☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
青春デンデケデケデケ



  15年も前に観たっきり1度も再見していなかった映画。驚くほど忘れていました。まるで初めて観る映画のよう。
で、この年月の間に少しは感想も変わったかなと思っていたんですが、そこら辺は大差なし。

  なんなんだろう、この違和感は。

  私、大林宣彦作品で好きなの、「転校生」と「さびしんぼう」だけなんですよ。どちらもファンタジーの名の下に大嘘つきながら、思いやる心やら恋うる心を描いて秀逸でした。大おセンチなんですけど、ファンタジー化されることで鼻白むことがなかった。これらの作品に比べれば、「青春デンデケデケデケ」はそこいら辺に転がっている風な話で、より現実的ではあります。でもね、なんか違うんですよ。むしろ「転校生」や「さびしんぼう」よりも大嘘つかれた気がする。

  世代的には私より上の人たちの話なので断言はできません。でも「こんなじゃなかったろう。」てのが正直な感想。何もかもリアルにしろなんて言いません。でもね、ロック = 不良だったはずですよ。本人たちはどうであれ、旧世代の人たちはそう見ていた。
この映画の舞台が1965年から1968年。それから6年も後に郡山ワンステップ・フェスティバルっていう、当時話題になった大規模なロック・コンサートがありました。当時のそうそうたるロック・バンド勢ぞろいで、日本のウッドストック目指しました。DVDもCDも出ています。フジ・ロック・フェスを初めとして、現在じゃ珍しくもない野外コンサート(思想性は強かったですが)。でもこの時、地元の教育委員会は地元の若者たちに入場禁止のお触れを出し、入り口でチェックするぞと警告。
この映画はそれより以前の話ですよ。ロックどころか、エレキ・ギター = 不良と言われた時代です。

なのに、なんなんですか、この仲良しごっこは。誰も彼も理解あり過ぎ。親も教師も同級生もそこら辺の大人も、皆異様に仲がいい。薄気味悪いです。
若者と旧世代の相克は現代の比ではありませんでした。生意気な若者と分からず屋の大人が相手をやり込めようと激しく言い争うテレビ討論とか幾つもあって。しょっちゅう見てましたよ、まだ子供でしたけど。社会の動きなんかにゃ興味のない若者も大勢いましたけど、時代の空気感っていうんですか、そういうものとは誰しも無縁ではありませんでした。当たり前ですよね、一人で生きてるわけじゃないんだから。
この映画はその空気感がすっぽり抜け落ちている。まるで別世界の出来事です。もう一度言いますけど、何もかもリアルにしろなんて言いません。でも、こりゃないでしょ。お前ら、悩みとかないのか。
再見した後にもう一度頭の部分だけ観たんですけど、「ロック、ロック、ロック、、、、、」というナレーション聞いただけで「ケッ!」とか思っちゃいましたわ。この映画のどこがロックなの?




  要するに、オヤジが過去を都合よく「いい時代だった」と振り返り、青春の輝きとやらを幻想化させた、オヤジのための懐古趣味映画。さもなきゃ、オヤジが若者に「君たちが過ごしている青春時代は、かくもかぐわしい日々なのだよ。」とファンタジックに説教している映画。大林監督の常ではあるけれど、なんでもかんでもファンタジーにしてくれるなって。
いかにもそこら辺に転がっているようで、実は恐ろしく現実離れしたコメディー。コメディーとして観れば、軽快に話は進むし、そこそこ評価が良くなるんじゃないですか。事実、ネットで検索してみたら、若い世代からの評価も驚くほど良くて唖然としました。こういう、各エピソードを点描するだけのぶつ切り映画の方が受けるんですかね。

  バンドってそう簡単に上手くならないよ。個人の技量だけじゃないから。アンサンブルっちゅうもんがあるでしょ。まして楽器も持ってなかったわけでしょ。あり得んでしょ、あんなの。
、、、、、、高校の音楽室から放課後聞こえてきた『Sunshine Of Youre Love』。毎日同じとこばっか。
「いつになったら もうちょっとは上手くなるんだよ。」と、みんなが言っておりました。異口同音に。

45点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

青春デンデケデケデケ@映画生活



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

こんばんは^^

段々と「人に優しくするのは大切ですよ」といった説教くささと、あまり爽やかではない感傷をクドクドと映画に盛り込むようになった大林を私も苦手にしております^^;
好きなのは「転校生」と「さびしんぼう」だけ、という部分も激しく共感するのであります。

いや、本当にね、こういう映画を褒める感性が信じられない! とか、私も思っちゃったりするのですが、なんとなく近頃は色んなことが分かってきたんですよ。
世の中には長渕剛が好きだったり、さだまさしが好きな音楽ファンもいる。私は苦手だけれど、単に嗜好が相容れないだけだって、今は理解できるようになってきました。

「この映画はダメだ!」 って言うだけで、自分を否定されたみたいに傷つく人もいるらしく、やっぱりナーバスになります。そして「当たり障りなく映画評を書く」なんて逃げはしたくないけれど、段々と弱腰になっている自分に気がつきます^^;
ですから、これくらいぶった斬っていただけると、私としても溜飲が下がるのです。

原作も読みましたが、あまり面白くない・・・というのも蛇足ながら付け加えちゃったりして^^;
【2007/05/01 19:13】 URL | 優一郎 #rq.2RHBs [ 編集]

けなして褒められたの初めてだな
>優一郎さん

道徳的なテーマや感傷だっていいんですよ。上手にやってくれりゃ。
と言っても、テクニックのことじゃなくて、もう少し上手にたぶらかしてくれ、、、って感じですかね。

>こういう映画を褒める感性が信じられない!
これはまずいですよ。一番やっちゃいけないレビュー。
あくまで対象は作品であるべきで、それを好む人まで批判しちゃいけない。
私は、自分の感想を述べるとき「他の誰が何を好きで、何を嫌いか」について全く考慮しません。その代わり、あくまで作品についてしか述べないよう心がけているつもり。そして、観てもいないものはけなさない。
作品の好き嫌いがあって当たり前でしょ。嫌いなものは嫌いと言うしかないです。
ただし、必ず理由を述べる。単に「つまらない」とか、「トホホな作品」といった抽象的な言い方で逃げない。それと、「カメラがどうで」とかいうテクニック論に走らない。なるべく平易な言葉を使う。
このくらいですかね、つまらない反感を買わないように気をつけている点は。

それでも相手が作品ではなく自分を否定されたように感じるのだとすれば、「俺の前でこの作品を批判するな。」と言っているわけです。
そこでどう対応するかは、その人次第ですよね。気を使って本音を言わないようにするのか、7割けなして3割褒めるようにするとか(笑)、褒める映画しかブログに載せないとか。
私? さっき書いた通り。これからも気にしません。、、、私のブログですから。

>これくらいぶった斬っていただけると、私としても溜飲が下がるのです。
これでも気を使って書いた方ですけどね(笑)採点に関しては、少し甘かったかと反省しているくらいで。
【2007/05/01 23:35】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

ありがとうございます
愚痴めいた、甘えた書き込みに真摯にご対応くださって感謝です。
「上手くたぶらかしてくれ」みたいな的を射た言葉選びが、junec1さんのセンスの素晴らしさですねえ。私なんぞが言うのも何ですが^^;

>あくまで対象は作品であるべきで、それを好む人まで批判しちゃいけない

はい、そうなんですよね。映画ファンが映画ファンを差別するようなことを言ってはダメだと私も肝に命じております。逆に「お前の感性はどうなんだ?」とレビューを通して見透かされているわけで、やっぱり謙虚にならなくてはと自ら戒めております。
なにせ、上には上がいるもので、私などは「門前の映画小僧」といったところ。でも時々、謙虚さが足りずに不遜になっている自分に気がつき、また反省をするという繰り返しですが^^;

「映画をけなす場合は論理的に理由を述べるがよい」の金言は、やはり大先輩のブロガーの方にもいただきました。
以前、「あの駄作に比べればずっと良い出来」みたいな文章を書いたところ、すかさず突っこみが入り、書き方に不備があったなと反省しきり。とかく一言で「駄作、凡作」としては、反感をまねくのは必至で、気をつけなければと思います。
もっとも、映画評を書く意味の半ばは毒舌を吐きたいからってケチな根性もありまして、一言で作品を斬って捨てる快感も捨て難かったりしますが^^;

人の顔色をうかがって本音が言えないのでは、ブログで良い映画を紹介する意味さえ曖昧になってしまうようで、私は正直に感想を書くようにしております。全面的にけなさず、少しだけ褒めるというテクもよく使います(笑)
褒める映画しかブログに載せない・・・というのが理想かもしれないとよく考えるのですが、本当に褒めたい作品は10本中、せいぜい1、2本。映画批評ブログとしては成立しなくなりますし^^;

>「ロック、ロック、ロック、、、、、」というナレーション聞いただけで「ケッ!」とか思っちゃいましたわ

こういう分かりやすい毒舌が好きです(笑)

ウダウダと書いてすいません^^;
【2007/05/02 03:54】 URL | 優一郎 #rq.2RHBs [ 編集]

ナイーヴ(決して褒め言葉じゃありません)
>優一郎さん

>映画ファンが映画ファンを差別するようなことを言ってはダメだと私も肝に命じております。
二言目には「差別だ」って言う人、嫌いですけどね。それから、自分のことを「僕は純粋に映画を楽しんでいるだけだから」とか言いいたがる人。純粋に、って何だ? 純粋があるなら不純もあるのか?

>一言で作品を斬って捨てる快感も捨て難かったりしますが
あはは。これ、よくわかります。
【2007/05/02 19:47】 URL | junec1 #XH6rhFbE [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/78-096093ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。