☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
新・悲しきヒットマン

新悲しきヒットマン

  単館公開されたVシネマ。
金子正次の『竜二』以降作られ続けてきたニュー・タイプのやくざ映画ってあるじゃないですか。陣内とか柳葉とか哀川とか竹内とか。あのどっかションベン臭い極道映画の数々。半端者の悲哀を描いているようでいながら、実は映画館を出た観客が肩で風切って歩いちゃうようなやつ。
くれぐれも一緒にしないでください。
多くの極道映画の場合、ゴミはゴミなりの意地を描くわけですね。一寸の虫にも五分の魂。それでこそ観客は感情移入しやすい。男の意地を見得切って描けば、中学生にでもわかるヒロイズムを見せつけることはできます。間違ってもそっちの世界へは行きそうもない観客にまで肩で風切らせるわけです。

  でもこの映画はもっと冷徹です。やくざ社会を疑似体験したい幸福者に媚びたりしません。もっとなんていうか、、、、心のどこかが欠落している、帰るべき場所のない、、、そういう喪失感を抱えている観客と出会ってこそ真に共鳴し合う映画とでもいうか、、、、。

望月六郎監督も次のように言ってます。
「別に暴力を礼賛する形でやくざを撮りたいとか思わないんですよね。だけど、やくざも人間だから、ま、人間としては撮れるなとは思うけど、やくざカッコいいとかあんまり思ったことないんですよね。深作さんが好きだったりするのも、深作さんの映画に出てくるやくざって別にカッコよくないんですよね。滑稽だったり、悲しかったり、そういうところが好きでしたね。ヒロイックじゃないっていうか、『バカだな、お前ら』みたいな感じが好きだったから。映画って別に道徳を教えるものじゃないから、映画の魅力って何?って言ったら、やっぱセックス&バイオレンスとかね。そういう風に僕は思ったりするんで、全然やくざ映画を批判、否定なんかしない。でもあまり好きじゃないってだけですよね。人があまりバリバリ死んだりするのは好きじゃない。」

新悲しきヒットマンB  どいつもこいつもろくでもありません。男の哀愁とやらも、せいぜい主人公のストイックさにのみ見出せるだけ。その主人公タッチャン(石橋凌)、ヒットマンといえばカッコいい響きですけど、しょせんは鉄砲玉というやくざ組織の最下層。仲間内にさえ馬鹿にされているやくざです。
鉄砲玉として抗争相手を弾いて10年の刑期。出所してみりゃことさら誰も歓迎などしてくれない。幹部の椅子が待ってるわけでもない。出所祝いと言えば、一晩だけのお相手にシャブ中のホテトル嬢ユキ(沢木麻美)が組から派遣されるだけ。刑務所にいる間に歳は10コも食って貫禄ついてますが、組の中じゃ相変わらずのチンピラ扱い。
義理人情を重んじる古いタイプのヤクザが激変した極道社会で居場所を失います。上層部とやらのなんと愚劣なことよ。組織の保持が最優先事項で、その手段も目的も金、金、金。でももしかしたら本人が気付かなかっただけで、10年前だって同じようなものだったのかもしれません。刑務所帰りの身であるからこそ感じる渡世の風の冷たさ。自分の馬鹿さ加減が身に沁みます。
タッチャンに憧れている若いチンピラ(金山一彦)にしても同じこと。いきがかりでタッチャンと共に親分に弓ひきますが、結局彼も組織の捨て駒としての自分にしか生きる道を見出せません。

  ホテトル嬢のユキと共に帰郷するものの、今や親にさえ疎まれてしまうタッチャン。帰る場所のないこの男は漁師として出直す決意を固めますが、結局彼を待っていたものは、、、、、。
効果音を使わず、ビデオカメラの揺れだけで事の次第を語る結末が効いています。

  彼の置き土産、それはユキをシャブ中から立ち直らせたことぐらいなもの。でもこの悲しい女に行き場所は残されているんでしょうか。

90点

尚、この映画は日本ではDVD化されていません。リ-ジョン1のアメリカ盤が出ています。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/89-dd8e8d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。