☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆
As Time Goes by

Let's Good Times Roll

Profile

junec1

Author:junec1
似てねェ~

FLO:Q

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Movie Grading

採点基準は「私がその作品をどれだけ好きか」
必ずしも作品の完成度や世評と一致するものではありません。
採点は0点から120点まで。大まかに言うと次のようになります。

0/5/10/15/20/25点
  ***** 恐らく2度観ることはない
30/35/40/45/50点
  ***** 何が面白いかは人それぞれ
55/60/65点
  ***** 観て損はない
70/75/80/85点
  ***** 面白い、あるいは心に残る映画
90/95点
  ***** もう一度観たい
100点
  ***** この映画に出会えたことに感謝
110点
  ***** 準至宝。添い寝したい映画
120点
  ***** 至宝。抱いて寝たい映画

注意
上で言う“面白さ”はハリウッド的面白さ・楽しさとイコールではありません。暗く辛い映画を面白いと感じることもあります。

Questionnaire

質問 管理人のたわ言を読んでみたい作品は?
いますぐ抱きしめたい
インファナル・アフェア
男たちの挽歌
クローサー
ジェネックス・コップ
少林サッカー
星願 あなたにもういちど
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー
PTU
北京オペラブルース

コメント



- アクセス解析 -

Category

All Entries

全ての記事を表示する

Recent Entries

Archives

Recent Comments

ジョニーA (06/02)
マイブログに、リンク&引用&トラバ、貼らせて貰いました
不都合あればお知らせください(削除いたします)
なにとぞ宜しゅうに

芳忠LOVE (07/08)
はじめまして。
聞くところに寄ると香港の一般上映時の結末は黒社会の会議場に来たトニー・レオンがレイ・チーホンを責めた後にそのまま彼を抑えつけ他の人物が見ている前

バーホーテン (07/01)
初めまして ワイルドブリットファンの方がこんなところに
いるとは思わなかったので思わず書き込んでしまいました

この作品はハリウッドのジョン・ウー映画が
色あせ

もりゆき (06/18)
竹中直人さんが監督でリメークされるみたいですね。

きさ (05/10)
「ミネソタ大強盗団」は大好きな映画です。
「ロング・ライダーズ」もいいですが、こちらの方が好きですね。
「ミネソタ大強盗団」昔テレビ放映で見たのですが、日本では

junec1 (04/23)
>もりゆきさん

>観たことないのばかりで
そうですか。DVD出ないわけですね(笑)
もっとも、この中の「ホット・ロック」は近日発売らしいですよ。

>また

もりゆき (04/22)
参考になります。また寄らせて下さい。

junec1 (02/27)
>sehaさん

大河ドラマのような重厚さを狙うマフィア映画とは、一線を画していますよね。「今このときを輝いて見せるぜ。」みたいな。
そばにいたら迷惑な奴。でも見

seha (02/25)
こんばんは

私がこのなかで見たのは「ホット・ロック」「デリンジャー」のみです。「デリンジャー」のウォーレン・オーツ、かっこよかった。やがて捕まるのがわかってい

junec1 (01/28)
>okada ichiroさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

望月六郎、本当にどうしちゃったんでしょうね

junec1 (01/28)
>ののさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

> 私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白

junec1 (01/28)
> GONINさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

片岡礼子わかりました。ありがとうございます。

junec1 (01/28)
> viva jijiさん

再開するまで自分のブログをいじる気になれませんでした。
レス遅くなり申し訳ありません。

私の方でも『死んでもいい』にTBさせていただきます

okada ichiro (02/18)
私も非常に愛する映画のひとつです。
90年代傑作、秀作を次次と作っていた、
望月六郎には特別な思い入れがあります。

偉大な監督ではないかもしないが、いい映画を作

のの (01/14)
はじめまして。
私の人生を映画にしたような、映画でとっても面白かったです。

薬とかじゃなくても、「お前やなきゃあかんねや」って言葉で
家族と離れ今の旦那と一緒

Recent TrackBacks

このブログで取り上げた作品であっても、リンク先にご自身による何らのコメントもないトラックバックはお受けできません。

Links

このブログをリンクに追加する

Commercial Links

DVD,CD etc. Sell & Rental




yesasia
ぽすれん
DISCAS DISCAS
DMM

Counter

Commodity Retrieval

Retrieval in Brog

QR Code

QRコード

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

e-mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

SEO Stats

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
通貨と金髪



  低予算のビデオ撮り。私、ビデオの質感って好きじゃないんですよ。奥行きがなくて、手軽さとチープさが露骨に押し出される感じがしてしまう。望月六郎監督はAVでさんざんビデオ撮りしていたわけですから、フィルムとビデオの違いは百も承知のはず。でもどうもこの作品に関してはフィルム映画と何ら変わらないつもりで撮ったらしい。特に屋内シーン。終始薄暗い。粒子の粗いフィルムなら暗い影も味わいになりますけど、この作品ではただぼんやりと薄暗いだけ。とにかく絵ヅラが汚い。

  そういう質感の中で語られる物語の方なんですけど、  
とある大学の経済学部の助教授・高坂(諏訪太郎)は大の「金髪フェチ」。金髪女性たちのトイレを盗撮したり、痴態を妄想しては自慰に耽っていた。ある日、彼の下にブロンドヘアが美しいアメリカからの留学生・アンナ(木村衣里)がやってくる。果たして、高坂は彼女に魅入られてしまうが、そんな彼の性癖に気づいたアンナは、彼の前で恋人とセックスしたり、彼をトランクに詰めて町を歩くなど、SM的調教を始める。すっかりアンナの犬に成り下がった高坂は、ひたすら彼女に愛を求めるも、彼女にとって彼とのことは単なる遊びでしかなかった。思い詰めた高坂は、遂にアンナを殺害。大学を辞めホームレスとなり、彼女の血と肉を売って生計を立てるようになる。
という具合。

  金髪女性が好景気に沸くアメリカで、風采の上がらない禿げオヤジがバブル崩壊の痛手にあえぐ日本。この2人の痴態を通して金銭とアメリカに隷属する日本の姿が浮かび上がってくるんですね。社会派エロティック・コメディとでもいうか、その意味では、言いたいことが良く伝わってきます。
一時はアメリカのシンボルとも言えるロックフェラー・センターやハリウッドの映画会社まで買い漁った日本。あのバブルの一時期だけは、第二次世界大戦終結から綿々と続いた敗戦コンプレックスさえも克服したかのようでした。でもバブルはバブル。弾けてしまえば元の木阿弥。いや、自分たちの拝金主義がいかにあさましく、空しく、もろいものであったかを思い知らされた分、状況はより悪化したのかもしれません。アメリカと対等でありたいと願いつつも、内心では絶対かなわないと卑屈になってしまった日本。しかしそれでもこの国は、やはりいまだに金の力を信じている。、、、、、てな映画なわけです。

  ただ、こういうアメリカとの関係はバブル云々以前からのことで、討論番組 『朝まで生テレビ』 が一番得意とするところ。耳タコです。残念ながら、この映画に新しい発見はありません。カリカチュアされたことによる発見がありません。
もちろん観る人にもよるとは思います。一度もアメリカに行ったことのない、あるいは団体旅行しか知らない、、、、ハリウッドに代表される繁栄の象徴としてのアメリカに盲目的に憧れる方、、、、こういう方になら何らかの啓蒙的役割を果たすのかもしれません。
でも自信を持って言えるのは、そういう方たちはこの手のチープ感漂う日本映画を観ない、ということです。観たとしても頭の10分で「つまらない」と言い出すでしょう。まるで判で押したように一様に。彼らにとっての映画は、アメリカ的であることの方が日本的であることより価値が上だからです。皮肉なことに、この映画の指摘する日本人の精神構造は、その意味でも間違ってはいません。
ま、望月監督の言っていることから判断しても、誰かに説教するつもりでこの映画を撮ったわけではないでしょう。でも、だとすれば、誰に観せるつもりなのか? 最も観てほしいのはどんな層なのか?
もしこの映画の主張するところに同意を寄せてくれる一部知識人とうなづき合うために撮ったのだとすれば、もしくはそのチープさのためにそういう結果しか残せないのだとすれば、主人公高坂の耽る自虐的な自慰行為とそう変わらない気もします。厳しすぎますか?

25点

☆よろしければクリックで1票を☆

FC2ブログランキング
 にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bettertomorrow.blog71.fc2.com/tb.php/96-3b450a79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。