☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
鬼火

鬼火2

  あまりにも豊かな叙情性を湛えた傑作です。こういうのを観ちゃうとハリウッドのアクション映画がもうガキンチョ臭くて。
もしこの作品にピンとこなかったら、映画ばかり観ていないで外へ出ましょう。27年ぐらい世間の風に吹かれてみましょう。俗に言う人生経験ってやつです。人情、色恋、挫折、屈辱、悔恨、忍耐、業、性、恩義、義理、死に場所、、、これらの言葉に現実味を感じるようになってからもう一度観ていただけたら。感受性が人一倍鋭敏な方ならともかく、普通の10代や20代が観てもわからん映画ってものがありますから(当たり前ですよね)。
ま、死ぬまでわからんままなら、それはそれで幸せな一生なのかもしれませんが。

  誰が何と言おうと原田芳雄。オーラっていうんですか。最近人気の俳優が20人や30人束になってかかっても屁でもない。35歳の時に脇役で出演した『祭りの準備』において作品全部をかっさらった人ですから。ものが違います、ものが。
望月六郎監督自らが台本を持って原田芳雄本人に出演を懇願したらしいですが、双方にとって実に幸せな結果となりました。この稀有な役者の魅力全開です。凄み、哀感、優しさ、ユーモア、どれをとっても完璧な表現で、どれをとっても原田芳雄。この人以外にはあり得ないでしょう、この役。



  かつて極道社会で「火の玉」と恐れられたヒットマン国広法康(原田芳雄)。通称クニさん、50歳半ばを過ぎての出所。 『新・悲しきヒットマン』 とは異なり、親分たちにも一目置かれる伝説の人物。
この男、実は優しく律儀で生真面目。殺した男の墓参りに行き、吸えないタバコに火をつけて供える、、、この冒頭シーンから愛すべきキャラが描かれていきます。
刺青は入れずシャブにも手を出さない。「ああいうもんやったら他人は信用してくれんようになります。」
「真面目やってんね。」の言葉に、「人殺しといて真面目いうのはどないなもんでっしゃろ。」と自嘲気味。昔気質の筋とか芯とか、そういうものが一本通っていながら、とぼけたユーモアの持ち主でもある。愛読書は『風の又三郎』。
クニさんのいた組は既に解散。昔も今も自分を兄貴と慕ってくれる谷川尚人(哀川翔)は、かつて敵対していた明神組の傘下で外様の組長に納まっています。彼が当面の生活費としてクニさんに金と車を渡そうとしても「受け取れんがな。」の返事。、、、今度刑務所に入ったら二度とシャバには出てこれない(死刑?)クニさんは、堅気になる決意をしているらしい。

  肉体労働しか残されていないわけですが、よる年波には勝てず。結局明神組組長(奥田瑛二)の運転手に採用されます。闇金融の取立てで手柄をあげ(惚れ惚れするカッコよさ)、図らずも心ならずも、正式に組員として極道社会に復帰してしまうクニさん。しかしこれとて若きヒロイン日野麻子、通称アサちゃん(片岡礼子)の復讐に手を貸したことが仇となって破門。再び堅気の道を模索することとなり、どうにか印刷工の職を得ます。アサちゃんと暮らすアパートも見つかり、仕事も順調。これでやっと落ち着けるのかと思えば、、、、、、。
  やはり極道なんです。通算で27年間も刑務所に入っていた、そして高級クラブで昔の武勇伝を語れば、その凄まじさにやくざまで押し黙ってしまうほどの。
じりじりと照りつける太陽の下、縁台将棋の最中にとうとう爆発します。何事にも真剣なクニさんに対し、自分から将棋に誘った印刷工場のオヤジはちゃらんぽらん。心ここにあらず。鬼の形相となって立ち去るクニさん。「将棋に負けているだけで、、、」てな批判をする方は人生やり直しましょう。
自分が引き起こした恩義ある友・坂田(北村一輝)の死。理不尽な明神組。愛するアサちゃんを辱めた藤間兄弟。そして、そんなことよりも何よりも、平穏に暮らすことに甘んじられない極道の血、業、性。

鬼火

  どの人物の台詞も象徴的なものにとどめていて、説明調の長台詞を極力排しています。ハードボイルドの常道。でもこれって、一歩間違うと思わせぶりが鼻につくことになります。まずは筆力のある脚本(森岡利行)に感嘆です。
  この優れた脚本に刺激され、次から次へイメージがわき上がってきたんでしょうか。望月六郎監督の演出も冴え渡ってます。的確かつ印象的なカメラ・アングルで登場人物の思いを台詞以上の雄弁さで語ります。特にアサちゃんが実家に電話をかけるシーンと俯瞰で撮る縁台将棋。その見事な構図に唸ります。
そして濡れ場。元はといえば、高級クラブでピアノ弾きのバイトしていた女の子をお持ち帰りしたわけですが、クニさんその日だけでなく延々と手を出さない。無防備に寝ているアサちゃんの色っぽいこと。男は大抵このシーンで片岡礼子に惚れます(笑)。何とも言いがたい欲情をもよおしはしますが、それでも耐えるクニさん。
50代半ばの男と20代半ばの女。へたすりゃキワモノです。望月監督って時々濡れ場を見せたくて、そのアイデアだけで映画撮っちゃうようなとこありますけど、この作品ではお互いの激情の発露として描かれていて大いに盛り上がります。何の違和感もありません。
  二人で小学校の講堂に忍び込み、ピアノ演奏をするシーン。それに続くプールの中の二人。これらのシーンに限らず、映画全篇をピアノの哀しい旋律が覆います。冒頭とラストに映し出される草っぱら。フィックスで収められたこの映像が深い余韻を残すように、実は台詞のない画面でこそ様々な感情が語られています。

  あちこちにクスッとくるユーモアまで配し、まさに緩急自在。間違いなく望月監督の最高傑作です。てっきり粘りに粘って撮り上げた作品なのかと思っていたら、なんと3週間にも満たない撮影日数だったそう。望月監督、アンタ天才だ!!(この映画に限っては・笑)

  クライマックス。名シーンです。拳銃ぶっ放すシーンとしちゃ映画史に残ります。劇中の台詞が思い出されます。「意味がなくて殺すのではなく、意味があって殺すんです」、、、カッコ良すぎるぞ、原田芳雄。

120点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/92-1e02c630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鬼火(1996/日本)

鬼火原田芳雄 (2000/08/25)ハピネット この商品の詳細を見る 殺人犯としての刑期を終え出所する原田芳雄。彼を迎えに来るのが弟分の哀川翔。原田は哀川の所属する組織の運転手として再出発するが、ピアノ弾きのアルバ 大洋ボート【2007/06/01 22:54】
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。