、、ゲスな連中め。」
  YEAH!こうでなくっちゃ、なのです。

  ここに、かつての伝説。ドラッグに蝕まれたオリジナル・ギタリストのエピソードが絡んでくるんですが、これは書かない方がいいでしょう。
とにもかくにも、感動の「ウィズベック'98コンサート」を目にすることになります。鳥肌立ちます。メンバー同士の確執が氷解するさりげない仕掛けまでありで。、、、、、お前らみんないい奴だ。なんて素敵な奴らなんだ。

  オヤジ・ロックをプレイするオヤジ・バンドの哀感。
それだけで「ピンとこない。」てな反応がありそうです。事実、「グラム・ロックが好きな世代にはいいだろうけど。」とかいうご意見を目にしました(ここで聴ける音楽はグラム・ロックなんかじゃありません)。でもそれでいいんです。わかろうとなんかしないでください。「オヤジくせぇ。」とか生意気に批判していてください。どんどん否定的なレビュー書いてください。ここにコメント残してくれてもいいですよ。
そして、その青い能書きをいつまでもとっておいてください。20年後か30年後、きっと、そのあまりのこっぱずかしさに身をよじるでしょう。
順番ですから。貴方だって年をとる。それも案外あっという間に。
70年代ロックをバカにしていたセックス・ピストルズみたいにね。
、、、、おっと、セックス・ピストルズ知らないか(爆

100点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スティル・クレイジー@映画生活



スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TBありがとうございました
これはよかったですよね。
10代の頃の私が見てもいいなんて思わなかったかもしれませんが、年の離れたヘヴィメタ世代の主人と暮らしているせいか二人で熱く感動しました。
最近オヤジロックバンドが流行なようで、近所のショッピングモールでは毎年オヤジバンドコンテストなるものが開かれているそうですが、歳をとってもカッコいいオヤジっていいですよね。憧れます
【2007/04/26 09:58】 URL | wakana #FvLIUmYM [ 編集]

はじめまして
はじめまして。
コメトラありがとうございました。

この映画、ワタシも大好きなんですよ~。
何度見ても泣けます。
どのおじさんも本当に魅力的で(特にビル・ナイ(笑))、「年をとるのも悪くないな」と思わせてくれました。
最後に歌う「炎は消えず」は、そんじょそこいらのガキにゃーとてもじゃないけど歌えませんよね。

拙宅に「リンクさせてください」と書いてありましたが、TBの間違いでしょうか???
うちのようなヘボブログでよろしければ、どうぞリンクしてください。大歓迎です。
こちらからもブックマークさせていただいますね。
なにとぞよろしくお願いいたします。
【2007/04/26 11:07】 URL | dim #UWLA9odg [ 編集]

こんばんは
junec1さんこんばんは~

いいですよねこの映画!ロック関連映画ではこれ一押しです。ストレンジ・フルーツって雰囲気はディープ・パープル+ツェッペリンみたいな感じですか?いかにも英国産です。天気と同じでどよ~んとした重さがありますね英国産ロックって。そこが好き。演奏シーンになると、かっこよくて胸が締め付けられるよう。ネタは下品な時もあるけど、気品がある大人のコメディです。またこの映画、ジョークや笑いのつぼが、junec1さんがおっしゃるようにブラックなんですよね・・・!

>イギリスでもアメリカでも一人旅しているんですけど、風景も国民性も音楽も絶対的に圧倒的にイギリスの方が好きです
私も国の雰囲気は英国大好きです。

今度ゆっくりおじゃま致します!
【2007/04/26 21:41】 URL | pointdpo #- [ 編集]

歳をとってもカッコいいオヤジ
>wakanaさん

コメント有難うございます。
ご主人ヘヴィメタ世代ですか。当然『ロック・スター』もご覧になったんでしょうね。あれは10代の子が見てもわかる映画でした。
それにひきかえ、こっちは大人の映画ですよね。毒気のある笑いのセンス。でもそれは登場人物に対する限りない愛情があってこそ。これを身に沁みて理解するにはそこそこ年季がいるだろうと。

歳をとってもカッコいいオヤジ。
私にとっては原田芳雄なんですが、、、、、、無理だわな (´・ェ・`)

あ、リンクさせていただきました。
【2007/04/27 11:09】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

ビル・ナイ
>dimさん

コメント有難うございます。
ビル・ナイすごいですよね。もう、冒頭の娘の結婚式シーンから異様で(爆
観る人によっちゃ怪演のたぐいでしょうが、私にゃ紛れもない名演ですね。特にラスト。ブライアンが現れた時に彼を崇め奉るようなポーズやって見せるでしょ。あれ、最高です。「こいつ、ほんとにロッカーだな。」って思いましたもん。

リンクですよ。既にリンクさせて頂きました。
私、「俺ほど映画をわかってる奴はいない。どうだ、お前ら。」って人じゃなければ、リンクしたいんですよ。
それと、真反対なレビューをTBしても不機嫌にならない人(笑)
これからもよろしくお願いします。
【2007/04/27 11:34】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

イギリス
>pointdpoさん

コメント有難うございます。
ストレンジ・フルーツが70年代にどんな音だったのか判然としていないので何とも言えませんが、再結成後の彼らは単にポップ・ロックですよね。音楽担当がELOのジェフ・リンとフォリナーのミック・ジョーンズですから仕方のないところです(笑)
70年代の代表的なブリティッシュ・ロックといえば、ブルースに根ざしていて、もうちょっと(だいぶ)ねちっこい音だろうとは思いますが、そんなので映画作っても今どきの観客には受けないでしょうし。
ま、70年代にもポップ・ロックはあったし、あれはあれでいいんじゃないでしょうか。
ただ、70年代のストレンジ・フルーツがメイクしてるからグラム・ロックってのはどうかな。DVDのジャケにはそういう言葉が踊ってますけど。でも当時はストーンズでさえ化粧してましたからね。

そう、ブラックな笑いって理解されにくいんですよ。日本人は゛単なるイヤミ゜ととりがちですから。大人の知的なジョークなんですけどね。

イギリス人とアメリカ人の大きな違い。一番は行儀の良し悪しですね。それと、イギリス人は思いのほか親切。ロンドンでさえ、下町のおばちゃんみたいな人がいっぱいいるし。地方へ行けば更に親切。何度助けられたことか。
どこの国にもいい人もいれば、そうでない人も。でも国民性ってのはありますよね。私、イギリスで不愉快な思いしたこと、ほとんどありません。アメリカじゃ一日に一度や二度ありますから。これは一人旅じゃないとわかりづらいですけど。

リンクさせていただきました。こちらからTBして、TB返しだけでなくコメントを戴いた場合には、リンクさせていただこうかと。
不都合がありましたらご連絡ください。
これからもよろしくお願いします。
【2007/04/27 12:41】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

たびたび失礼
こんにちは。
またきちゃいました。

>「俺ほど映画をわかってる奴はいない。どうだ、お前ら。」

ここに反応しました(笑)。
最近、たまにいくサイトでとある方が「ワタシは昔、映画で色々なことを学んだけど、最近の人は映画を娯楽としかとらえていない」と言っていたのですよね。

娯楽でいいじゃない。映画の楽しみ方なんてそれぞれ違うのだから。自称映画通の方って自分だけは違うみたいに言うでしょ?
自分だけ特別なように書かれると、ムカついちゃうんですよね(ははは、短気なの)。
「映画見るのが楽しいから好き」でいいじゃない。
そこから自然に学ぶこともあるだろうけど、学ぶことが目的で映画を観るわけではないのだから。
と、通でないワタシは思ってしまうのであります。

あらあら変なコメントでごめんなさいね~。
【2007/04/27 18:01】 URL | dim #UWLA9odg [ 編集]

少し真面目に
>dimさん

いらっしゃいませ(笑)
通であるかどうか、どうでもいいと思うんですよ。
どちら側にせよ、映画を観て何かを感じることには変わりがない。私がイヤなのは、映画について書いているようでいて、実は通である自分を自慢しているレビューです。空虚です。映画のプロにでもなれ。

と同時にですね。学ぶことが目的で映画を観る人が居たっていいと思います(私は違いますけど)。
「映画は娯楽」というのも、決して全ての人にとっての真理ではない、、、

確かに「自分は特別」という言い方であるなら、どうかとは思います。でも、だからといって、誰もが同じスタンスだとしたら、こんなつまらないことはない。「自分にとって映画は単なる娯楽ではない」と考える人がいてこそ面白い。その意見表明を「自分は特別」と言っているように受け取られたということはないでしょうか。
逆の立場で考えれば、次のようになります。
娯楽とは呼びがたい映画があり、それを好む人もいる。その意味を考えたい人もいる。深く分析したい人もいる。そこへいかに多数派であろうと、「映画は娯楽。」っていう言い方をされれば、「映画は娯楽って誰が決めたんだ。誰もがお前と同じだと思っているのか。」と受け取るかもしれません。
その辺の行き違いってことではないんでしょうか。

どちら側であれ、自分と違う映画の見方をあれこれ言えないだろうと。いや、むしろ自分と全く異なる見方をする人のおかげで、自分の理解できなかった映画の意味に気付かされることもあるくらいです。

自分の見方を正当化するために異なる見方をバッサリ斬る、というやり方は好きじゃないんですね。
「娯楽としてしか考えられない見る眼のない奴」と馬鹿にされるいわれもなければ、逆に「娯楽なのに面倒くさいこと言う奴」と馬鹿にされるいわれもない。その辺はお互い様なんじゃないですかね。

砂糖菓子のように甘い映画が好きというだけで、苦くて辛い映画の価値を感じ取れなくなっている。
このブログの過去記事に引用した宇田川幸洋さんのご意見にしても、砂糖菓子のように甘い映画を好きだという、その好みを批判しているわけではありません。
「映画は娯楽」という 《 個人的主観 》 だけで、苦くて辛い映画の存在価値を頭から否定するような風潮を嘆いているのだと思います。
もしかしたら、dimさんが頭にこられたサイトの管理人の方も、そういうことを言いたかったのかもしれませんね。読んでいないので何とも申し上げられませんが。
【2007/04/27 19:55】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

ブルース・ロビンソンに惚れました。
お返事遅くなりすみません。
根がかなりのミーハーなので、B・ロビンソンの70年代なギタリストぶりにやっつけられました。
『ロック・スター』は未見なんですけど、
junec1さんがコメントされてる「10代の子が見てもわかる映画」、10代なんて忘却の彼方にある年齢ですけど、ミーハーな私には合っているかもしれず、逆に観たくなりました。
TB・コメントありがとうございました。
【2007/04/28 08:55】 URL | Ruiji #1hRXzguc [ 編集]

ミーハー?
>Ruijiさん

コメント有難うございます。
B・ロビンソン、確かに出番も台詞も少ないのにおいしい役でしたね。あれだけのために髪伸ばしたんでしょうか(笑)

「10代の子が見てもわかる映画」というのは、決して悪口じゃありませんよ。まったくもってストレートな話で、この映画のようにひねくれてない、という意味です。そして脳天気に明るいカリフォルニア。イギリスの空のようにどんよりとはしていない、という意味でもあります。

話違いますけど、私のような奴が「長澤まさみ可愛い」とか言ったら、それはミーハーなんでしょうか?それともロリータ・コンプレックスなんでしょうか?(自爆

リンクさせていただきました。こちらからTBして、TB返しだけでなくコメントを戴いた場合には、リンクさせていただこうかと。
不都合がありましたらご連絡ください。
これからもよろしくお願いします。
【2007/04/28 17:13】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/75-df6a973f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おじさんが愛しくなる…「STILL CRAZY」

ビル・ナイ好きの友達がまた「見て~」とDVDを貸してくれました。正直「またか~{/hiyo_shock2/}」って感じだったのですが…。甘かった…あなどっていました{/ee_3/}これがすごくいい映画なのです{/ee_3/}   伝説のロックグループ『ストレンジ・フルーツ』が解散して20年 オバサンは熱しやすく涙もろい【2007/04/26 11:09】

へたれ系ロックおやじ:スティル・クレイジー(1998)

かつてはいけてるロッカー(死語。)だったおじさんたちが、バンドを再結成してロードに出るお話。このおじさんたちのバンドは、グラムロックや全盛期Dパープル、ツェッペリンのイメージ。ベルボトムに長髪、濃い化粧で退廃的な、そしてエッジの効いたギター。一世を風靡し ORGANIC STONE【2007/04/26 21:42】
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。