☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ウディ・ガスリー/わが心のふるさと
ウディ2
    
  金言なのか単なる処世術なのか。
「政治と宗教の話はするな。友達を無くすことにもなりかねない。」
なので、頭の中の悪魔だか天使だかがこんな風にささやく。
最近じゃ無党派でいることが最も知的に見えるのよ。この『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』なんて映画は、オルグの道具にでもなりそうな「左翼ヒューマニズム」であることを指摘して皮肉の一つも言っておけばいい。そうすりゃ博学で良識のある中道ってことになる。でも、こきおろしちゃ駄目よ。もろ右翼に見えちゃうからね。

  それなら、この映画と全く同じ背景を語る『怒りの葡萄』を作ったジョン・フォード。彼も左翼?? んなバカな。
作品の一人歩き。ある信条を持つ人たちにとって利用しやすい映画ではあるかもしれません。でもハル・アシュビー監督の興味は政治などではなく、フォーク・ソングの父ウディ・ガスリーそのもの。反骨心あふれる彼の人間像そのものです。

  ウディ14歳の時、母親の精神病院入院。18歳の時死亡(このあたりのことは映画では語られません)。19歳のときテキサスで最初の妻メアリー・ジェニングスと出会って結婚し、3人の子供(映画では何故か2人)をもうけます。
時は1930年代の大恐慌。ウディ・ガスリーの住むテキサスからも多くの人たちが新天地を求めて旅立って行きます。夢(だと噂される)のカリフォルニアへ向けて。砂嵐に火事に竜巻。何をしても事態が好転しそうにないウディもカリフォルニアへの旅立ちを決意します。家族には何も告げず書き置き1枚残しただけで。
あてがあるわけではありません。ヒッチハイクやら貨車のタダ乗り(『北国の帝王』の命を賭けたアレです)やら。もっとも、西海岸の親戚から「こっちへ来ないか?」と誘われた、というのが真相という説もあります。
動機はともあれ、道中知り合った人々の貧困ぶりは彼に大いなる影響を与えることになります。
カリフォルニアへ着いてみれば、聞くと見るとでは大違い。『怒りの葡萄』そのものでした。困窮しているホームレスの弱みにつけこんだ資本家たちに信じられないような薄給でこき使われる。その仕事にしたってそう簡単にはありつけないから、労働者は文句の一つも言えない。

  彼らにとって唯一の慰めが歌でした。ウディも旅の途中で見聞きした出来事、自らの体験などを歌って聞かせました。ラジオ局のオーディションを受け合格した彼は、次第に各地のキャンプを回って組合の結成を呼びかけるようになります。彼が社会主義者と呼ばれるゆえんです。でも組合=社会主義者って、ちと短絡過ぎないか? それよりは、“時代が望んだヒーロー”だったのではないかと。スタインベックの小説も、ジョン・フォードの映画も同じこと。その時代に必要であったからこそ生まれてきたもの。それだけ劣悪な労働環境に置かれていた人々の悲劇があり、誰かが声をあげなければならなかった。赤ん坊に飲ませるミルクをどうしたら、、、という差し迫った話に右も左も関係ない。
ウディにしても、厳しい労働で疲れた人たちの心を癒し、仕事にあぶれた人たちの心を慰めることが自分の役割だと心得ていました。資本家に公平なる富の分配を求めたわけでも、彼らから権力を奪い取り労働者階級の支配する世の中を作ろうと訴えたわけでもありません。もう少しましな、人間として最低限の生活が出来るように組合を作ろうと訴えただけ。現実的な政治との関わりについては、この映画は何ひとつ語っていません。

           以下、ネタバレあります。ご注意を。

  この映画におけるウディは筋金入りの左翼活動家としてではなく、反骨心旺盛な頑固者、反逆児として描かれます。その時歌いたい歌を誰にも邪魔されずに歌いたい。ラジオのスポンサーが怒ろうがどうしようが知ったことか。俺はスポンサーのために歌うわけじゃない。ラジオを聴いている皆のために歌う。全国放送への出世?「あれは歌うな。これにしとけ。」なんて指図されるくらいなら、こっちで願い下げだ。いくらホテル出演のギャラが良かろうが、何が悲しくて高価なマティーニや料理を楽しんでる客の前で歌わなきゃならん。俺は仲間を裏切れない。
せっかくテキサスから呼び寄せることのできた家族と再び別れることになっても、生き方を変えられなかったウディ。自己を貫徹するその後姿に先輩ミュージシャンのオザークも脱帽して見送るしかありません。
そしてウディはニューヨークへと旅立ちます。演じるデビッド・キャラダインではなく、ウディ本人生前の録音テープが貨車庫に流れます。
「自分を惨めにさせる歌は嫌だ。自分を負け犬に思わせる歌は。誰の役にも立たない人間なんてあり得ない。それぞれ年を取りすぎたり、若すぎたり、顔がまずかったり。だが人の不運を楽しみからかうような歌は、わたしに用はないし絶対に歌わない。死んでもだ。わたしは歌で証明する。どんなに不運でもこの世界は君の世界なのだ。長い年月どんなに芽が出なくても、君が白人だろうと黒人だろうとだ。だから私は歌を続ける。君自身の誇りを生かす歌を。」
GUTHRIE3
放浪と自己信条貫徹。男のくだらないロマンを否が応でも掻き立ててくれる映画です。 ハスケル・ウェクスラー撮影による黄色い砂埃を浴びながら、叶うはずもないだろう彷徨に思いをはせてみてください(いい気なもんだ)。

← ウディ・ガスリー本人。ギターにキャッチ・フレーズ「この機械はファシストたちを殺す」。ファシストってのは、自分に指図をする人たちや、貧乏人の味方しただけですぐに“アカ呼ばわり”する人たちのことでしょうか。パンクなオヤジです。

90点

、、、、、ところでボブ・ディラン様、貴方は彼を尊敬していたはずですよね。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

ウディ・ガスリー/わが心のふるさと@映画生活



スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/83-b04046b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。