☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
リバイバル・ブルース
  平均寿命、あるいは平均余命。本来は医療技術の進歩を広く知らしめるのに最も効果的な数値なんだろう。でも大抵の人は、そんなことより何より、「自分にはまだ●年ある」と算用しているのではないか。「自分もせめてその年齢ぐらいまでは生きたい。」という願望が、いつの間にか「まだ●年ある」にすりかわっていく。
早死にした父親の死亡時年齢に私もあと5年で追いつく。彼の死因ともなった同じ持病を持ち、しかも体調は決して良くない。私の友人にも同じような奴がいて、彼は医者に止められている酒を飲んでは「俺は長生きできない。」と電話で繰言を言う。しらふの私は毎度のように答える。「たとえ長生きしたっていつかは死ななきゃならない。お前みたいのは平均寿命を超えて生きても、『もうあとがない』って騒ぐんだろうな。」

リバイバル  リバイバル2

  あるブルースバンドが解散。ヴォーカルの加代(桃井かおり)は新宿ゴールデン街に店を持ち、ギタリストの 洋介(奥田瑛二)は沖縄へ渡った。26年後、仕事で沖縄にやってきた健(内藤剛志)が「リバイバル・ナイトに出演するためもう一度バンドを。」と洋介に声をかける。しかし洋介は既に末期のガンに侵されており、健の目の前で昏倒する。
バンド解散の原因は健の脱退にあったらしく、洋介の心には未だわだかまりが残ったままだったが、自分の余命を知ったことで健の誘いを受け入れる決意をする。経営していた沖縄の店を売り払った彼は同棲していた彼女と結婚入籍。
同じく再結成に誘われた加代は健に問う。「洋介のためにやったほうがいいんだね?まさかアンタのためじゃないよね?」
ともあれ、一夜だけのバンド再結成も成功。高揚した気分の健は、ホテル住まいだった洋介夫婦に自分のマンションで暮らすよう進言。洋介の最後を看取るべく献身的な介護を始めるのだが……。

  物語の展開と役者の顔ぶれを見ると、奥田瑛二が主役、あるいは等分の友情物語かと思われます。でもこの映画、主役は内藤剛志。作品に及ぼす影響力ということで言えば、内藤>桃井>奥田。
  実は内藤演じる中年男の“心の彷徨”こそが、この映画の興味です。献身物語といった奇麗事ではありません。弱っていく洋介の介護をしながら、健はどんどん活き活きしていきます。若い女性シンガーから清掃のおばちゃんまで、女性と見れば手当たり次第に手を付ける。そのことで妻と離婚することになりますが、それでもこの男は自分で自分を抑えられない。病気のため「勃たない」と打ち明ける洋介に対し、無神経にも自分の女性関係を楽しげに語るような男。そんな健に加代はこんな言葉を浴びせます。「アンタ、あいつが死ぬと思って活性化してない?」
桃井演じる加代の突っ込みがこの男のだらしなさやエゴイズムをあぶりだす格好になっています。彼女の突っ込みを真に受ければ、なんとも嫌な奴です。デリカシーに欠ける女癖の悪いエゴイスト。女性の観客からは総ブーイングでしょう。
でもですよ。ちょっと待ってください。たとえ自分のエゴを満足させるために洋介を招き入れたのだとしても、それだけで介護ができますか? 高価な医療用ベッドまで買えますか? 背中までベットリくっついたウンコを拭き取ってやれますか? 
この男は洋介が死んだ後、医療用ベッドを片付けながら友のいなくなった部屋で声をあげて泣き続けます。

  洋介の死後、健は手当たり次第に女に手を付けていた頃の生気を失います。どこかしら腑抜けのようです。妻に去られ友を失ったための喪失感? いや、そもそも洋介と再会するまでのこの中年男に“生の実感”があったのか?会社の共同経営者という社会的地位、妻の存在、成功の象徴である高層マンション、それだけでこの男は満ち足りていたのか? 
死の淵にいる友を前にしてこそ初めて自らの生を意識。その甘美な実感ゆえに介護をするのであれば、確かにあまりに利己的なんでしょう。でもこの生の実感、裏返して言えば、彼の心に潜んでいる死への恐怖でもある。節操のない女癖はそれでこそ得られた生の証。生への渇望。



  この映画の監督はカナダ人のクロード・ガニオン。以前にもOLの私生活を覗き見るかのような『Keiko』という作品を日本で撮っています。その作品と同様、この『リバイバル・ブルース』も即興芝居による即興演出(台本はあるけど台詞は役者に任す)。明瞭な台詞のやりとりでは嘘臭くなる物語。手探りでお互いの芝居に呼応する姿が映画にリアリティを与えています。さすがは内藤+桃井+奥田なんですが、時として禅問答のようになってしまったり、「3人とも懸命に頑張っているんだな。」と観客に余計な感慨を持たせるマイナス面があることも否定できません。

  嫌でも自分の身の上に死臭を嗅ぎ取る中年世代。その日までもがくか、あがくか、受け入れていくか。

桃井かおりの歌う『チンチン・ブルース』は必聴。

75点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:DVD - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/86-b0da59eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。