☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
無国籍の男 血の収穫

無国籍の男2

  天下の愚作。
← ビデオのジャケット写真は詐欺です。裏ジャケのキャッチ・コピー “世界中の悪党ども、俺を殺れるか!?”、これも詐欺です。
OVの中には「渋いハード・ボイルドかと思ったら、とんでもない珍品」ってケースが星の数ほどありますが、なんとこれは劇場公開作。それも大手の東映!! この映画を1800円で見せたとすれば、その勇気だけは敬服に値します。
とりあえず Movie Walker からストーリーを転載。ネタバレしようが、どうってことありません(笑) 

通称ピノキオと呼ばれている黒木慎矢(石橋凌)は、6年前まではニューヨーク在住の商社マンだったが、大学時代にならしたボクシングの腕前と東大卒業という頭脳を見込まれ、イタリアン・マフィアのゼペット・ファミリーにスカウトされた。しかし、慎矢はその組織を裏切って、日本へと戻って来る。今は、ゼペット・ファミリーのかつての仲間から命を狙われており、FBIはゼペット潰しのために慎矢の身柄を保護して証言台に立たせようと、彼の行方を捜し回っていた。久しぶりの東京を満喫していた慎矢は大学のボクシング部を訪ね、今は亡き大学時代のライバルの息子・大介(北村一輝)が営むリバーサイドのカフェで、大介に昔語りをする。ある日、慎矢は大介の店で理律(及川麻衣)という美しい女に出会い、ミステリアスな彼女に魅かれていった。その頃、慎矢の高校時代の同級生である警察庁警備局外事一課の青木(塩見三省)は、FBIからの要請により慎矢の置かれた状況を知り、その意外な音信に愕然とする。慎矢は東京でも仕事を始め、ニセブランドで巨額の利益を得ている台湾マフィア・義龍団に、盗んだデザインのパターン画を5000万円で取り引きしようと彼らに接触した。しかし、取り引きはなかなか成立せず、ゼペット・ファミリーが送り込んだ殺し屋が着実に慎矢を死角へと追いつめていく。慎矢が理律とレストランで食事をしている時に、ついに殺し屋が慎矢へと発砲した。慎矢は一瞬怯んだが、気づくと隣の理律が殺し屋に向かって銃を構えている。実は理律はFBIの捜査官だった。慎矢は理律からも逃げ、義龍団との取り引きの場所に向かう。そして、無事に取り引きを成立させ、慎矢は再びひとりで、ここではないどこかに向かって歩いていった。

  通称ピノキオで、イタリアン・マフィアのゼペット・ファミリーですよ。もうこの時点で相当にヤバイ。
映画のタイトルから想像するに、かつての日活アクション狙ったんでしょうか。とすれば、同じ素地を持つ香港アクションのノリに近いものはあります。ただし、かなり出来の悪い香港映画。
石橋凌が柄にもない軽い役なんですけど、この人にコメディーを求めてもねぇ。そもそも作品自体がコメディーとして成立してませんしねぇ。ウィットに富んでるってわけでもないですしねぇ。その手の会話は恐ろしいほどスベリまくりますから。“情けなくて笑えてくる”ってのは、そこいら中にありますけど。これ、本当に丸山昇一の脚本?
日本や香港の映画に出てくる西洋人って、間抜けじゃないですか。芝居へたくそで。昔で言うとテレビの 『Gメン'75』 あたりに出てくるような。この映画もまさにそれで、どこが凄腕の殺し屋なんだか。ついでに言っちゃうと、台湾人も日本人も皆間抜け(笑) あの石橋凌が底抜けの間抜けに見えるんだから、貴重っちゃ貴重ですけどね。
濡れ場(?)における及川麻衣にも驚愕。唖然とするしかない。お前は風俗か?!どこがFBIだ!!

  ラストではこの2人の別れがあるわけですが、
慎矢「また絶対会える。」
理律「どこで?」
慎矢、夜空を指差し「宇宙のどっかで。」
抱擁する2人。
理律「一生懸命逃げるのよ、、、必ず捕まえるから。」
慎矢の後姿を見送りながら威嚇射撃する理律。
理律「ピノキオ!、、、ウソついたら鼻が伸びるのよ。」
慎矢「チャオ。」
ここで石橋凌自身の歌う 『オー・ソレ・ミオ』(!)が流れてきてエンド・ロール。、、、、、ワタシャ悶絶。

「ウソついたら鼻が伸びるのよ。」ラストでこの台詞言わせたくて通称ピノキオってことにしたんでしょうか。素晴らしい狙いです。
あの『恋極道』と同じ年にこういう映画を作ってしまう望月六郎。素敵だ。あまりに素敵過ぎる。そして、この望月監督にはこれをも凌駕する珍作があるという事実。空恐ろしい人物です。

15点

刈上げの北村一輝がかわいい(笑)
尚、この映画はDVD化されていません。

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/95-1ac4b503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。