☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
  女装するゲイ。もうこれだけで女性客の歓心を買う。どうにもこうにも女性の好奇心を痛く刺激する存在らしい。一度「なんでそんなに興味があるのよ?」と聞いたことがある。彼女いわく、、、「だって面白い。」
ではストレートな男が女装するゲイをどう思っているのか?
人間社会学的な考察をする人なら別だろうが、大多数の答えは「関心がない。」というところへ落ち着く。 恐らくはこの映画に好意的な女性の方がよっぽど彼らに興味を持っているはず。

hedwig_angryinch

  あちこちで絶賛されている映画です。なので、ちと勇気がいるわけです(笑)

  観念的に内省的に愛だの自分探しだのが語られます。何はさておいても「自分は・・・・、自分にとって・・・・」という命題が優先される「アイデンティティ病」に冒されているわけです。マイノリティの悲哀を語りはしますが、その際に他者の思考やら事情をわきまえている風でもありません。ひたすら「自分がこんな風になったのはこうこうこうで。なのに自分は理解されない。受け入れてもらえない。」と過剰な被害者意識で吐露し続けます。そのくせバック・バンドの人格なんて認めませんからね、こいつ。ていうか、この映画自体が呆れるほどの一人称。
例えばあの坊やがひるんだのはヘドウィグが言うように「意気地なし」だからではありませんし、社会に蔓延する差別意識が働いたわけでもありません。あの坊やが単にストレートな男だっただけ。彼にとって女装するゲイは、初めから性的に愛する対象ではなかったという、ただそれだけのこと。その運命を呪われてもね。「愛していれば受け入れられるはず。」なんて、あの切れっぷりで言われてもね。無理なものは無理でしょ、やっぱ。
困った生き物なんですから、男なんて。そもそも相手が女性であったとしても、愛だけに生きたりできんのですよ。純愛なんて言葉持ち出されたら腰が引けちゃうんですから。その意味から言っても女性に受ける映画なんでしょうね、これ。

  退廃的な香り立つグラム・ロック。けばけばしいメイクと衣装で反社会的なアジテーションでもするのかと思えば、これまたひどく個人的な内容で、くどくどと怨み節。即物的な言い方は避けながら適当に抽象的な歌詞をもってきて、、、そこに着かず離れずのアニメーション。もうこの前半で辟易としてしまいます。1曲ずつ切り取ったら、ちょっとだけカメラ・アングルに凝ったポップなミュージック・ビデオじゃないですか。
  いわくありげなベルリンの壁も思わせぶりなだけ。不安定な自我を生む一要因として、あるいは片割れというキーワードにひっかけて国家の分断を語るだけ。それ以上の意味は何ら見出せません。こうまでも内向きな宇宙を構築するジョン・キャメロン・ミッチェル にベルリンの壁は荷が重過ぎます。広げた風呂敷が大仰過ぎます。むしろ、この映画の作り手が時事的なことや社会事象に本来無関心であることを露呈させる結果となっています。



  自分の失われた片割れを探し求めるヘドウィグ。自分が何者であるか完璧な答えを探し続けます。「そんなもの死ぬまで、いや、死んでもわかるかい!」が私の答えなんですが(笑)、この映画では「ありのままの自分」という結論を導き出します。だからカツラも取り、衣装も引きちぎり、裸の自分になる。あらゆる虚飾をはいだ時に二つの顔が一つに合体する。そして、過去をひきずりつつも歩みだす。イツハクを女性に戻すのも、この男の成長の証なんでしょう。最後まで傲慢で独善的で、周囲の人間をでくの坊扱いの困ったお人(映画)ですが、この導き出した結論自体に異を唱えるつもりはありません。感動された方も多いことでしょう。青臭ければ青臭いほど若者の胸を打つに違いありません。

  そこいら中に抽象的な表現を用いつつも、実は非常にわかりやすい話。拍子抜けするくらいです。例えば40年近くも前の『真夜中のカーボーイ』。カウボーイ姿とおさらばしたジョン・ヴォイトなんですよ、これ。あちらはもっとさりげなかったですけどね。
これだけテーマをはっきり打ち出しているだけに、下手に結論なんか出さない方がいいのに。

40点
  
  この映画で観て聴けるロックが最高とお感じの方にニール・ヤングの『ウェルド』というライブ・ビデオをお薦めします。大金稼いでいるミュージシャンがあまりにカジュアルな服装でステージに立っている。観客の求めるイメージを裏切れないわけで、それだけ見れば詐欺みたいなもんです。でもそこで聴ける武骨な爆音は「こいつ、まだまだ本気だ。大物になった今でも腐ってない。いい年して闘ってるぞ、オイ。」と感じさせてくれるに充分です。ショー・アップされたファッショナブルな内省ロックなんてくそくらえ、なんであります。ハイ。
もしご覧になったら感想を聞かせてやってください。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/85-b38e3202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。