☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
チャック・ベリー/ヘイル!ヘイル!ロックンロール

  日本でも1ヶ月前にDVDがリリースされました。やっとという感じなんですが、アメリカ盤が4枚組のボックス仕様であったにも関わらず、日本盤は2枚組。未公開ライブなど数々の特典映像が削ぎ落とされている模様。とはいえ、字幕なしのアメリカ盤はつらい。ドキュメンタリー映画なのでスラングと訛りが強烈と思われ、聞き取るのは恐らく困難。未だどちらを買おうか思案中です。
  ということで、このレビューは今回リリースされたDVDではなく、劇場公開版についてのレビューとなります。

  こういう音楽物のドキュメンタリーって、その対象であるミュージシャンに興味がない観客にはつまらないものなんでしょうか?個人的な事を言えば、例えばアバなんて間違ってもCD買いませんが、ドキュメンタリーで解散までの変遷を追っていたりすると、それを観るのは決して苦痛ではありません。逆にたとえ好きなミュージシャンであっても、上っ面の奇麗事だけじゃお話にならない。プロモーション・ビデオに惚れるほど純情に出来てませんから。やはり人間臭さというか、生臭いものを感じさせてくれないと。

  その意味ではこの映画、大変面白い。何がって、ロックン・ロール元祖チャック・ベリーの壊れた人となりに尽きます。胡散臭いというか、いかがわしいというか。そのあたりの人間性が呆れるほど赤裸々にカメラに収められています。
何しろ映画が始まってしばらくの間、このオヤジの口をついて出てくるのは金の話ばかり。それも実に事細か。かなり昔の話をそこまで覚えてるか、普通。「レコード1枚売って1セントの印税」から「自身の所有する広大なベリー・パーク」まで、とにかく金、金、金。ジャズやブルースの黒人ミュージシャンの多くがそうであったように、チャック・ベリーも契約書の重要性を認識していなかったためにひどい目に遭った経験を持ちます。それやこれやでこうした人格が形成されたのだとしても、、、、いやはや。
誰にも心を許さない。人間よりも金を信じる男。ロックン・ロール=ビジネスなんですね。それもかなり生臭い。結果として彼に寄せられる人物評は、「付き合いづらい男。あまり一緒に仕事したくない男」。それでも彼が他のミュージシャンに一目置かれるのは、やはり彼の生み出した音楽が深く敬愛されているからに他なりません。

  その彼が60歳を記念したバースデー・スペシャル・ライブを催すことになり、音楽監督を担当することになったのが、あのキース・リチャーズ。その他のメンツもエリック・クラプトン、リンダ・ロンシュタット、ロバート・クレイ、エタ・ジェイムス、ジョニー・ジョンソン、チャック・リーヴェル、ボビー・キース、、、と、まぁ何とも豪華。映画はライブのリハーサル風景で進んでいき、後半はライブの本番。その合間にゆかりの人々のインタビューがバンバン入ってくるという構成。

  チャック・ベリーという人は、パーマネントなバック・バンドを持tちません。コンサートの主催者に「俺の曲を演奏できるメンツを集めといてくれ。」と依頼しておき、大したリハーサルもしないまま「1、2の3」で本番やっちゃうような人。日本に来た時も同様で、“ピアノに成毛茂”なんてライブをやらかしてます。キース・リチャーズがその辺のことを次のように語っています。
「まともなバンドをバックにつけたかった。それまでのチャックのライブはひどかったよ。自分がミスしてもバンドのせいにするんだ。そういうワガママが通ってた。とにかく性格がキツいからね。みんなは僕が彼と一緒にやるのを不思議がってた。腕ずくでおとなしくさせるしかないなら僕がその役を引き受けたかった。」


                     こちらは輸入盤4枚組。リージョン1→
ところが、さすがはチャック・ベリー。おとなしくなんかしていない。リハーサル中に些細なことで我を通します。彼だって音楽的技量で言えば文句のつけようがないメンツであることは百も承知のはず(キース・リチャーズが上手いかどうか、大いに疑念のあるところですが・笑)。いや、だからこそ我を通すんですね。彼なりの意地みたいなもんでしょう。「お手上げだ。」って顔のキース・リチャーズや、「またかよ。」とうんざり顔のジョニー・ジョンソン(古くからのチャックの相棒)が愉快です。

  そんなチャック・ベリーも今年でなんと81歳。しかし、この人は幾つになろうと枯れません。おととしには著作権を侵害されたとカラオケ業社3社を訴えてます。老いてますます盛ん。というか、相変わらずです(爆
これほどドキュメンタリー向きの人も居ないだろうってことで、

80点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/84-ec6e4850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。