☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ザ・コミットメンツ その2
  マネージャーのジミーも含めると総勢11人におよぶザ・コミットメンツ。途中で辞めていくドラマーが1人いるので、これも加えると12人。
そのほとんどがオーディションで選ばれたド素人たち。地元でアマチュア・バンド活動をしていた連中で演技経験ゼロ。キャラクター優先のオーディションしたらしいですが、どいつもこいつもハマリ過ぎ。なんとまぁ芸達者なことよ。芝居なのか、地なのか、ようわかりません。
凶暴なドラマー、ミカ役のデイヴ・フィネガンだけです、はっきりしてるのは。
こいつ、オーディションの最中にアラン・パーカー監督に喧嘩売りますからね。「俺を怒らせるなよ、、、、来るなら来い。やってやるぜ。」
もう間違いなく真性。危険なオーディションだわ。で、こんな奴を採用しちゃうところが凄すぎだわ。

deco

  特筆すべきは、やはりアンドリュー・ストロング演じるヴォーカルのデコでしょう。彼の才能は天賦のもの。まさに“神の贈り物”。誰もが彼の歌の前にはひれ伏すしかありません。ところが「天は二物を与えず」。歌の才能を除けば何も取り柄がない。いや、それどころか、こんな嫌な奴お目にかかったことない。デブでブ男で下品で酔っ払いで目立ちたがり。バック・コーラスの女の子のソロ曲になると露骨に不満気。引き抜きの誘いがあれば、それを隠しもしない協調性のなさ。ほとんど破綻してます。でも、嫌ってるはずのメンバーたちでさえ、ステージの上に限れば「こいつ、ホントにスゲェ」てな視線を送るわけですよ。この対比がね、なぜか観てるこっちを興奮させてくれます。
この肝心要のライブ・シーンの熱気や迫力は、“映画と音楽の神が降りてきた”ともいうべき出来栄えなんですが、この辺のことは他の方があちこちで書いているのでそちらを読んでいただければ。

私はちょっと違う視点で次のシーンをご紹介。
  バック・コーラスの女の子バーニーが練習に出て来なくなります。心配したジミーが家を訪ねると、彼女は生活に追われバンドの練習どころではない。家庭の事情が許さない。首にされるのかと考えた彼女はジミーにこう言います。
「ジミー、私にはバンドが必要なの。何か楽しみが。」
この映画に描かれている全ての思いを簡潔に語り尽くすいいシーンです。

  初めは単なる楽しみ。観客の拍手と歓声がやる気を起こさせ、もっと上手くなりたいの思いが結束を強める。結束は上達を早め、上達は評判とチャンスを生む。と同時にメンバーそれぞれのエゴまでもあらわにしてしまう。、、、、悪いな、俺らそれほど利口にできてねぇんだよ。

  つくづく思うんですけど、たとえ虚構とはいえ、他人様の不幸やら失敗やらを見て「後味がどうの、納得できないの」って、自分のことだけ考えて言えちゃう感覚がね。好きになれんですよ。その醒め具合いがね。その冷たさがね。幸福と未成熟が同義語で、その武器が傲慢さって感じですかね。彼らにゃ浮かばれない人たちの思いなんてわからんでしょう。
むしろ、、、、もしこの映画が「努力すれば夢が叶う式のサクセス・ストーリー」として終わっていたら、張り倒したくなりますけどね。ほろ苦い結末。胸にしみます。
群像劇が持つ例の力強さもね。実は、たくましくもおかしくも切ない。そう、ラストで語られる「それでも、どっこい生きてるぜ」の気概のことです。労働者階級、ダブリンっ子ここにあり、ですわ。

          ザ・コミットメンツのメンバーのリアルなその後について少々。
バーニー役のブロナー・ギャラガーはそれ以前にもテレビ出演を経験していて、現在でも脇役女優として活動中。『パルプ・フィクション』に出演したことも。
男たちの憧れの的イメルダ役のアンジェリナ・ボールも主にテレビを中心に活動中。
ナタリー役のマリア・ドイルも現在でも女優として活動中。2001年に自主レーベルからソロ・デビュー・アルバムを発表し、ここにはジミー役のロバート・アーキンズとディーン(サックス)役のフェリム・ゴームリーも参加。
ジミー役のロバート・アーキンズはその後俳優としての活動をほとんどしていない。近年では映画音楽の作曲を手がけている。
デコ(ヴォーカル)役のアンドリュー・ストロングは当時16歳!ザ・コミットメンツのアルバムでグラミー賞にノミネートされたのち、The Rolling Stones, Elton John, Prince, Brian Adams, Lenny Kravitz, Ray Charles などのワールド・ツアーに参加。1993年にソロ・デビュー。今までに5枚のアルバムを発表している。
COMMITMENTSディーン役のフェリム・ゴームリーはプロ・ミュージシャンとして活動中。アメリカの人気テレビ番組 Late Show with David Letterman のハウス・バンドの一員として1993年から1997年まで出演。あまりにも有名なゲスト・ミュージシャンたちと共演。
アウトスパン(ギター)役のグレン・ハンサードはこの映画が公開された年にロック・バンド The Frames を結成。2003年に発表したアルバムはアイルランド・チャート1位になった。近年、映画にも出演した模様。
デレク(ベース)役のケネス・マクラスキーと、途中でバンドを抜けるビリー(ドラムス)役のディック・マッセイの2人は、現在でも The Commitments というソウル・バンドを継続中。
スティーヴン(ピアノ)役のマイケル・エイハーンは現在土木技師。
凶暴なドラマー、ミカ役のデイヴ・フィネガンは現在消息不明。
ジョーイ(トランペット)役のジョニー・マーフィは元々プロの俳優。

ほら、やっぱり「どっこい生きてる」でしょ?(若干1名心細い。刺されてなきゃいいが。)

100点
『スティル・クレイジー』に100点付けたから、これにも100点付けるしかない(笑) 
いいんです。“私がどれだけ好きか”ですから。
“いつの日かある映画に0点を付けてみたい”という誘惑にも駆られている私(爆

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

ザ・コミットメンツ@映画生活



スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/81-86b26ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。