☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
リンダ リンダ リンダ
  急遽新メンバーを迎え、3日間のリハーサルで高校の文化祭に出ようという女の子バンド、
                        「ザ・パーランマウム」
rinda

  この映画を語る時によく引き合いに出されるのが『ウォーターボーイズ』と『スウィングガールズ』。同時代に同世代を描いていながら対照的な作風ってことで、それもわかる気はします。でも、「俺たちはあんなベタで爽やかなやつじゃなくて、もっとリアルで自然なもので共感を得よう。」てな意気込みで作ってるとも思えないんですけどね。
そういう助平根性よりは、「照れ」を感じてしまう作り手が色んな恥ずかしさを削ぎ落としていった結果こんな映画が出来ちゃった、みたいな。唯一エンド・ロールに突如本物のブルーハーツ流すとこだけ、ちょっと狙ってみた。効果的でしょ、みたいな。



← これ、サントラ盤じゃありません。彼女たちのCD。  
  作り手だけではなく、この映画の登場人物たち。プールに漂う香椎由宇。バス停のベンチで一拍おいて座るペ・ドゥナと香椎由宇。松山ケンイチの告白に素っ気無い返事で応えるペ・ドゥナ。夢の中のバースデイで涙する香椎由宇。前田亜季の不器用な恋の始まり。揉めて辞めていったヴォーカルの女の子。
個人差はありますが、「照れ」とかって言葉がこれくらい似合う年代ってないと思うんですよ。既に自己と他者との間の距離感覚についてはイヤでも意識する年頃で、しかも大人の世界を垣間見て背伸びする時期。それでも時々自我が勝ってしまう幼さも消えず、引っ込みがつかなくなることもしばしば。
何かやってみたい。自分を表現してみたい。でも改まってそれを口に出してしまうことへの戸惑い。つい冷めた風な口を利いてしまう照れ。

  夜、野外で自分の夢を語り合ったり、「バンドに誘ってくれて有難う。」なんて台詞を吐くんですから、、、、考えようによっちゃ充分臭い映画なわけです。この話をドラマティックにベタにやってしまったら悲惨なことになっていたでしょう。観ているこっちが穴に入りたくなるのが関の山。奇跡的にそうはならなかった幸せな映画、ってとこでしょうか

  むしろ私が「ん?!」と思い浮かべたのは、『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』ではなく、『青春デンデケデケデケ』と『台風クラブ』です。前者に対するアンチ・テーゼであり、後者に対する限りないオマージュなんではないかと。と言ったって、大して難しい話じゃないです。前者を反面教師としての手引きにし、後者の作劇法に影響を受けた証として印象的な空や雨やプールや体育館を映し出す。
盛り上がるべき体育館だって人影はまばら(ってほどでもないが)。まぁ『青春デンデケデケデケ』とは大違い。遅刻したため3時半を回って登場した彼女たち。おまけに外は大雨。なので、校外からのお客さんたちはほとんど帰っちゃってる。盛り上がらないまま終わろうかとしていたロック・フェスティバルに『リンダ リンダ』なわけです。その音に誘われて体育館に集まってくる生徒たち。乗ってはいますが、それでも体育館はスカスカ。ラストはそれを思いっきり引きの絵で撮っちゃう。



いいんです、それで。
彼女たち、何かやりたかっただけですから。聴いてくれる人の前で普段出せないデカイ音出してみたかっただけですから。上手いか下手かなんて関係ありません。曲がりなりにもやってのけただけで幸せなんです。演奏後のアイ・コンタクトだけで無上の喜びなんです。間違っても観音崎の坊やたちのように「皆さんに感謝をこめて・・・」なんてほざきません。
香椎由宇の特徴ある声での、しかも思いっきりのバック・ヴォーカル ♪リンダ リンダァー♪ にロックを感じちゃった私です。

  私、音楽聴く時に歌詞ってどうでもいいんです。サウンドの魅力に惹かれることはあっても、歌詞に共感など覚えない。自分の心情を歌詞に投影して「わかるなぁ。」なんてありえない。
実は、あのブルーハーツをコピーっていうんで嫌な予感していたんですよ。よかったです、はずれてくれて。
この映画、ブルーハーツの歌詞に感化されていません。耳に飛び込んでくるインパクト、素っ気ない物語だからこそ効果的なストレートなロックン・ロール、もしかしたら3日でもやれちゃいそうな楽曲、そういうイメージで採用されたんではないかと。。。。。
その志、正解です。

90点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/79-bb6cc0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。