☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
濡れた赫い糸

濡れた赫い糸

  この映画に関する批評・感想・ブログ記事を検索してみましたが、あまり見当たりません。確かに捕らえどころのない作風なので、あれこれ書きづらいのだろうとは思います。数少ないそれらのご意見を読んでみても、どうもピンとこない。私が感じたものとピタッと符合するような記事が見当たりません。

  皆さん真面目に考えすぎてません? リアルな話として理解したがってませんか?
だから、「本編のストーリーもさることながら視聴者に対しても、正に裏切りの連続」、「特にクライマックス(ラスト)に北村一輝が、女を求めるシーンなどは不必要に感じる。」、「高岡早紀や吉井玲がどうなったのか分からないままクライマックスに入って、突然エンドロール」、「なぜそこでそんなことをしてしまったのか(吉井玲の最後の方の行動)とか理解し難い内容」、「誰にも共感することが出来なかった。」、「何を言わんとしているのか?」、「物語にもっと絡んでくると思われた高岡さんは中盤で出なくなってしまい,北村さんと吉井玲さんがメインになり,また突然高岡さんがでてきたり・・。なんだか不思議な映画 」、「R-15指定の割には濡れ場も少なく」、「おっぱいどころか一枚も脱いでないぞ状態なんてさあ……。望月映画は女の性のドギツさがあってこそ、その情念や心の機微がギャップとしてあぶり出されるんじゃないのお?」、、、、といったご意見が並ぶのでは?(無断転載ごめんなさい)

  でもこの映画、ファンタジーというか、おとぎ話でしょ。
もっと言ってしまうと、一応主役は茂(北村一輝)ってことになってますけど、彼はいわゆる狂言回し的役どころ。彼の成長物語という体裁をとってはいても、とりたててそれのみに特化しているわけではありません。じゃ主役は誰なんだってことになると、娼婦の一美(高岡早紀)や恵利(吉井玲)といった女たちでもなく、ましてや娼館の支配人的存在のナカさん(奥田瑛二)であるはずもない。
この映画の主役は、架空の色町“忍山”。しかも、そこで繰り広げられる人間模様というよりは、そういう場所の空気感。
  人間模様に濃厚に迫ろうとすれば、かつての五社英雄監督がさんざん採り上げていた世界。手垢だらけの映画になっちゃいます。そこでこの映画は、時代設定が現代でありながら、五社英雄の諸作以上にエキセントリックな人物を登場させていながら、それと同時にあちらこちらに浮世離れした味付けを施している。
例えば、ガード下の自衛官募集の貼り紙(今どき写真もイラストもないアナクロさ)、たとえ15分とはいえ本番7500円という料金設定、娼婦たちの下着を干すナカさんのそばでおしっこする娼婦とその彼氏、とにかく食ってばかりいる忍山の経営者(諏訪太郎)、堕胎した胎児を目の前に差し出す産科医、実は夢(それもかなりシュールな夢)だったというオチ、吉井玲が差し出す鶏のデカさ、走るワゴン車から突き落とされるおデブちゃん(佐倉萌)、お遍路に出かける経営者夫婦、中指詰められる北村一輝、何かが巻かれているものの繋がっている中指、、、、等々。
これらの表現を際立たせればまるでアングラ前衛劇。娯楽映画としての価値を考えれば、そこまでの思い切りはないわけですが、状況劇場を好み、唐十郎とも親交のある望月六郎監督の趣味嗜好が反映されていると思われます。

  つまり、この映画はあえてリアルではない。色町を描いていながら、おっぱいなどは出てきません。即物的なものを出してしまうと架空の色町“忍山”が生々しくリアルになってしまい、ファンタジーでなくなってしまいます。そして、物語を転がすためにその場面場面の感情の動きについてはリアルであっても、その結果引き起こされる出来事は不条理であったり、シュールであったり。



  なので、このあたりの味付けを無視して、まっとうな人間ドラマとして理解しようとすると、上に挙げた感想のような混乱が起きるのではないかと思います。
一美が魔性の女っぷりを発揮して「アンタがおれへんようになったら、うち、ここ追い出される。」と茂に訴えるシーンがあります。茂は「ほな、しゃあないの。」と冷たい返事。この女の色香に惑わされなくなった茂を見せると同時に、色町の流儀を語っています。色町から消えた女たち(高岡早紀や吉井玲)がその後どうしたかなんて、色町に残った人間たちにはわからんでしょうし、大して興味もないでしょう。出て行った女にしても、その後堅気になったとすれば、娼婦として働く女や色町の人間とは連絡を絶つでしょう。色町とはそういうところ。高岡早紀や吉井玲の行く末なんてどうでもいいんですね、この映画の主役“忍山”にとっちゃ。
この色町を知り尽くし、そこの女たちに等しく愛情を注ぐナカさんの跡を引き継ぐ茂。そこんところにこの男の成長が見て取れるんですが、その意味でもラストの「オ●コしよか。」はナカさん2世を象徴しています。不必要なわけでもありません。
色町そのものが主役ですから、そこで働く女の子がプイと消えたあとに出戻ってくるのもよくある話(高岡早紀)。別に脚本の構成に落ち度があるわけでもありません。たまたまそういう魔性の女役に高岡早紀が、、、ということですね。「そんな出番の少ない役に高岡早紀を使うな。」という言い方はあるかもしれませんが。

  なんだかなぁ。まるでこの映画の擁護をしているみたい。じゃあ、この映画をどのくらい好きかと言うと、

60点

  「げに恐ろしきは、女。」なんて、今更この映画に言われるまでもなく ^^; 
、、、、、 おデブちゃん役の佐倉萌(いい味出してます)。あの『雷魚』の主役がなぜにここまで太ってしまったのか。まるで別人。美形だったのに。。。。。。なんてことが、実は一番印象に残った映画なのでした。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/94-5c56c83c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。